FX初心者にオススメ!海外FX4つの魅力と特徴を理解

FX初心者にオススメ!海外FX4つの魅力と特徴を理解

海外FX

海外FXをやってみたいけど、なかなか一歩踏み出せない!

国内FX業者よりリスクが高そうで不安・・・

海外への投資というだけで、なんとなく敷居を高く感じている人も多い海外のFXですが、最近では国内だけでなく、国外のFX業者を利用しているベテランFXトレーダーもかなり増えてきています。

一見、言葉もよくわからないような外国業者とお金のやり取りを行うことに、抵抗を感じてしまうかも知れませんが、実際つかってみると資金の安全性もしっかり守られていて、さほどリスクも大きくありません。

それどころか状況によっては、国内のFX業者を使うより海外FX業者を使うほうがトレーダーとして、より良い思いをすることだってあります。

ここでは初心者でも安心してオススメできる、海外FXの素晴らしい4つの魅力と特徴などを解説していきますので、海外のFX業者に興味のある方は必見です!

海外FXはハイレバレッジが使える

ハイレバ 使える 海外

海外のFX業者を選んだ人に「なぜ選んだのか」と質問すれば、殆どの方がこう答えると思います。

「何故わざわざ危険なハイレバを選ぶわけ!?」

大半の初心者は、ハイレバ=(イコール)危険だという構図が出来上がっている為、海外FXでハイレバやっているなんて聞くと、きっととても驚かれるでしょう。

確かにハイレバレッジでのトレードは、危険すぎる代物であるという認識から、現在日本国内ではハイレバでのトレードは規制されています。

しかし上手にトレードすることが出来れば少ない資金で大きなトレードができるので、国内FXに比べて資金効率が非常に高く、短期間で資金を数倍~10倍にすることだって可能になります。

例えば5万円の資金をもって国内のFX業者でトレードするとします。

証拠金が5万円の場合、国内のFX業者では1万通貨程度しかトレード出来ませんが、これを20pipsで利食いした場合、この時得ることが出来る利益は2,000円

しかし海外のFX業者の場合、証拠金5万円であっても10万通貨のトレードが出来ますので、同じ20pipsで利食いしたとしても2万円の利益を得ることができる。

すなわち同じ資金、同じトレード内容であっても、国内外とではこれだけの利益率の差があるので、少ないpipsを狙ってこまめに利食いをしても、数万円単位で利益が増えるということになります。

リスクが高いと思われがちのハイレバレッジも、計画的な資金管理とリスクの許容さえしっかりしていれば、一発大逆転が狙えるシステムなので、海外FXはベテラントレーダーに人気が高いと言えるでしょう。

2・0(ゼロ)カットシステム

楽しくFXトレード

よく「FXで大損して借金した!」とか、「破産した!」など、あまり明るくない話をネット上でよく見かけます。

国内FXのシステムは、基本的に強制ロスカットなどの資金を守ってくれるシステムが存在しますが、不意の大暴落などが起こっている相場状況では、そういったFX業者のシステムが追いつかないこともあり、資金額以上の損失が出てしまうこともあります。

為替は投資ですから、何が起こっても不思議ではない世界・・・。

でもどんな状況でも資金額以上の損失は決して出ない、借金なんて起こらない、というシステムがあったらどうでしょうか?

そんな夢のようなシステムが存在するならば、思わず飛びついてしまいますよね?

ここで挙げる2・0カットシステムは、なんとそれが出来てしまう、海外のFX業者のみが対応しているシステム。

2・0カットシステムとは、別名0カットシステムなどと呼ばれていますが、簡単に説明すると、どんな状況になっても入金した金額以上の損失は絶対に出ず、また残額が0になるまで追証も無いという非常に便利なシステムです。

このシステムがあれば、どんなことが出来るのか考えてみましょう!

