レバレッジ規制が行われる前にXMの口座を作る

xm-kouza

レバレッジ規制が行われる前にXMの口座を作っておく

 

レバレッジ規制が行われているのは日本のFX業者のみ。

それは過去の話しです。
ついに、海外のFX業者でもレバレッジ規制が始まりました。
2016年、EUの欧州金融市場を監督する欧州証券市場監督局(ESMA)がEUのライセンスで活動するFX業者などに対し業務改善を命じました。

この業務改善命令は、MiFID II(第二次金融商品市場指令)に含まれる内容の一部に記載されているものです。

この業務改善命令の対象となるのはEUに加盟している国です。

CySECのあるキプロス共和国もEUに加盟しています。

海外FX業者に中で人気No.1と言われているXM(XM.com)もレバレッジ規制の対象になっています。

MiFID IIはすでに施行されています。

新規口座開設する場合、最大レバレッジは50倍となります。
この規制は口座開設してから2ヶ月間です。
口座開設時の申請により、最大レバレッジが200倍からスタートできる場合もあります。

つまり、もうすでに遅いってこと?

確かに、XM(XM.com)の本社はすでにレバレッジ規制が始まっています。

しかし、日本語で提供されているXM口座はセーシェルに置かれています。
キプロスの規制下には置かれていないためレバレッジ規制は行われていません。

しかしXM(XM.com)の本社が
レバレッジ規制を行っているので、
いつ日本のFX口座にもレバレッジ規制をされてもおかしくないのが現状です。
レバレッジ規制は新規口座開設に対して行われているため、今のうちにXM口座を開設しておくことをオススメします。

また、MiFIDは欧州金融市場全体を規制する指令のため、世界で最も大規模な規制となります。
すべての金融機関に影響を与えるため今後はEUのみならず世界中の金融機関に影響を与えることでしょう。

FXのレバレッジ規制は日本のFX業者のみ。それは過去の話し。
ハイレバレッジでFXトレードできる時代はそう長くはないのかもしれません。

日本のFX業者にさらなるレバレッジ規制が行われるかもしれません。
早ければ2018年に最大レバレッジが10倍に規制されます。
レバレッジ10倍では多くの資金を用意できなければまともなトレードはできなくなります。
今後、多くのFXトレーダーが海外のFX業者に乗り換えるものと思われます。

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)
最高レバレッジ888倍
少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
XM口座開設は簡単3分⬇︎

 

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。