FX 今週の振返りと来週の注目点3月19〜23日

FX 今週の振返りと来週の注目点3月19〜23日

 

今朝の東京市場でドル円は104円64銭まで下落、米大統領選が行われた2016年11月以来の105円割れとなりました。

先々週から続く相次ぐ閣僚の辞任や解任(コーンNEC委員長、ティラーソン国務長官、今朝発表されたマクマスター大統領補佐官)が続くトランプ大統領の政権運営について不透明感が増しつつある中でNYダウは不安定な値動きを続け、ドル円も徐々に上値を切り下げる動きとなりました。

また、今週はパウエル新FRB議長にとって初となるFOMCでは市場予想通り0.25%の利上げが決定されました。

一方、先行きの金融政策について年4回の利上げを見込む委員が12月時点の4名から7名に増えたものの予想の中央値は年3回の利上げを示唆する結果となりました。

さらに議長は「インフレや賃金上昇圧力は非常に緩やか」「インフレが加速する兆候はない」などと発言した一方で「経済見通しはここ数ヶ月で強まった」として2018年から2020年にかけての実質GDP予想を上方修正しています。

米10年債利回りは利上げ決定直後こそ2.93%へ上昇したもののその後、NY株が下落したことから2.88%へ低下しました。

ドル円も105円台へ反落するなどFOMCの決定にも反発が限定的に留まったこと、年4回の利上げを見込んでいた市場参加者から失望のドル売り観測、さらにはFRBの金融政策に明確な方向性が確認できなかったことからドル買いは後退しました。

さらにFOMCを終え市場の焦点が米通商政策に移行する中で、トランプ大統領は「米国の対中貿易赤字は始末に負えない」とコメント。

同時に中国に対する関税文書に署名した上、WTOに中国の不正慣行について提訴したほか、ムニューシン財務長官にも中国企業への米国投資規制強化策の検討を指示、60日以内に報告するよう求めています。

トランプ大統領の思惑とは裏腹にNY株式市場ではアルミや鉄鋼などの原料確保が難しくなれば米製造業に打撃を及ぼすとの懸念も聞かれ、長期的な米国への投資資金の引揚げの動きもあるのではとの思惑を背景にNY株式市場は大幅安となりました。

また中国側からもち対米対抗措置を仄めかすなど対立が強まるとの警戒感も円買いにつながっています。

また、午前中の上海株も2%超の下落となったほかアジア株全般が軟調な値動きになっており、今晩の欧米株式市場の動向も懸念されます。

今晩のNY市場が105円台を回復して取引を終えるか、来週の相場に影響を及ぼすことから動向が注目されます。

来週は決算期末を控えて株式・為替市場ともに神経質な値動きが予想されるほか、期末特有の需給に大きく左右される展開となりそうです。

日本国内では27日の佐川前国税庁長官の証人喚問があり、与党側としてはこれを契機に年度内の予算案や関連法案を可決成立させ事態の収拾を図りたいところです。

一方、30日、4月1日がイースター休暇に入るだけに欧州の株式・債券のほか、NY市場でも30日が株式・債券市場が休場となるだけにロング・ウィークエンドを前にした投機筋の動きも注目されます。

さらに米国では10-12月期GDP確報値やFRBがインフレ指標の一つとして重要視する個人消費支出コアデフレーターなどの指標に対する反応も注目されます。

今週のFOMCでは利上げが決定されたにもかかわらず、米長期債利回りが低下する中で来週の2年、5年、7年債入札に対する債券市場の反応のほか、特に通商政策を巡る米中間の対立が深まりつつある中で大量に米国債を保有する中国の動向にも注意する必要がありそうです。

 

 

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分