資金以上の損失が出ないなら、

「ここぞという相場状況の時のハイレバ専用トレード」

「入金した資金をどこまで増やせるかとことんやってみる、実力をつけるための脇役トレード」

など、割り切った気持ちでFXトレードをすることが出来ます。

実際私も毎回1万円ほど入金し、ハイレバトレードで数pips動いては利食い~の、ヒットアンドアウェイ戦法で遊んでいますが、これがなかなかいい感じでして・・・。

思いの他肩の力を抜いて気楽にトレード出来るので、精神的にピリピリするような「投資!」という感覚とは違う、ウキウキした、FXが楽しい!って思えるようなトレードができるようになりますよ。

(注:もちろんこのハイレバ戦法は、手当たり次第に行うわけではありません。

pipsが逆に行ってしまっては怖いので、トレンドラインを併用し、高確率で反発しそうな手堅い地合いになった時に、このハイレバ戦法を使っています。

MT4が使える

MT4 FX何と言ってもチャート分析に欠かせないのは、チャートの見やすさと使いやすさ。

この点において海外FXで採用しているMT4は、ずば抜けて良い!

もちろん国内のチャートも高機能で素晴らしいものがあると思いますが、機能をたくさん搭載してくれてる反面、重くてスムーズに動かなかったり、使い勝手が悪かったりと使いづらいものも多いです。

それに対してMT4は高機能ではありませんが、FXで勝つために必要な基本をしっかりおさえているチャートソフトと言えるでしょう。

<MT4が素晴らしい!と思った点>

・シンプルで使い勝手がいい

まず一番はこれです!

MT4は動作や機能が極めてシンプルに作られており、無駄ものがない!という感じのチャートソフトですので、PCだけではなくスマホでも重くならずにスムーズに動いてくれます。

画面もベーシックなスタイルでくせがないため、分析による疲れが起こりづらいのも特徴です。

・全体がよく見れる

チャート分析においてネックなのが、広範囲を見渡せるかどうかです。

為替は流れをつかむことが重要ですが国内のチャートだと少し狭かったり、多少広く見えても流れが掴みづらい作りだったりと、性能が良い割には分析するには使いづらいチャートが多いように思えます。

目先のチャートを丁寧に見ることも大事ですが、それよりも大事なのは「全体の流れを把握すること」、そして「点ではなく線で見ること」です。

MT4はPCだけでなくスマホアプリも優秀で、拡大縮小の範囲がかなり広く全体の動きを把握してチャートパターンを俯瞰出来るため、レジスタンスラインやサポートラインの判断がしやすくなるなど利点が多く、非常に便利だと思います。

PCスマホアプリとも、国内とは比べ物にならないほど精度の高い分析が出来ますので、是非とも試してもらいたいツールです。

・自分でラインを簡単に引ける

MT4は全体がよく見渡せるだけでなく、その流れをしっかりつかめるような、トレンドラインや水平レジサポなどのラインを自由自在に引くことも出来ます。

「そんな当然だろ!」って思われるかも知れませんが、その操作性は国内のFX業者が提供しているチャートツールより、かなり簡単!

もちろん広範囲を捉えたトレンドラインであっても、正確に引くことが出来る優れものなので、一度使ってみて欲しいと思います。

・注文操作が非常に簡単

国内FXの場合、注文画面を出して、通貨量設定や成り行き指値設定などをその都度行うのが普通ですが、MT4の場合チャート画面からカーソル位置でクリックだけで指値をしたり、チャートに表示されるエントリーボタンよりすぐに売買を行えるようになっています。

