XM-貿易問題のニュースはリスクオンに繋がらず、米中通商協議の結果に注目

XM-貿易問題のニュースはリスクオンに繋がらず、米中通商協議の結果に注目

  • 具体的な根拠が欠けていた為、貿易問題のニュースでの株価上昇は限定的
  • 豪ドルとNZドル下落、一方の米ドルは上昇
  • 国境の壁建設に関してのトランプ大統領のテレビ演説
  • EUと英国は、EU離脱日延期の協議の可能性

米中通商協議終了を控え、合意への期待上昇

本日、市場の最大の関心は、二日間の工程で開催された北京での米中通商協議に向けられるでしょう。今回の通商協議は、G20サミット中の12月1日に、トランプ大統領と習国家主席が3月1日まで関税を発動させないことを決定して以来の米中通商協議となります。

最近の中国経済指標は脆弱な結果が続いている為、両国が合意に向けて動くことに市場は期待を寄せています。

昨日には、次官級協議に中国の劉副首相が出席した為、市場では中国側が合意に前向きであると判断されました。更に昨日には、ロス米商務長官も、米国と中国が受け入れ可能な合意に至る可能性があると発言した為、市場の期待を一段と高めました。

昨日、ダウ工業株30種とS&P500種は緩やかに上昇して引けました。本日のアジア株式市場は、強弱混合となりました。日本の株式市場が上昇した一方で、中国の株式市場は、今週金曜日に流動性の増加を見込んでいるにも関わらず、下落しました。

中国株式市場の動きは、通商協議での進展を完全に見込んでいない可能性があります。おそらく、中国株価が上昇するには、より明確な材料が必要なようです。

過去数か月間、FRBが2019年に2回の利上げを実施しない観測が投資家心理に影響しているようです。

2019年の利上げ観測には依然として不透明感が残っており、FRBが明確な利上げ方針を提示しない限り、市場のボラティリティは終結しないでしょう。昨日に発表された米12月ISMサービス業PMIは鈍化したものの、製造業PMIのほどの低下は見られませんでした。

米ドルは三日ぶりに上昇、貿易問題への進展期待にも関わらず、豪ドルとNZドルは下落

 

本日の外国為替市場では、米ドルが対6主要通貨で回復しました。ドル/円は、約1週間ぶりに109円台を回復しました。過去二日間に渡って大きく上昇した豪ドルとNZドルは、貿易問題のポジティブなニュースにも関わらず、反落しました。

貿易問題解決を裏付ける具体的な根拠が欠けていた為、NZドルは0.25%下落し、豪ドルは0.50%下落しました。豪11月貿易収支の低調な結果も、豪ドル安の要因となったようです。

2か月連続での貿易黒字が減少し、10月の貿易黒字も下方修正されました。

貿易問題の他には、米政治情勢にも市場の注目が集まるでしょう。

一部の政府機関閉鎖は今週に三週目に突入し、給与を受け取れない職員も出てくる可能性があります。トランプ大統領が求めるメキシコ国境の壁の建設費に、民主党が強く反対し、議会は行き詰っています。

トランプ大統領が56億ドルの建設費を求める一方で、民主党側は13億ドルまで認める姿勢を維持しています。

本日も協議は継続し、トランプ大統領のテレビ演説は注視されるでしょう。

EU離脱問題で市場は慎重姿勢;ユーロ圏経済信頼感発表

 

欧州では、英国のEU離脱交渉により市場は慎重姿勢を維持しています。ポンドとユーロは昨日の対米ドルでの上昇から下落しました。

離脱協定が3月29日まで英議会で承認されない可能性により、EUと英議会が離脱日の延期の可能性を協議していることを、英紙デイリーテレグラフが報じました。BBCによると、英議会採決は1月15日に実施される予定です。

欧州では金融政策の不透明感もあります。ECBは英国のEU離脱がより明確にならない限り、利上げを実施しない模様です。ECBは昨年12月で資産買い入れプログラムを終了後、2019年夏までは利上げは実施しない方針を示しています。

2018年のユーロ圏消費者物価指数が、ECBの2.0%の目標に達成しなかった為、ECBの利上げ方針が維持されるかに市場は懐疑的となっています。本日発表された独11月鉱工業生産は、2年ぶり低水準となりました。

 

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分