最大レバレッジ888倍のXMを賢く使う方法

XMの無料口座開設は⬇︎

 

最大レバレッジ888倍のXMを賢く使う方法

 

FXで最大の成果を獲得するためには、レバレッジを正しく理解し、効果的に利用することが重要だ。

 

しかし、多くのFX初心者が間違った認識を持っていて、時間もお金も無駄にしてしまっている。
どういうことか? 以下で具体的にお伝えしよう。

読み進めて頂ければ、初心者の方でも十分に理解できるはずだ。

 

ユーザーを増やし続けるXM

 

XMはキプロスに拠点を置くFXブローカーだ。最大888倍のレバレッジと100%に近い約定力で世界的な評価は高く、多くのユーザーを獲得し続けている。

サービスの透明性や資産の保全体制も高い水準で整備されており、レバレッジをフル活用する上で欠かせないFXブローカーだ。

日本国内では最大レバレッジが25倍までという金融当局の規制も回避できることから、日本人トレーダーも日に日に増しているそうだ。

しかし、
ハイレバレッジなんてギャンブルなのに、なぜXMがこれほど注目されているのだろう?

と疑問に思っている方は多いのではないだろうか。次からは、XMが注目されている理由と、その可能性の大きさについてご紹介する。

 

ハイレバレッジにまつわる誤解
はじめに、レバレッジにまつわる一般的な誤解を解いておこう。重要なポイントだけご説明する。

 

レバレッジの正しい活用法
あなたは、最大レバレッジと実行レバレッジについて正しく理解しているだろうか?

 

最大レバレッジとはその名の通り、資金の何倍まで取引できるかという上限にあたる。

それに対し、実効レバレッジとは実際の取引量が何倍になっているのかという指数だ。

つまり、XMは最大レバレッジが888倍だが、これは最大レバレッジが25倍に制限される国内FX業者と比較して、注文できる取引量が大きくなったという意味に過ぎない。

最大レバレッジが高いXMでは、小口の注文を大量に保有することで分散効果を高め、リスクヘッジしながら収益を安定させるといった手法を実現できる。

これがレバレッジの正しい使い方だ。このテクニックを使えば、収益機会を逃さずに資金効率を最大限まで高められる。

また、XMではどのアカウントタイプでも両建てが可能なので、リスク管理が柔軟にできるのもポイントだ。

 

ご理解頂けただろうか。888倍という高いレバレッジをかけられるXMは、賢く使えば国内のFX会社より遥かに早いペースで安全に資金を増やすことができる。ぜひ、実践してみて欲しい。

 

一方、最大レバレッジが高ければ、資金量に見合わないほど大きな注文を一度に通すこともできる。

確かに「一度に大きな注文ができる=射幸心が煽られた結果ギャンブル的な取引になりがち」という側面もあり、日本のようにレバレッジ規制が設けられるのも納得できる。これが、ハイレバレッジが危険と言われる主な理由にあたる。

 

レバレッジは使い方次第で危険なギャンブルにもなるが、本来は資金効率を高めるためのものと考えておこう。

XMの無料口座開設は⬇︎

 

口座残高以上の追証はない!

ハイレバレッジだと追証の金額が莫大になるためリスクが高いと言われるが、そのようなことはない。具体例で見てみよう。

2015年のスイスフランショックでは市場流動性の急激な上昇によって強制ロスカットやクローズ注文が約定せず、口座残高を超えた数千万円の追証まで多数発生したと話題になった。

しかし、XMをはじめとする海外のFXブローカーにおいては、口座残高以上の追証を請求しないゼロカット保証システムを採用しているため、実質的にリスクを取っているのはブローカー側だ。

実際、スイスフランショックの影響で経営破綻したアルパリUKは、顧客に対して追証の請求をしていない。

 

また、アルパリUKに投資家が預けた資金については、XMも加入している投資家補償基金から返還が実施されている。このような保全体制もとられているため、心配は無用だ。

 

XMがオススメな理由

 

XMを運営するTrading Point of Financial Instruments Ltd社は2009年から営業を開始。ライセンスはCySEC(キプロス証券取引委員会)、英FSA(Financial Services Agency:金融庁)など各国で認可を受けている。英FSAはFX会社として営業活動をする上で最も厳格な要件が求められるライセンスの一つとされており、XMの信用面は高く評価できる。また、最大2万ユーロの投資家補償基金に加入しており、資産の保全体制は世界水準だ。

 

XMは透明性が高い

XMというとレバレッジの高さに目が行きがちだが、実はサービスの透明性にも定評がある。日本国内では多くのFX会社が今だに不透明な取引環境を顧客に提供する中、XMはディーリングデスクを介さないNDD方式(ノンディーリングデスク方式)にも2013年から対応している。

NDD方式を採用することでXMは取引に干渉できなくなる。つまり、いわゆるノミ行為や不正なレート操作といった、顧客の損失で利益を出すビジネスモデルをFXは採用していない。信頼できるFX会社だ。

 

XMのケタ違いのボーナス

 

基本的に入金ボーナスは業者のエサだ。口座選びの基準にしてはいけない。ただ、ボーナス率がケタ違いなXMについては例外で、うまく利用すれば投資効率をさらに高めることができる。

 

具体的に説明すると、入金すれば最大$500(約5万円)まで100%のボーナスがある。つまり、$500(約5万円)入金したら$1,000(10万円)でトレードできるということだ。また、$500以上の入金に対しても段階的なボーナスが用意されている。これを利用しない手はない。

 

注意点は、スプレッドのキャッシュバックやリベートプログラムを提供しているプロバイダを経由しないことだ。このようなサービスを うっかり利用してしまうとボーナスが付与されない。スプレッドの影響を受けにくくするには、スイングトレードや取引頻度を抑えたデイトレードが効果的だ。
ちなみに、入出金の手数料は完全に無料化されている。

 

XMのWebサイトには投資家の役に立つコンテンツが充実していて、国内のFX業者と違って的を得たものが多い。

 

デイリーマーケット分析は動画でわかりやすく解説されており、Webセミナー(ウェビナー)も本質をついた内容だ。

 

例えば、「環境認識とトレードシナリオ」や「単発ポジションよりゾーンポジション」といったパフォーマンスに直結するテーマも多いので、ぜひ見ておいてほしい。

 

また、ビデオチュートリアルも豊富に用意されているため、FX初心者でも安心してトレード環境を準備できるはずだ。

 

海外口座を1つだけ選ぶなら、XMに間違いない。

ここまで読み進めて頂けたら、

XMのポテンシャルがよく理解できたのではないだろうか。

XMは、全てのトレーダーが持っておくべき口座の一つだと私は考えている。誰でも安全かつ最短コースで口座残高を何倍にも増やせるはずだ。

 

口座開設の手続きは2~3分で終わる。早ければ30分後にはトレード開始できるだろう。

早速、高いレバレッジを活かして成果を手に入れてほしい。

XMの無料口座開設は⬇︎

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。