すぐさま成り行きエントリーしたいときや、思いついたときにすぐに指値を入れたい時でも、MT4は画面を変えずにそのままの状態で注文することができるんですね。

これは特に、瞬間的な判断力が必要とされるスキャルピングトレーダーや、天底を取ろうとするデイトレーダーにはもってこいの機能だと思います。

また、チャート画面において、マウス一つだけで指値やストップ、利益確定のポイントをずらしたりすることもできてしまいます。

その時その時の状況をしっかりと把握しながら、臨機応変にトレードができる、これもMT4の魅力の一つです。

海外FXは口座開設が簡単

海外FX口座開設海外FXの口座開設は、国内に比べて遥かに簡単で、短時間で実際に取引ができるようになります。

国内の業者だと殆どの場合口座開設の審査があるので、書類提出や口座開設の案内の郵送時間など余計なことに時間を取られてしまい、口座開設申し込みから実際に取引出来るようになるまでには、少し時間がかかってしまうんですよね。

でも海外FXの場合、殆どの場合はネットでの申込みと本人確認書類のアップロードだけで完結するので、「後は入金して取引を開始するだけ」というところが多く、口座開設申し込みからトレードを行えるまでにさほど時間はかかりません。

「よし、海外FXやってみよう!」

と思い立ってからすぐに申し込んでも、翌日にはもう海外FXで取引が出来てしまうという、手軽さがいいですよね。

 国内FX業者と海外FX業者の違い

国内業者 悪い噂

国内FXは負けさせる業者、海外FXは勝たせる業者

「え!?」って思われるかもしれませんが、実際こういう噂もあるくらい、国内のFX業者だからといって100%安心というわけでもありません。

そもそも国内FXと海外FX、同じFXではありますが実は運営方法自体違っていまして、国内の場合相対取引(店頭取引)といって、FXトレーダーと業者が売買し合う取引に対して、海外FXは電子取引所取引という、FXトレーダーが直接市場を相手に売買している形式になっています。

FXって、外貨を売る・買うを繰り返していくものですが、実際どこから買っていたり売っていりするのかってよくわかりませんよね?

常識的に考えると、市場から直接売買しているものと考えるのが普通でしょう。

でも国内FXの場合違うんです!

国内FXで取引すると、実際には市場から直接売買しているのではなく、業者から、買ったり売ったりしているんですね。

そういう取引方法の場合、トレーダーが買って利益を得ると、業者が損失を出し、逆にトレーダーが負けると業者が利益を出す、という事になります。

海外FXの場合、直接市場から売買している取引方法なので、業者の利益・損失はトレーダーの取引とは関係ありません。

でも国内の場合、トレーダーか業者かどちらかが利益を出し一方は損失を出すという仕組みになっているんです!

そう考えると怖くないですか?

私たちのトレードの詳細、つまり「いつどこで買ってどこにストップを入れてるか」などの情報が筒抜けになっているはずの業者と、私たちは取引しているということになるんです。

よくストップ入れておいたら、髭でピッタリ入った後、思惑通りに動いていたなんてことはありませんか?

また、指値エントリー注文していたのにもかかわらず、数pips届かず思惑通りに大きく動いていて、悔しい思いをしたなんて方もいらっしゃることでしょう。

これは業者が意図的に操作しているのではないか、と思ってしまうところでもあります。

また国内では自社プラットフォームを採用しているところがほとんどですが、

これは世界的に見るととても異様な光景なんですね。

海外FXで自社プラットフォームを使っているところは殆どありません。

自社プラットフォームなら、顧客の情報はほとんど確実に筒抜けになっているはずです。

もしかすると、操作されている?と思ってしまっても仕方ないですよね

真意のほどは定かではありませんが、このような噂もあるということは覚えておいてほしいと思います。

海外FXはここぞというときのハイレバスキャルピング

海外FXでトレードする場合、国内FXと同じようなトレードをしていては、旨くも面白くもまったくありません。

業者の特徴を活かして、海外FXならではのFXトレードをしましょう!

