FXは国内より海外FXのXM

 

FXは国内より海外FXのXM

日本経済新聞が報道
9月28日(木)の日本経済新聞によると、国内のFX(外国為替証拠金取引)における国内レバレッジを現行の最大25倍から最大10倍に引き下げることが検討されていると報じられた。

FXの最大レバレッジは、2010年に50倍へ、2011年に25倍へと規制されたという過去がある。

それ以前、もともとFXに関しては個人口座であっても最大レバレッジは400倍まで適応されていた。

金融庁からの発表は9月29日(金)の時点では何もない。しかし日経新聞ともなると当然報道の信憑性も高く、

来年2018年にもレバレッジ10倍規制が施行されるとの情報もある。

今回のレバレッジ規制の理由は金融庁未発表につき、現在明らかではない。2010年と2011年の過去の規制の理由では、投資家の資産保護や投資リスク低減のためとされていた。

 

今回の国内のレバレッジの規制目的も、過去のレバレッジ規制時と同様、投資家の資産保護の名目でしょう。レバレッジの規制によりポジションサイズが大きく変わるFXトレーダーはスキャルピングトレーダーくらいでしょうか。

 

XMの無料口座開設は⬇︎

今回のレバレッジ規制に関して、単純にFXトレーダーのトレード選択の制限ととらえています。

トレーダーの資産を守るという名目も分かりますし、確かにレバレッジが大きいほど大きなリスクを取れるようになるのは事実です。しかしFXトレーダーたるもの、自らの最適なポジションサイズくらいは自分で決められます。証拠金をFX会社に預ける以上、トレードによる損失の可能性を受け入れようとするものこそFXトレーダーでしょう。

先に話したように、実際、当編集部のトレーダーもレバレッジ888倍の海外FX
XM(エックスエム)口座を使いながら、証拠金の25倍はおろか5~10倍程度のポジションサイズで、いいところです。
しかしレバレッジが規制されるとロスカットがされやすくなるので、やはり単純にトレードにおける選択の制限としかとらえることはできません。

こんなとき、やはり国内金融庁の規制に左右されない海外FX、とくに、日本語対応、日本人1番人気のXMでやっぱり良いのでは、と感じます。

レバレッジも顧客の損害補填も規制がないですし。海外の金融庁のライセンスより国内金融庁のライセンスの方がいいという理由も税制の優遇面以外は基本的に見当たりません。

何はともあれ、堅実なトレーダーにはそこまで影響はないかと思いますが、スキャルピングトレーダーは国内でのFXは難しくなることが予想されます。

 

FX初心者から、プロまで

安心、納得、世界のXM.com

日本人気NO.1海外FX

XMは顧客満足度NO.1

最大888倍のレバレッジ

業界大手XMが選ばれているには理由があります。

おかげさまで100万口座突破

 

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。