FX 今週の振返りと来週の注目点4月16〜20日

FX 今週の振返りと来週の注目点4月16〜20日

 

先週末のNY市場取引を終了後、米国が英・仏とともにシリアへの空爆を実施したことから中東情勢の不安定化やシリアの後ろ盾となっているロシアと米国との対立が深まるとの懸念が高まる週末となりました。

しかし、米軍の攻撃は一回に限られたほか、空爆対象も化学兵器関連施設に特定され、ロシア空軍施設などを対象から外すなどの配慮の意図が確認されたこともありドル円は107円台半ば付近で取引が開始されるなど、空爆の影響は殆ど見られなかったことが安心感につながり、日経平均株価も56円高で取引を終えたことからドル円は107円割れを回避するなど底堅く推移しました。

さらにNY市場でも好調な企業決算に加え予想を上回った米3月小売売上高を背景にNYダウが反発、ドル円は107円04銭で下げ止まりました。

市場の焦点からシリア情勢が薄らぐと同時に日米首脳会談を控えて日米通商問題への警戒感から積極的なドル買いが後退する中でドル円は107円台前半を中心に上値が重くなり、欧州市場では106円89銭まで下落しました。

しかし、一目均衡・日足の雲の下限が強く意識され下げ止まり107円台へと反発しました。日米首脳会談の初日は北朝鮮への対応を中心に協議されました。

首脳会談が進む一方、トランプ大統領が次期国務長官に指名したCIAのポンぺオ長官が既に訪朝し、金正恩労働党委員長との会談を終えていることが報じられたことから北朝鮮情勢の平和的解決に向けて動き出していることへの期待が膨らみました。

こうした報道を背景に日経平均株価は310円高で取引を終え、ドル円も107円00銭を下値に107円39銭まで反発するなど底堅い値動きとなりました。

しかし、NY市場では二日目の日米首脳会談で通商問題に対し、米国から日本へ厳しい要求を突き付けるのではないかとの警戒感から107円16銭から107円32銭での小幅な値動きとなりました。

日本時間19日の午前7時過ぎから始まった日米両首脳による共同記者会見で通商問題に関して茂木経済再生相とライトハイザー通商代表とで協議を続けることを確認、今後の成果次第によって鉄鋼やアルミ輸入関税適用対象国を外すかを見極めるとしたものの、日米首脳会談を波乱なく消化、北朝鮮対応での協力を確認しました。

こうした動きにドル円は107円52銭まで上昇しました。また日経平均株価も一時200円超の上昇となったものの13日からの今年初となる5連騰を続けていることもあり、取引終盤にかけて上げ幅を縮小、ドル円も伸び悩む動きとなる一方、107円20銭台を下値に底堅い値動きを続けました。

NY市場では堅調な米経済指標や好調な企業決算に加え、原油価格が上昇基調を続ける中、トランプ政権の鉄鋼・アルミの輸入制限の影響から原材料価格が上昇、インフレ期待を高めていることもあり米10年債利回りは2.93%台へ上昇、ドル円も一時107円50銭を回復するなど下値切り上げを印象付ける値動きとなりました。

さらに本日(20日)、北朝鮮労働党中央委員会総会が開催され、米朝首脳会談を控えて何らかの方針が示されるとの見通しから、核開発凍結といった朝鮮半島の非核化に向ける動きがあるのではとの憶測を背景に、海外勢のドル買い意欲が高まり、ドル円は107円73銭まで上昇しています。

来週は今晩からワシントンで開催されるG20財務相・中央銀行総裁会議で米中貿易問題や自由貿易の枠組みなどが協議される見通しで、トランプ大統領のツイートも含めて、G20が共同声明をまとめるのか、来週以降の相場に影響を及ぼすものと考えられます。

また27日の南北朝鮮首脳会議が米朝首脳会談に向けた試金石となるだけに、金正恩委員長が非核化にどこまで言及するのか注目されます。

非核化に向けた一歩が示されることになればリスク選好の動きが強まり、株高・円安に向かう可能性もあります。

一方、日本のゴールデンウィークを前に本邦輸出企業のドル売りも活発化する可能性にも注目する必要がありそうです。

さらに26日のECB理事会や27日の日銀政策決定会合以上に5月1日-2日のFOMCを控えて27日に発表される米1-3月期GDP速報値に注目が集まるものと考えられます。

また、好調な決算が続く中で、北朝鮮情勢の緊張緩和に向けた期待が高まることになれば例年言われる「Sell in May」ではなく「Buy in May」に向けてNY株式市場が堅調な値動きとなればドル円の本格的な反発基調につながるかもしれないだけに注目です。

その他、上昇基調を続ける原油価格も米インフレ期待を高め、長期金利の上昇が続くとしても堅調な米国経済や企業業績に裏打ちされたNY株式市場への影響が限られたものになるのか、債券・株式市場の動向を睨みながらの展開が予想されます。

 

 

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分