FXの未来レート

xm-kouza

FXの未来レートは月曜日につながる可能性

FXには「未来レート」なるものが存在します。

未来のレートがわかるの?

FXでいう「未来レート」とは中東の「バーレーン市場」の為替レートのことです。

世界中、休日は「土曜日と日曜日」と思っていたら間違いです。

イスラム教諸国では土曜日と日曜日は休日ではありません。

イスラム教諸国では金曜日が「安息日」と呼ばれ休日です。

つまりイスラム諸国では土曜日と日曜日は平日なのでバーレーン市場は開いており、取り引きが行われています。
通常、土曜日と日曜日は為替レートは動いていません。

為替レートが動かない土曜日、日曜日に大きな事件などが起こると休み明けの月曜日の朝の為替レートが先週の土曜日の朝の終値と大きくかけ離れることがあります。
このような為替チャートの形を「窓が開く」と言います。
xm-kouza

「窓が開く」と為替チャートは高い確率で開いた窓を閉めるような動きになります。

 

「高い確率」ではありますが、毎回窓が閉まるような動きになるわけではありません。
月曜日の朝に「窓が開く」為替チャートになりそうか「未来レート」と呼ばれるバーレーン市場を確認することである程度予想できます。

 

バーレーン市場は土曜日と日曜日も動いているため、土曜日朝の終値との差が大きくなっていれば「窓は開く」と予想できます。

 

しかし、バーレーン市場の取扱量は為替市場全体のわずか0.2%と言われています。

取扱量が少ないため、市場に与える影響も少ないです。

 

そのため「過信」は禁物です。
月曜日の朝、「窓が開く」可能性が高いか低いかを判断する程度にしましょう。
可能性が高いと思うのならば月曜日の朝は早起きして為替レートをチェックしましょう。

 

「窓埋め希望」は裏切られる
2016年11月のアメリカの大統領選挙では予想に反しトランプ氏が当選しました。
「トランプショック」と呼ばれる為替の大変動が起こりました。
この大統領選直前の月曜日の為替チャートを見ると大きく「窓が開く」状態でした。

 

多くのFXトレーダーが「チャンス」とばかりに「窓埋め手法」でエントリーしたのですが、今回は窓が閉まりませんでした。

そのため多くのFXトレーダーが損をしました。
その後に「トランプショック」が起こったため、損失を取り戻そうとエントリーした人たちはさらなる損失をしました。

2017年4月、フランスの大統領選挙がありました。
「まさかの結果」が起こる可能性を考慮し「ユーロ/円」は急激な買い戻しが行われ「円高」となっていました。
結果は市場が最も好む結果となり、「リスクは回避された」という考えから急激に買い戻されました。

 

選挙は土曜日だったため週明けの月曜日の朝、大きく「窓が開く」現象になりました。

しかし今回も窓は閉まりませんでした。
それは「窓が閉まる要因」がなかったためです。

大統領選挙の結果は為替の流れを変えたのです。

大統領選挙時のFXトレードは「ギャンブルFXトレード」になるので「勝ち組FXトレーダー」たちは静観していたようです。

 

XMはレバレッジ888倍+ゼロカット
FXでは利用するFX会社によってFXトレードの結果が違ってきます。
自分に合ったFX会社を選ぶことはとても重要です。
FX会社はどこでもいいわけではありません。

FX会社の選択は日本のFX業者の中だけで決めていませんか?

日本のFX業者はどこも似たり寄ったり。
あなたはどんな条件でFX会社を選びますか?

使いたいテクニカルチャートがあるからですか?
極狭スプレッドの会社だからですか?

それはあなたが本当に求めていることですか?

日本のFX業者のレバレッジは最大で25倍です。

もっとハイレバレッジでFXトレードがしたい。

海外のFX業者ならばハイレバレッジでトレードできます。

海外FX業者人気No.1のXM(XM.com)では最大レバレッジ888倍でトレードできます。

ハイレバレッジでのFXトレードはハイリスク・ハイリターンなんでしょ?

そうです、1万円あれば888万円分の資金でトレードできます。
10万円だったら8,888万円分でFXトレードできます。
こんな大金でFXトレードするのですからリスクはあります。

リスクがある分、思い通りのFXトレードができたときの利益はハイリターンです。

ハイリスクを負っているからこと得られるハイリターン。
少ない資金でチマチマ稼いでいてもつまらない。
これまでのFXのトレード経験を活かせばハイレバレッジでもきっと成果を上げられるでしょう。
同じようなFXトレードでも利益は格段に大きくなることでしょう。

でもFXトレードに失敗してFX口座の残高がマイナスになるのは怖い。

日本のFX業者を利用している場合、「追証」が発生することがあります。
FX口座の残高がマイナスになってしまった場合、追証により速やかに入金しなければなりません。

でもXM(XM.com)ならば大丈夫です。
ゼロカットというシステムがあなたを守ります。
仮にFX口座の残高がマイナスになっても0(ゼロ)に戻してくれます。
あなたの損失はFX口座に預けている金額までです。
マイナス分を他から入金する必要はありません。

海外のFX業者の利用をためらう理由は「英語」ですか?
XMは完全日本語対応です。
在駐スタッフに多くのXMの日本人がいます。
そのうちの1人があなたの担当に付きます。
XMのサポートは日本人スタッフから受けられるので安心です。

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)
最高レバレッジ888倍
少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
XM口座開設は簡単3分⬇︎

 

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。