海外FX口座のXMで「BTC/USD取引」ビットコイン

海外FX口座のXMで「BTC/USD取引」ビットコイン

xm-kouza

海外FX口座の「XM」を使ってBTC/USDビットコインの取引を始めてみました。約3倍のレバレッジをかけられるほか、証拠金以上の損害は請求されない「ゼロカット方式」が魅力です。

実はビットコインに向いている海外FX口座「XM」を
使った取引

BTC/USDの取引をスタート

XM(エックスエム)という

海外のFX口座を利用して、BTC/USDの取引を始めてみたというお話です。

BTCとはビットコインのことで、

取引所に振り込みをして直接買うこともできますが、海外のFX業者はCFDと同様にレバレッジをかけて売買できるのが魅力です。

ビットコインは、平時の値動きはそれほど違和感がないものの、
何かがあるととてつもなく
下落を始めます。ですので、

証拠金以上の損害が出てもそれ以上は請求されない
海外の業者の「ゼロカット方式」は、

実はビットコイン取引にはかなり向いているといえます。

XMのビットコイン取引のレバレッジは「3倍」程度
FX取引の最大レバレッジは、888倍

 

XMが提供しているBTC/USDは、
「ロット数 × コントラクトサイズ × オープン価格 × 証拠金率」です。

つまり、ほぼ33%が必要証拠金となりますので、
ビットコイン取引については、
3倍のレバレッジがかかっていると考えればいい状況です。

 

もちろん、0.1という単位でも取引ができますから、10分の1のコストで売買も可能です。

ただし、海外FX口座を使った取引では、USDとの対比取引になります。

ですので、ドル円の動きも日本円ベースで考えるとかなりの影響を及ぼしますので、慣れるまでは注意が必要になります。

日常的にはかなり上下をしており、それが何に起因しているのかは正直よくわからないのが実情です。

 

ビットコイン相場は、先般のJPモルガン、ジェイミー・ダイモン氏の発言のように、要人発言のインパクトが異常に大きくなっています。

さらに、現実的にどこまで影響があるのかよくわからない中国人民銀行のICO禁止や取引所閉鎖の話などでも、

これまた異常にぶれるなど、とてもやりにくい状況になっていると言えます。

 

中国人参加者は全体の10分の1程度というのに、ひとたび報道が出るとパニック的に売りが出るのも、

この相場の特徴です。本当にクリティカルな売り状況になったとき、流動性が確保できるのかどうかは大きく注目されます。

市場参加者のほとんどが「買い」で参入?
日常的に上下しているわけですから、売りから参入している向きもいると思います。しかしどうも見ていますと、
上昇期待の買いがほとんどの状況で、スワップ狙いのトルコリラ円に似たような雰囲気が漂っていることがわかります。

 

これが一斉売りになったとき、

どのぐらいスプレッドが開くのか、果たして売りが決済できるのか興味津々です。ですが、まだそこまで危機的な状況には遭遇していません。

 

BTC/USDのチャート形状、NYダウ月足に酷似

このBTC/USDの今年4月からの日足のチャート形状は、驚くほどNYダウの月足の形状に似ており、投機筋の間ではBTC自体よりも、そのことが話題になってきているようです。

つまり過剰流動性のなせる業であるBTCのチャートがNYダウと似ているということは、やがてNYダウにも同じような下落が訪れるのではないかという疑心暗鬼につながっているわけです。

 

これまでのところ、市場に特別なことが起こらない限りボリンジャーバンドを利用してFXと同じようにエントリーすれば、デイトレでも利益を出すことができます。

 

しかし、正直なところ何に影響をうけて動いているのかがまったく把握できないため、どこから入ってもギャンブル的な要素がかなり強くなっています。

 

本当に倍になるのを狙うのであれば、暴落直後に買いを入れるといった方法でも行わないと、なかなか安心してポジションをキープできないのが正直なところです。

 

XMのMT5の口座を利用すれば、どなたでもビットコイントレードを体験できます。ご興味がある方は、一度口座開設してみてはいかがでしょうか?

成功への最短ルート口座開設

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。