XM FX ドル安は反転するか?FOMC,そして米雇用統計

XM FX ドル安は反転するか?FOMC,そして米雇用統計

 

今週30日~31日開催のFOMCは2月3日に議長を退任するイエレンFRB議長にとって4年在任の最後の会合となります。

イエレン議長は2010年10月にFRBの副議長に就任後、バーナンキ前議長が2013年12月に量的緩和の規模縮小を決定後、2014年1月からの資産買入れ額の縮小を開始した翌2月新議長に就任しました。

その後、議長として2015年12月には9年半ぶりとなる政策金利の引上げを決定、さらに昨年10月には資産買入れ圧縮に動き、金融政策正常化に向けた大きな変革に携わった4年間だったといえるかもしれません。

XM FX ドル安は反転するか?FOMC,そして米雇用統計

昨年12月に税制改革法案が成立、今年からの施行が企業業績の上振れ期待につながりNY株式市場は堅調な値動きが続いています。

イエレン議長の後任のパウエル次期議長もイエレン議長の緩やかな経済成長、緩やかなインフレ下での緩やかな金融政策といった正常化路線を踏襲すると見られていますが、税制改革法案によるインフレ期待上昇の兆しも見られ始めており、新議長にとっては市場との対話が課題となりそうです。

ところで、FRBの副議長候補の一人としてサンフランシスコ連銀ウィリアムズ総裁の名前が浮上していますが、同氏はこれまで何度となく利上げ支持を表明しているほか、インフレ目標の引上げにも言及するなどタカ派と認識されています。

パウエル新体制の下、タカ派のメンバーが増えることになれば、米金利の一段の上昇に影響を及ぼす可能性もあるだけに、人事面にも注目です。

 

こうした中、今週2月2日に発表される米1月雇用統計では、寒波の影響によって、前月に続いて非農業部門就業者数の下振れが懸念されています。

しかしながら失業率は昨年10月から4ヵ月連続で4.1%と完全雇用の状態が続くと予想されており、ほぼ完全雇用状態の下で労働市場の堅調地合いは続くものと予想されています。

こうした中で市場の注目は時間給賃金の対前年比の上昇率に集まっており、税制改革法案によって一部企業がボーナス支給なども行っており、前月の+2.5%から+2.7%~+2.8%程度へ上昇するとの見方もあるようです。

xm-kouza

税制改革法案によるインフレ期待や企業業績の上振れ期待から、米10年債利回りは先週一時2.64%台まで上昇(週明け29日の米債券先物市場では2.68%台まで上昇)し、約3年半ぶりの高水準に達しました。

一方、ドルの対主要通貨での強弱を示すドル・インデックスは先週90.0を割込んで2014年12月以来の低水準になるなどドル安基調が進んでいます。

ドル円は先週26日のNY市場で一時108円28銭まで円高が進んだほか、ユーロが1.2491ドルへ上昇するなど、ドル安の流れに歯止めが掛らない状況が続いています。

なかなかドル安からの反転のきっかけが見つからないものの市場では米10年債利回りが2.8%台まで上昇すればドル安基調も変化するのではないかといった見方も聞かれます。

市場の一部からは税制改革の影響が予想以上に強く、3月末までに米10年債利回りは2.85%まで上昇するとの見方も出始めています。

今回の米1月雇用統計で時間給賃金の対前年比上昇率が3.0%に近づくことになれば債券市場は素直に反応するはずで、FRBの年3回の利上げ予想が上振れるかもしれません。

短期金利先物から見たFRBの利上げ予想は年2.5回ほどに留まっているだけに、時間給賃金の結果次第では短期金利先物にも影響が及んでドル安の流れから一転してドル高に戻ることも考えられることから雇用統計での最大の注目点となりそうです。

 

 

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分⬇︎

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分⬇︎