XMの取引ツールMT4とMT5の違い

xm-kouza

MT4とMT5の違いって何?
XMプラットフォーム豆知識

XMを利用する上で欠かせないFX取引ツールMT4とMT5。
その違いについて分かりやすくまとめてみました。

metatrader4(MT4)は2005年にリリースされ、metatrader5(MT5)は2010年にリリースされました。
結論から言うと2017年10月現在では
まだMT4の方が便利です!

ざっくり言えば4だろうと5だろうと利用者感覚ではそこまで性能に差を感じる場面は少ないと思います。

しかし、MT4からMT5に切り替えた場合は圧倒的に使いにくいと言う人が多いはずです。
MT4とMT5で違いはそれなりにありますが、何よりもの違い・・・というより

MT4が使われている理由が、
インジケーター(インディケータ)の数です。

このサイトでも解説している
インジケータは有名な指標なので両方のプラットフォームに保存されています。しかし、MT4・・・いわゆるmetatrader最大の特徴のカスタム出来るということからユーザーが様々なインジケータを開発してきました。例えば有名どころで「OneClickClose」というインジケータ・・・正しくはEA(エキスパートアドバイザ)があります。

xm-kouza

 

画面左下にある青赤黄色のボタンがそれです。
これはナンピンや両建てなどで複数のポジションを持った場合に一括で決済してくれる素晴らしいシロモノです。素晴らしいのにプラットフォームに機能として導入されないのがおかしいくらいです。
このインジケーター。MT4にはあるのですが、MT5にはないのです。
作成者の方がMT5で作っていないこともあるのですが、何よりもMT4で使えていたインジケータがMT5との互換性がないのです。
なのでMT4で愛用していたユーザー作成のインジケータが使用できないってことが起こり、MT4ユーザーは慣れ親しんだインジケータが使えないのならMT5に行く理由もありませんよね。
現に2017年10月現在、

アップデート期間がしばらく空いているにしても利用可能なMT4があるのですから。

MT5はMT4に比べて改悪と呼ばれていますが、MT5も自作、又はユーザーが作成したインジケータを利用することは可能です。しかしMT5のほうがインジケータを作るのに難易度が上がっているらしく7年経った今でもまだMT4のインジケータクオリティに追いつけていないのが現状です。

xm-kouza

なのでMT5がMT4並みにインジケータ等が成熟するまではMT4を使っていた方が無難かもしれません。。。

勿論、MT5のほうが便利さは劣っていますが、性能的には優位な部分が多いです。
一部使っていて感じやすい部分を取り上げたので参考にしてください。

・MT5のイイところ
※難しい比較はmetatrader5公式サイトを参照ください。
①時間足の種類が増えた
新たに2分足(M2)、3分足(M3)、4分足(M4)、6分足(M6)、10分足(M10)、12分足(M12)、20分足(M20)、2時間足(H2)、3時間足(H3)、6時間足(H6)、8時間足(H8)、12時間足(H12)が増え全部で21種類になりました・・・で?とか思わないでください
②テクニカルインジケータ(テクニカル指標)が増えた
トレンド系が6種類(方向性指数、ワイルダーの平均方向性指数、二重指数移動平均、フラクタル適応型移動平均、三重指数移動平均、可変インデックス動的平均)、オシレーター系が2種類(チャイキンオシレーター、3 重指数移動平均(TEMA))増えてます。
③口座間の資金移動が可能に
移動したことがなかったので知りませんでしたが、MT5から可能なようです。今度本当にできるか結果報告します。
④サクサク動く
MT4との差異は感じられませんでしたが、新しいので、サクサク動いて当然ですよね。

調べていると、「「ナビゲーター」にフォルダ追加可能に」といろんなサイトにありますが、試したところ、XM(XM.com)のプラットフォームでは「ナビゲーター」でフォルダ作成なんてできませんでした。あの人たちはどこを確認してそんなこと言ってるのだろう・・
metatrader(メタトレーダー)の公式サイトにも掲載されていない情報をこぞって書いてます。騙されないでくださいね。もしくはご存知の方が居たら是非教えてください。

 

・MT5のダメなところ
①MT4で使えたインジケータがMT5じゃ使えない、互換できない。
上に書いた通りです。

 

他にも悪いところは調べたらありましたが正直取引をするぶんにはさほど影響しないかと思います。たぶん両建て出来ないって書いてあるサイトが多いですが、

2017年10月現在同一通貨で両建て出来ました(最近出来るようになったみたいです)。でも複数口座でやるとダメみたいなので注意してください。

正直どっちも使った私が思うに、
必ずどっちかが良いということではないんですよね。
便利さを取るか性能を重視するかなんです。
いつかMT4はWindowsのOSのようにサービスが終了していくはずです。
それまでにMT5が充実すればいいなあと思います。ただ、XM(XM.com)ではビットコインFX取引は
MT5でしか取引できません。
ビットコインFX取引をしたい方は
MT5をダウンロードしてくださいね。

成功への最短ルートXM口座開設3分⬇︎

 

 

 

 

 

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。