上手に使うことによって、短期間で資金を大幅にアップさせるなど、得になることも多いですので、海外FXの特性を活かしたトレードを行ってほしいところです。

ここでは海外FXだからこそできる、主なトレードの例を挙げてみますので、ぜひとも参考にしてください。

明確なトレンド方向への押し目、戻り売りの時

トレンドラインでの押し目や戻り売りの初動を掴むスキャルピングです。

国内FX業者で適度なレバレッジでデイトレや中長期保有を目的ににエントリーして、海外FXではライン上での反発のときや、トレンドがしっかり乗ってきたときに、順張り方向へハイレバスキャルピングする、というトレードができると効率がいいですよ!

トレンドラインというのは、一旦は反発するものが多いです。(たまに完全スルーすることもありますが・・・)

反発する時は、時間足にもよりますが、数pips~20pips程度は大抵は反発します。

そういうときにハイレバでエントリーして値動きを見てすぐに利確する!

そしてトレンドが乗ってきたら、更に1分足や5分足で小さい押し目や戻り売りを狙っていく!

こういうやり方でも大いに利益をあげられると思います。

大きなレジスタンス、サポートラインを抜けた時、またはそのラインからの押し目、戻り売りの時

こちらもトランドライン同様、主に反発を狙ったハイレバスキャルピングです。

特に、重要な価格帯での水平線なら、高確率で反発する地合いであると言えるでしょう。

そういうときにをイレバで狙うのです!

もちろん少し反発したらそのまま順張り方向へ伸びることもありますので、値動きを見てすぐに利確。

逆にブレイク・アウトした場合は、そちらに伸びやすくなりますのでその瞬間の伸びを狙うなどといった、短時間足での押し目や戻り売りを狙うこともできます。

短時間の方向性がわかりやすい週明けの窓埋め

週始めの窓あけは、大きな事件やニュースなどがない限り、高い確率で埋める動きをします。

特に1分足や5分足での窓埋めはよく見られる動きです。

窓埋めは、テクニカル的要因ではなく市場参加者の心理が起因とされていますが、やはりみんなが同じことを思っていれば必然的に同じ動きをするということなんでしょうね。

特に、窓埋め時のハイレバスキャルピングは多くの人がやっていますので、週初めのこの時間に??とは思えないほど、短時間に大きく動くことがあります。

それをぜひ狙ってみましょう!

もちろん、窓埋めトレードは感覚的なエントリーのため、テクニカル的な根拠が少ないのでしっかりと損切りポイントも決めて置くことも大事です。

その他

海外FXならではのFXトレードその他にも、指標発表時の大きな乱高下時や、5分足や1分足で大きな流れが出る暴騰暴落相場などでハイレバスキャルピングをやると意外とうまくいくことが多くなると思います!

国内FX業者では、適度なレバレッジで通常トレード。

そして海外FXで上記のようなときにハイレバトレードをする、というふうに使い分けてトレードライフを送っていけば、効率よく資金も増えていくと思います。

リスクが大きく不安材料だらけだと思っていた海外FXも、トレーダーからしてみればかなり便利で敷居も低く、安全面でも心配になるようなことはないということをおわかりいただけたでしょうか?

使い方によってはFXトレーダーとして最高のツールにもなり、国内FXにくらべて遥かに利便性が高くなりますよ。

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分⬇︎

 

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

 

XM口座開設は簡単3分⬇︎

最短2分無料口座開設


1秒以内の約定率は99.35%
XMTrading(XM.COM)はリクオート、注文拒否が無く執行率は100%!1秒以内の約定率99.35%と高い約定率を誇ります。
XM(XM.com)は最高の約定環境の提供を掲げており、通常約定が執行されづらい指標や要人発言など相場の変動がある状況下でも高い約定力を発揮します。
初心者のトレーダーからプロのトレーダーまで評判の高さの秘訣はやはりここで決め手となっています。

XMTradingは追証なしのゼロカット方式!
XMTrading(XM.COM)が選ばれる大きな理由の一つにゼロカット方式があります。相場が急変動しロスカットが作動せずに残高がマイナスになってしまった場合でも「0」に戻してくれる、これがゼロカットシステムになります。

