海外FXが世界の常識!日本のFXは時代遅れ

xm-kouza

海外FXが世界の常識。日本のFXは時代遅れ

 

日本人だから日本のFX業者で口座を開設しFXトレードを行う。
海外のFX業者は選択肢になかった。

初めてFXでトレードを行う人は、日本のFX業者の中から選んだでしょう。
日本のFX業者が提供するFXトレードツールを使いFXトレードを行うことに何の疑問も感じずに。

最大レバレッジが25倍ではコンスタントに勝っているのにも関わらず、いつまで経っても資金が増えません。

 

レバレッジを最大25倍までに規制がかけられているのは日本のFX業者だけです。

海外のFX業者にはレバレッジ規制などはありません。
「レバレッジを高くかけられれば、もっと利益が出せるのに」

xm-kouza

海外のFX業者に興味を持つきっかけは「ハイレバレッジ」である場合が多いです。
もっと海外のFX業者のことを知れば、きっと海外のFX業者に乗り換えたいと思うことでしょう。

 

レバレッジ規制は日本のFX業者のみ
海外のFX業者にレバレッジ規制はありません。
海外FX業者人気No.1のXMの最大レバレッジは888倍です。
レバレッジが高いことは「ハイリスク・ハイリターン」と言われています。
しかし、レバレッジの高さがハイリスクなのではなく、資金管理の甘さがハイリスクの原因です。

 

レバレッジが高いということは少ない資金でもロットを増やしてFXトレードできるということです。
ロット数に比例して利益が増えます。
多くのFXトレーダーがレバレッジ25倍では物足りないと感じています。

 

ゼロカットで追証なし
2年に一度のペースで(最近では1年に一度くらいか?)「◯◯ショック」と呼ばれる為替の大変動が起こっています。
このような「◯◯ショック」時は相場が混乱しシステムがダウンすることが度々起こります。

 

ロスカットが機能せず大きな損失を出してしまう人が実際に大勢出ます。
ロスカットが機能しないということは口座残高が0を割り込み、資金がマイナスになってしまう場合があるということです。
日本のFXでは「追証」が発生しマイナスになった分をすぐに入金するよう促されます。

いきなり多額の借金を負うことになります。

海外のFX業者の多くは「ゼロカット」を採用しています。

 

口座の残高がマイナスになってしまった場合、あとで0に戻してくれます。
たとえそれが数百万円のマイナスでも。
記憶に新しい「スイスフランショック」時には多くのFXトレーダーが多額のマイナスに陥りました。

それでも「ゼロカット」は問題なく行われました。

XM tradingはゼロカット標準搭載です。

 

口座保有数が無制限なので使い分けができる

海外のFX業者では一つのFX業者で複数の口座を保有できます。

口座を分けてトレードの使い分けが出来ます。
海外のFX業者の場合、MT4(メタトレーダー4)が利用できます。
MT4ではEA(自動売買プログラム)が利用できます。
複数の自動売買プログラムを別々の口座で動かすなど、複数口座の利用価値は高いです。

xm-kouza

口座を分けることでリスクを分散することができます。

一つの口座がマイナスになってしまっても別の口座の資金が減ることはありません。
マイナスになった口座はゼロカットにより0に戻ります。

あなたの損失は最小限に抑えられることでしょう。

スキャルピングを禁止している日本のFX
日本のFX業者の多くはスキャルピングを禁止しています。

スキャルピングは1回のFXトレードにかかる時間が極端に短いトレード法です。
数秒~長くて数分です。

xm-kouza

 

これを1日に何度も繰り返し薄利を積み重ねます。

 

この行為がサーバーに負担をかけるというのが表向きの禁止理由です。
しかし海外のFX業者の多くはスキャルピング歓迎です。

なぜスキャルピングを歓迎するのでしょうか。

海外のFX業者は取引手数料で利益を得ています。
取引手数料とはスプレッドのことです。
何度もトレードを行うということはその都度スプレッドによる手数料が入るということです。

 

スキャルピングは1日に何度もトレードを行います。
何度もトレードするということはその分、FX業者の利益になります。
スキャルピングを禁止する理由がありません。
XMはスキャルピングが可能です。
極狭スプレッドは非現実的。「おかしい」と気づくべき。

日本のFXではスプレッドの狭さを競い合っています。
「スプレッド固定の0.3銭」
しかも手数料無料。
これでどうやって日本のFX業者は利益を出しているのでしょうか?
何か「裏」があるはずです。

日本のFX業者はOTC取り引きが多いです。
OTC取り引きとは「店頭取引」のことを言います。

トレーダーの注文はFX業者と行われています。
インターバンクとは直接取引していません。

FX業者と取り引きしているということはトレーダーが儲かればFX業者は損をするということです。
逆にトレーダーが損すればFX業者は儲かるということです。
海外のFX業者ではMT4が標準ですが、日本のFX業者でのトレードには独自ツールを使用しなければなりません。

独自ツール。

裏で何か細工をされていてもわからない、まさに「ブラックボックス」のようなツールでトレードさせられているのです。
スリッページをいう言葉を知っていますか?
日本のFX業者でのトレードはスリッページが多く発生します。
スリッページとは決済をしたときのレートと実際に約定したレートの差(ズレ)のことを言います。
この「ズレ」によりあなたの利益は削られ、損失は上乗せさせられます。
スプレッドが極狭でもスリッページが大きいために実際はスプレッドが広いことと同じになるのです。

それに比べ海外FXではMT4でのトレードが一般的です。
第三者のシステム開発会社が無料で提供する透明性の高いトレードツールです。
海外FX業者が不正を行えない環境でトレードができます。

海外FX業者は仲介役に徹します。
そのためスプレッド(仲介手数料)は日本のFX業者と比べ広めに感じるのです。
XMは日本語のサポートが充実
海外FXは英語がわからなければ利用できない。
それは昔のこと。
今は多くのFX業者で日本語に対応しています。

しかし中には日本語に対応はしていますが質問などは英語のみという会社もあります。

XMは完全日本語対応です。

xm-kouza

 

XM日本人スタッフが多数在籍しています。
質問などは日本語で行うことができ対応も早いです。
不自然な日本語もなく海外のFX業者であることを忘れてしまうくらいです。

 

XMはレバレッジ888倍、ゼロカット、MT4にEA、スキャルピングまですべて可能なXM。
海外のFX業者でFXトレードするのに抵抗のある人は日本のFX業者の中から選んでください。

 

海外のFX業者でのFXトレードに抵抗のない人がXM口座を開設し多くの利益を得ています。

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)
最高レバレッジ888倍
少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
XM口座開設は簡単3分⬇︎

 

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。