FX USD/JPY 週間マーケットレポート 2018/02/26 ~2018/03/02

FX USD/JPY 週間マーケットレポート 2018/02/26 ~2018/03/02

FX先週の相場のポイント 2018/02/19 ~2018/02/23

この週のUSD/JPYは105.53円の安値を付けてから上昇へと転機し107.89円をつけ再度、下降へと転じました。

ドル円の動きの背景には下記の要因が考えられます。

02/19:NY市場はプレジデンツデーのため株式、債券市場が休場だったことでドル円の動きは限定的でした。

02/20:ドル円は107円台を回復しドル買いが優勢になり、一時は107.37円までドルは上昇し、107円台を維持しました。

02/21:ドル円はFOMC議事録公表後に107.26前後まで下げましたが、米景気に対する強気の見方から107.89円まで反発しました。

02/22:ドル円は107円台を維持できず反落し、米長期金利の低下を材料にドル売りが優勢となり、106.58円までまでドル安が進みました。

02/23:ドル円は、米10年債利回りが2.86%台まで低下したこと、トランプ米政権による北朝鮮への大規模な制裁措置の発表を受けて106.50円まで下落しました。

。 ■日足チャート■

FX先週の相場のポイント 2018/02/19 ~2018/02/23

今週の主な経済指標発表

・02/26 24:00:(米) 1月 新築住宅販売件数 [年率換算件数]

・02/26 24:00:(米) 1月 新築住宅販売件数 [前月比]

・02/27 24:00:(米) パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

・02/28 19:00:(欧) 2月 消費者物価指数(HICP、速報値) [前年同月比]

・02/28 23:00:(米) 10-12月期 四半期実質国内総生産(GDP、改定値) [前期比年率]

・02/28 24:00:(米) パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

・03/01 22:30:(米) 1月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く) [前月比]

・03/01 24:00:(米) 2月 ISM製造業景況指数

・03/02 22:30:(加) 10-12月期 四半期国内総生産(GDP) [前期比年率]

・03/02 22:30:(加) 12月 月次国内総生産(GDP) [前月比]

FX 為替 ドル/円オーダー

109.00円 売り、OP26日NYカット大きめ

108.00円 売り・超えるとストップロス買い、OP26日NYカット

107.50円 超えるとストップロス買い

107.30-40円 断続的に売り

107.20円 超えるとストップロス買い

107.00円 OP26日NYカット大きめ

106.85円 2/25 00:001現在(MT4)

106.40-50円 断続的に買い

106.00円 買い、OP26日NYカット

105.64円 OP28日NYカット

105.00円 買い、OP26日NYカット

XM 今週の戦略 2018/02/26 ~2018/03/02

XM 今週の戦略 2018/02/26 ~2018/03/02

買いの場合:107.50円を超えてSMA20より上で、買いでポジションを持つことを検討する。

売りの場合:106.50円を割った場合は、売りでポジションを持つことを検討する。

FX 為替:経済指標発表スケジュール 2018/02/26~2018/02/28

 

 

日付時刻重要度指標
26 (月)14:00日本12月景気先行指数(CI)・改定値
14:00日本12月景気一致指数(CI)・改定値
24:00米国1月新築住宅販売件数(年率換算件数)
24:00米国1月新築住宅販売件数(前月比)
27 (火)6:45ニュージーランド1月貿易収支
18:00ユーロ圏1月マネーサプライM3(前年同月比)
22:30米国1月耐久財受注(前月比)
22:30米国1月耐久財受注・輸送用機器除く(前月比)
23:00米国12月ケース・シラー米住宅価格指数(前年同月比)
23:00米国10-12月期四半期住宅価格指数
23:00米国12月住宅価格指数(前月比)
23:00米国12月ケース・シラー米住宅価格指数
24:00米国2月リッチモンド連銀製造業指数
28 (水)8:50日本1月鉱工業生産・速報値(前月比)
8:50日本1月小売業販売額(前年同月比)
8:50日本1月百貨店・スーパー販売額(既存店)(前年同月比)
9:00ニュージーランド2月NBNZ企業信頼感
14:00日本1月新設住宅着工戸数(前年同月比)
15:00南アフリカ1月マネーサプライM3(前年同月比)
17:00スイス2月KOF景気先行指数
19:00ユーロ圏2月消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)
21:00米国MBA住宅ローン申請指数(前週比)
21:00南アフリカ1月貿易収支
22:30米国10-12月期四半期実質国内総生産(GDP、改定値)
22:30カナダ1月原料価格指数(前月比)
22:30カナダ1月鉱工業製品価格(前月比)
23:45米国2月シカゴ購買部協会景気指数
24:00米国1月住宅販売保留指数(前月比)

 

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分