XMのロスカットについて
XM(XM.com)は証拠金維持率50%以下でマージンコールが行われ、証拠金維持率20%以下でロスカットが行われます。相場急変動によりロスカットが発生せずに証拠金がマイナスになった場合、ゼロカットにより残高は0となります。

分別保管による顧客の資金保全
XMTrading(XM.COM)は顧客の資産は英国へ分別保管されており、XMTradingが万が一のケースでも預託金は保障されていますので安心して取引可能です。


XMロイヤルティプログラム
XMロイヤルティプログラムとはXMの独自ポイントボーナスで取引毎にボーナスや現金に変えられるポイントが付与されます。このポイントは申込無しで適応され、取引日数が続くほどXMTradingのアカウントのステータス(ランク)が上がり、貰えるポイントが増えていきます。


XMTradingの取引口座毎の特徴
XMの取引口座は主に「MT4スタンダード」「MT4マイクロ」「XMゼロ」の3つになります。XMTradingオススメの口座の解説をしていきます。もちろん全てキャッシュバック対応となっております。


低ロットでの取引が可能のXM「マイクロ口座」
MT4micro(マイクロ)口座とは初回最低入金額$5(相当)から、1lot1,000通貨から取引が可能です。
じつはスタンダード口座と初回入金額など条件は同じなのでXMで選ぶ人の殆どはマイクロ口座での開設を行います。
取引手数料もかかりません。
0pips~の超低スプレッドECN「XMZERO口座」
ついにXMTradingがECNに対応し「XMZERO口座」の提供を開始しました。0pips~から始まる最狭スプレッドを提供しており、もちろん全プラットホームに対応していますので全てのEAを使用した取引が可能となります。各業者の中でもXMTradingのゼロ口座はトップクラスのスプレッドと評判になっています。

 

FX業者選びでは最低取引単位、最低入金額やスプレッドなどの個々のFXトレード条件が注目されがちですが、 実は、FX業者が採用している「取引方法」に注目すべきなのです。 国内FX業者とXM tradingではまったく異なった取引方法が採用しており、 取引の透明性・信頼性とリスクに大きな差が生じているのです。 国内FX業者の取引方法は『DD方式』(リスク型) 国内FX業者は、FXトレーダーの注文を為替取引市場に直接流さずディーラーが トレードに関与するDD方式という相対取引を採用しています。 そのため、国内FX業者は、競馬のノミ行為と同じような取引操作を行えるので FXトレーダーは取引リスクを抱えることになります。 XM tradingの取引方式は『NDD方式』(リスクフリー型) FXトレーダーの注文は為替市場に直接流されるので海外FX業者はFXトレードに一切関与できません、 したがって、単なる取次業者として仲介手数料だけをもらうだけであり、 海外FX業者は取引操作ができないので安全性が高く、リスクが低いトレード環境を提供しています。 XM tradingはFXトレーダーとウィンウィンの関係、共に儲かる仕組みがある XM tradingは取引に一切関与せず仲介手数料であるスプレッド収入だけを収益源としているので FXトレーダーが稼いで取引量を増やせばXM tradingの利益も増えるのでFXトレーダー、 XM tradingはウィンウィンの関係にあるのです。 そのためXM tradingはFXトレーダーが少しでも稼げるように ボーナスやキャンペーンなどの施策を積極的に行っているのです。

