FX NZドル/米ドル  0.7000台で上昇基調を維持できるか

FX NZドル/米ドル  0.7000台で上昇基調を維持できるか

 

キーハイライト

  • 直近のNZドル/米ドルは、堅調に推移し0.6950-80のレジスタンスより上で取引される
  • NZドル/米ドル 4時間足チャートに、0.6980をサポートとする、短期ブレイクアウトパターンが形成
  • 買い手が上昇を勢いづけるためには、0.7030の上抜けが必須
  • 2017年12月期のANZ企業信頼感は、-39.3から-37.8への増加

NZドル/米ドル テクニカル分析

直近2週間のNZドル/米ドルは、堅調に推移し0.7000台を乗せました。しかし、同ペアが今後0.6980また0.7000より上での推移を維持できるかどうかが大きなポイントになりそうです。

xm-kouza

4時間足チャートからは、同ペアが安値0.6820を付けた後、確実に上昇基調に入ったことがわかります。

同ペアは、上昇局面において、0.6880、0.6950そして0.6980といった複数のレジスタンスを上抜けしています。

さらに重要なのは、同ペアが0.7000の上抜けにも成功し、現在100日単純移動平均線(赤、4時間足)と200日単純移動平均線(緑、4時間足)のはるか上で推移していることです。

また、NZドル/米ドルは、上値0.6945下値0.6816の値動きで形成されたフィボナッチエクステンション1.236倍ラインも上抜けしています。

この上昇には、非常に勢いがあり、同ペアはその後0.7000台に突入する展開となり、直近で高値0.7033を更新しています。

現在同ペアは、上値0.6945下値0.6816の値動きで形成されたフィボナッチエクステンション1.618倍ラインの上抜けに苦戦しているように見受けられます。

4時間足チャートには、0.6980をサポートとする、短期ブレイクアウトパターンが形成されています。

今後、同ペアが上昇相場となった場合、次にブレイクを試すレジスタンスは0.7030となりそうです。0.7030を上抜けした場合、引き続き0.7100に向けて続伸することが予想されます。

反対に下落基調となり、0.6980のサポートを下抜けした場合、これをきっかけに回復相場に入ることが予想されます。

下落シナリオとなった場合、NZドル/米ドルは、0.6950のサポートエリアを再び試す展開となるでしょう。

ファンダメンタルズでは、本日米国で予定されている11月期の米・建設許可件数と米・住宅着工件数の発表以外、重要な指標発表の予定はありません。

市場はともに減少となることを予想しており、予想通りの結果となった場合、NZドル/米ドルは、引き続き上昇していく展開となることが予想されます。

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分⬇︎

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。