国内FXはなぜ、追証がある?

国内のFX業者は何故ロスカットシステムを採用しないのか?

 

一方、国内FXがロスカット制度を採用している理由は何でしょうか?国内FXは、ほぼすべての業者が追証を採用しています。

 

そのため、FXトレーダーのFX口座が強制ロスカットが間に合わずにマイナス残高になってしまった場合に
証拠金を超えたマイナス分については債務(借金)扱いになります。

 

返済をしなければ財産の差し押さえ等の法的な手段に出られても文句は言えません。
ちなみに、2015年1月の追証の未収金額は、

個人顧客:19億4800万円(1,137件)
法人顧客:14億4000万円(92件)

となっています。

 

一人当たりで見ても、1,713,280円の追証が発生しています。

海外FXとは異なり、何故、国内FX業者は追証が必要なのでしょうか。

 

海外FXのXMは追証ゼロカットシステム

 

その答えは、
FX業者の損失を守るため」です。

 

国内FX業者はDD方式というノミ取引を採用しています。
ノミ取引というのは、例えば、友達に馬券を買いに行ってもらうことを頼まれた場合に、実際は買わずに自分が胴元の役割として賭けを呑むことを意味します。

 

・馬券が外れれば→友達から預かった馬券代が儲かる

・馬券が当たれば→自腹で出さなければならないので損をする仕組みです。

 

国内FX業者も同じで、実際は投資家の注文があっても、インターバンク市場ではその注文通りの売買は行われていません。国内FX業者がトレーダーの注文を下記の様に呑んでいるのです。

 

・トレーダーの予想が外れれば→国内FX業者は儲かる
・トレーダーの予想が当たれば→国内FX業者は損をする

仮に為替が急変動して、予想が当たったトレーダーが50%、予想が外れたトレーダーが50%だとした場合に追証がなかった場合、

 

・トレーダーの予想が当たれば→国内FX業者は損をする

・トレーダーの予想が外れれば→国内FX業者は儲かる

のトレーダーのマイナス残高はゼロにリセットされ、国内FX業者の儲けがなくなります。この様に為替の急変動時に「トレーダーの損失」を確実に回収しなければ、国内FX業者は大損してしまいます。

 

「呑んでいた儲けの分が消えてしまうのは困る」というのがノミ取引を採用している国内FX業者の本音です。だから、追証をゼロにはできないのです。

 

ちょっと分かりにくいので、もう一度友達から馬券を頼まれたケースで考えてみると

 

・馬券が外れれば→友達から預かった馬券代が儲かる

・馬券が当たれば→自腹で出さなければならないので損をする

 

という状況で、追証ゼロというのは

「特定倍以上のオッズの馬券が来たら馬券代いりません。」と言っているようなものなので、

 

・馬券が外れれば→友達から預かった馬券代はもらわない

・馬券が当たれば→自腹で出さなければならないので損をする

という損だけが残ることになってしまうのです。これでは追証ゼロサービスを国内FXが採用しないのは当然でしょう。

 

海外FXのXMは追証ゼロカットシステム

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。