日本人のXM trading口座開設者が急増している、XM 人気や知名度でXM trading口座を開設している方が多いですが、 本当にXMがびしっとハマるのはどんなFXトレーダーなのでしょうか?   結論からいうと、 XM tradingは次の6パターンのFXトレーダーに おすすめできます。 * 追証なしで大胆トレードがしたい方 * 英語が話せない、海外FX初心者の方 * 約定力を重視する人 * ボーナス入金で、お得に海外FXを始めたい方 * 未入金でとりあえず海外FX取引を試してみたい方XM tradingに入金すれば入金した倍の証拠金(※)で取引できます。 しかも2回目、3回目の入金にもXMはボーナス対応しているのもポイントです。 総額50万円もらうまで継続的にボーナスを受け取ることができます。また入金しなくてもXM新規口座開設するだけで3000円のボーナスがもらえます。 海外FXブローカーは星の数ほどありますが、 XM tradingはノーリスク・タダでリアル取引ができるFXブローカーはそうありません。 ボーナス取引の利益は出金できるので、とりあえずXM口座だけでも 開設して3000円分取引してみるのがおすすめです。少ない投資金でも、888倍のレバレッジであれば大胆なFXトレードが可能です。 追証なしなので、投資額以上の資金を失うことはありません。 上述したXMボーナスとハイレバを併用すれば、用意した資金の数千倍のお金を取引できます。XMは、約定スピードに絶対の自信をもっており、2010年以来リクォート、 約定拒否なしの方針をMT4プラットフォーム上に導入したパイオニアです。 Order Execution Policy(オーダー執行方針)にも掲げている通り、指標発表や、 要人発言などの変動が大きい市場環境でもサクサク約定します。   また、サーバー環境にもチカラを入れており、 XMの顧客の増加に伴いサーバーを増量し強化しているためシステムが固まることもありません。 XMには「自分がエントリー・決済したいタイミングでちゃんと約定してくれる」という安心感があります。

XM(XM.COM)は日本人FXトレーダーにおすすめできる成功への鍵XM(XM.com)はとにかくレバレッジが大きい! XM(XM.COM)を利用するうえで、もっとも大きな特徴として挙げられるポイントが、 やはりXMの最大888倍までかけることができるレバレッジでしょう。 ご存知の方も多いと思いますが、日本では法規制によって、 現在ではどのFX業者でも最大で25倍までのレバレッジしかかけることができません。 これでは1万通貨のポジションを建てるのにも4万円の証拠金が必要となってしまいますが、 XM(XM.COM)であればわずか1,000円程度で済んでしまうのです。 これによって、資金にそれほど余裕がないという方でも、 XM(XM.com)では十分に大きなFX取引を行うことができるようになるのです。

最短2分無料口座開設

XMのおすすめ

最大のメリットは
XMには「日本人顧客向けの海外FX業者として
7年以上の運営歴があり、
日本人スタッフも15名以上在籍している」という点。
海外FX業者のサービスを使うとなると
初めての方は
「英語ができないと使えないのではないか?」と
不安に感じるかもしれませんが、
完全に日本語だけで取引ができます。


他の海外FX業者などは
「一応日本語対応しているウェブサイト」であっても、
google翻訳レベルでわかりにくい部分もありますが、
XMのウェブサイトは日本企業のウェブサイトと言っても、
誰もわからないほどわかりやく設計されているのです。


XMサポートにチャット問い合わせが可能で、
ほぼリアルタイムで日本語で返信がきます。
これが平日5日24時間対応なのですから、
サービス面の不安と言うのは全くないに等しいのです。


日本人仕様の海外FX業者でありながら、
高い約定力、ハイレバレッジ、追証なし、
低額な最低入金額設定、手厚いボーナス・・と
サービスレベルも高い為、他を寄せ付けない総合力があるのです。
まず海外FXを試してみるというのであれば、XMでトレードという考え方で間違いはないでしょう。

 

XM(エックス エム)とは

2009年創業のキプロスのブローカー、 

日本へのサービスは、2011年からスタート。

 英国、キプロス、オーストラリア、      
ドイツなどのライセンスを保有。


 信託保全あり、最大EUR 20,000を補填。

  日本人で、最も口座開設数の多い海外    FXブローカー。
新規口座開設ボーナス、入金ボーナスなど、海外FXブローカーの中では、最もインセンティブが多い。

注文方式は、全てシステマチックなOTC方式(カバー無し)。
約定スピードが早く、成約率がとても高い。
ウサインボルトとスポンサー契約。
MetaTrader5の口座が作れる。
2年連続、日本人に人気No.1の海外FXブローカー。
約定スピードと豊富なボーナスが最大の特徴。


