FX 今週の振り返りと来週の展望

FX 今週の振り返りと来週の展望

xm-kouza

今週はトランプ大統領が日本をアジア歴訪の最初の訪問国として安倍首相との蜜月関係を確認したほか、対北朝鮮対策についても制裁強化の方針を確認しました。

 

一方、注目された米中首脳会談では、韓国大統領と同様に米国の制裁案への対応に温度差があることが明らかになりました。さらに経済分野に関し、貿易不均衡是正の問題が注目されたものの、為替市場に影響を与えるほどの極端な圧力にもならず穏便に予定をこなす格好となりました。

 

むしろ、為替市場はほぼ連日史上最高値を更新するNY株式市場が調整を迎えるかどうかに注目、さらに20数年ぶりの高値水準を回復しつつある日経平均株価のさらなる上昇に関心が集まる一週間だったようです。

 

特に昨日9日の日経平均株価は午前中に468円高の23,382円まで上昇して1992年1月以来の水準を回復した一方、ドル円は円安が114円06銭までの円安進行に留まるなど、あらためて上値の重さを思い知らされる格好となりました。

 

また午後に入ると、25日移動平均線との乖離率が8%近くまで拡大して高値警戒感が広がる中、一時390円安となる22,522円まで急落、ドル円も113円45銭まで下落するほど株式市場の混乱に顕著な反応を示しました。

 

このように為替ドル円は週初6日の114円73銭まで上昇したものの、節目として意識される115円を目前に失速、昨晩は113円09銭まで下落するなど、あらためて上値の重さを確認する展開となっています。

 

その中心になったのが米上下両院から示された税制改革法案の詳細についての金融市場の反応だったように思われます。

 

来週以降も引き続き米議会上下両院での税制改革法案を巡る審議の行方やトランプ大統領やムニューシン財務長官らの対応が注目されます。

 

既に米FRBの12月の追加利上げが90%以上の確率で実施との見通しの中、インフレの行方を占う上で重要な米10月消費者物価指数や小売売上高(いずれも15日発表)が注目されるほか、アトランタ、シカゴ、ダラス、クリーブランド、サンフランシスコの各地区連銀総裁による金融政策の行方を巡る発言にも耳を傾ける必要がありそうです。

 

さらに14日~15日にECB主催の中央銀行コンファレンスに出席するイエレンFRB議長やドラギECB総裁、カーニー英中銀総裁、黒田日銀総裁らの発言にも注目です。

 

その他、欧州議会本会議での英EU離脱問題を巡る議論に対するポンドや独GDPやZEW景況指数など欧州の主要経済指標に対するユーロの反応などにも注目です。

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分⬇︎

 

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。