XM (エックス エム)は、2009年に営業を開始し、
2016年には全世界に100万人の顧客数を誇る、
日本人にも人気が高い大手ブローカーの1つです。

人気の理由は、何と言っても、
口座開設や入金の度に付与されるボーナスや、
取引ごとに蓄積されるロイヤリティポイントなど、
豊富なインセンティブプログラムが用意されていること、
また、圧倒的な取引ボリュームを背景に、
顧客からの注文を全て自社内でマッチングするため、
ヘッジ取引による約定の遅れが一切無いことも
顧客からの支持を集める理由となっています。

 

最短2分無料口座開設
XM(エックスエム)は、 総合的なサービスの質が高い業界トップクラスの海外FX業者と言っても良いでしょう。XM tradingは100万を超える口座を持ち、196ヵ国以上でサービス展開しているのは、サービス水準の高さがなければなしえない数字です。中級者以上のFXトレーダーであれば、 一番気になるポイントの約定力が「執行率100%、99.35%は1秒以下で執行」と明確に数字で出ている安心感は非常に大きく、さらに取引量に応じてポイント貯まり現金に交換可能な「XMポイント」などもあり、上手くやれば大きく稼げる可能性の高い海外FX業者と言えるでしょう。さらに最近では0スプレッドのECN口座もあるため、FX上級者にとっても使い勝手の良いサービスになっています。FX初心者にとっても、最低入金額が5ドル、最低取引量は10通貨というハードル設定はワンコインで手軽に海外FXを楽しめるレベルにあり、XMの日本語のウェブセミナーや動画解説などをとってみても、気軽に楽しめ、スキルアップもできる内容になっています。一方、XM tradingは信頼性と言う意味でも 「2万5千ユーロ(約250万円)までの 信託保全(キプロス口座の場合、セーシェル口座の場合は上限あり一部信託保全)」と「キプロス証券委員会の認可」「海外FXの賞をいくつも受賞」と高く、マイナスポイントを探す方が難しい状況です。(2017年10月時点では日本人のFX口座開設はセーシェル口座のみとなっています。XMtradingは日本人顧客のためにセーシェルライセンスを取得した形となっています。)海外FX業者の中では透明性が高く、安心しておすすめできる海外FX業者と言えます。
海外FX業者の中で今最も存在感のあるブローカー。 最近では「WP(ワールドファイナンス)100(※)」を受賞するなど、XMは世界的地位も確立しています。 XMは最大レバレッジ888倍、追証なし、豊富なボーナス、丁寧な日本語サポートとFX初心者から FX上級者まで幅広いFXトレーダーにオススメです。 WP(ワールドファイナンス)100:財務的に世界で最も成功している100の組織・個人に授与される賞のこと。海外FXブローカーで受賞したのはXMだけ。目の肥えた外国人FXトレーダーでも、XMの約定力に対しては賞賛の嵐です。 XMは約定に関しては実際に取引経験のある FXトレーダーのみぞ知るところなので、口コミが頼りになります。 他の海外FX業者に対する口コミも拝見してみましたが、XMほど約定力に関して高評価を集めているブローカーはありません。Googleトレンドで比較してみると、XMが日本人に一番検索されているのがわかります。しかもXMは圧倒的です。 実際にXMが一番利用者数が多いです。あくまでGoogleトレンドのデータは客観的なデータでの裏付けです。 直接的な口コミのほうが評判を指し図ることができますが、長期的な検索数の増加や利用者数の増加が、利用者の満足や人気度の証明だと思います。 XMTradingの評判が良い理由とは? なぜXMが人気なのかを独自に分析します。人気の要素は次の4つです。 XMはボーナスが充実している。 XMは日本語サポートがあり対応が良い。 XM最大レバレッジ888倍が高い。 XMは追証なし。 ボーナスがなくて、追証も発生する国内 FX業者とXMを比較した場合、入金額が少なくて済み、万が一大きな損失を出した時に負担する金額も少なくなるというメリットがあります。 XMのスプレッドはUSDJPYで2ピップス弱と、国内の低スプレッドと比較するとかなり広めです。それでも1番人気である理由は、スプレッドが最重要ではない人が多くいるということです。 XM口座の多彩なボーナス・キャンペーン XMは他社にはない、ボーナスやキャンペーンが豊富に行われています。 まず、XM口座開設で3000円もらえるボーナスというものがあります。 これはいわゆる「お試し FX投資」ができるサービスで、XM(エックスエム)では証拠金以上のマイナスが請求されないため、 3000円分好きなだけレバレッジをかけて FX投資に挑戦することができます。   もし、 FX投資に成功して入金できる金額が増えれば、20%や100%といったボーナスを追加したうえで入金してもらえるのです。   XM口座は入金ボーナス以外にも取引期間に応じたボーナスや季節限定のボーナスなどのキャンペーンも行っており、 長く続ければ続けるほどお得になるという特徴をもっています。 また、 FXトレーダーの意欲をかきたてるコンテストも定期的に開催されています。 こちらは仮想資金を使って、限られた期間の中でいかに資金を増やしていくかを競うというものです。   上位に残れば準決勝、決勝へと進むことができ、勝ち進められた分だけ賞金を手にすることができます。 通常の通貨を使った取引も良いですが、このような FXトレーダー同士で争えるイベントが用意されているのもXM(エックスエム)ならではの特徴でしょう。   海外FXで利益を得られるようにするためにはコツコツと長く続けることが理想とされています。   XM(エックスエム)は1日でも取引が長く続けられるよう充実したボーナスやキャンペーンが用意されています。 XM(エックスエム)がどういうプラットフォームなのか試してみたいという方は、口座開設ボーナスを使って手軽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 海外 FX口座「XM」のメリット。 国内FX口座との違いは「胴元」ではない事 国内FX業者はFXトレーダーとインターバンク市場の仲介をしている「胴元」なわけですから、何をされても文句はいえません。 透明性も低いです。(顧客の利益≒国内業者の利益) 実は、我々 FXトレーダーである利用者が損をすると「胴元」である国内業者が 儲かる仕組みが多々用意されています。 (顧客の損失=国内業者の利益) 一例を上げると、国内 FX業者は不正(レートの内部操作等)を行っています。 ディーリングディスク(DD)での注文相殺など、業者の内部処理が追い付かない場合に、スリッページを利用して、すぐに約定させない事があります。 逆に、海外 FX口座はインターバンク市場と直結で取引しています。 仲介ではないからです(NDD方式)。「胴元」ではないという意味です。 海外FX業者の儲けは純粋なスプレッド(あるいは手数料)だけです。 (顧客の利益=海外FX業者の利益) 国内FX業者はスリッページや約定拒否などの隠れコストを伏せて、机上の空論でのスプレッド値を公表しています。 はっきり言って、国内FX業者のスプレッド比較サイトとか読んでも、 実取引においては何の意味もありません。上っ面の比較情報はむしろ実害です。 国内 FX業者と海外業者では、サービスの桁が違います。 追証なしの「XMTrading」は海外口座の中でも一番のオススメXM口座 「XMTrading」は日本人の口座開設者が急増しており、 海外では日本人利用者が最も多いFX口座になります。 「XM」以外にも日本語対応した海外FX業者がいくつかありますが、 他はイマイチな感があります。 スプレッドや約定スピードを踏まえて、比較・検討すると、 世界的大手である「XM」がやはり一番のオススメです。