経済指標を利用してFX取引する

 

経済指標とは?重要な経済指標を利用してFX取引する

xm-kouza

経済指標とは、各国の政府や関連する省庁が発表する「その国の経済の成長や安定性を数値化した統計」です。

 

経済指標が良ければ、その国の通貨が買われ、悪い指標が発表されれば、その国の通貨が売られる傾向があります。為替市場だけではなく株式市場にも大きな影響を与えます。

 

各国から発表される経済指標は様々なものがありますが、特に重要な経済指標をご紹介いたします。

 

米雇用統計

米雇用統計は、アメリカ国内の雇用状況を数値化したもので、前月より雇用者数が改善されているかどうかを図る指標です。
毎月第1金曜日のNY時間午前8時30分に米国労働省労働統計局から発表されます。
発表国
アメリカ合衆国
発表元
米国労働省労働統計局
(U.S. Department of Labor, Bureau of Labor Statistics)
発表時期
毎月第1金曜日
(冬時間)日本時間 22時30分
(夏時間)日本時間 21時30分
発表内容
雇用に関する指標
指標の数値が良ければドルが買われ、指標の数値が悪ければドルが売られる傾向があります。
雇用統計は、10以上の指標から構成されており、その中でも注目されるのが「非農業部門雇用者数」と「失業率」です。

 

非農業部門雇用者数

 

非農業部門に属する事業所40万社、従業員4700万人(全米の約1/3)の給与支払い帳簿を基に集計されます。

経営者や自営業者農業以外の産業で働く雇用者の増減を示します。毎月15万人程度の増加が、労働市場における景気回復の目安とされています。

失業率
「失業者÷労働力人口x100」により算出され、約6万世帯の16歳以上の男女を調査対象としています。

失業者数が前月より減少していれば、個人消費が増加し景気が回復するとみなされます。

 

米FOMC政策金利

FOMC(エフオーエムシー)は、「連邦公開市場委員会(Federal Open Market Committee)」の略称で、日本の「日銀金融政策決定会合」にあたるものです。
FOMCは、年に8回開催され、景況報告や経済報告をベースに議論し、FOMCが終了すると政策金利(FF金利)と今後の金融政策の方向性が発表されます。
発表国
アメリカ合衆国
会合名
FOMC
(Federal Open Market Committee)
開催時期
6週間毎の火曜日に年8回開催
金融危機などの際には必要に応じて随時開催
発表時間
開催最終日の
(夏時間)日本時間 午前3時15分
(冬時間)日本時間 午前4時15分
決定内容
政策金利(FF金利)の誘導目標
景況判断(先行きの景気・物価に対するリスク等の評価)
今後の金融政策方針
政策金利とは、中央銀行が一般の銀行に融資する際の金利です。
景気が良い場合は高く金利が設定され、景気が悪い場合は低く金利が設定されます。これにより、景気が良い場合には、預貯金やローンの金利が上がり、通貨の流通が抑えられます。

声明文が注目される

FOMCは、結果よりも声明文が注目されます。声明文の文言で、次回も利上げされるかどうかを市場は判断し、ドル買いやドル売りの原因になります。

FOMCの結果と声明文は、FOMC開催最終日の(夏時間)日本時間 午前3時15分、(冬時間)日本時間 午前4時15分に発表されます。
FOMCの結果と声明文の発表時の様子は、Bloombergやロイターのライブ中継(英語)でリアルタイムに見ることが可能です。

 

米国GDP

 

GDPとは、ある一定期間内にその国で生産された商品やサービス等の付加価値の総額です。国内総生産(Gross Domestic Product)と言われます。
発表国
アメリカ合衆国
発表元
商務省経済分析局(BEA)
発表時期
1月・4月・7月・10月下旬
(冬時間)日本時間 22時30分
(夏時間)日本時間 21時30分
発表内容
GDP数値
日本や中国などのGDP発表もありますが、特に為替へ影響するのは基軸通貨の米ドルを発行するアメリカのGDPです。
GDP数値は、経済成長率を示すので、前回のGDPからの伸び率(成長率)が注目されます。

 

経済指標の結果は為替が動く目安
経済指標の結果が市場予想より良い
経済指標を発表した国の通貨が買われる

 

経済指標の結果が市場予想より悪い
経済指標を発表した国の通貨が売られる

 

基本的には、発表した経済指標の結果が市場予想より良ければ、その国の通貨が買われ、結果が悪ければその国の通貨が売られる傾向があります。

 

ただし、結果が既に為替市場へ織り込み済み(結果が為替レートに反映済み)の場合は、反対に動く時もありますので、あくまで目安としておいた方が良いでしょう。

 

また、市場予想と結果が大きく離れていれば、為替も大きく動くこともあります。

 

経済指標の前後は為替も乱高下しやすいので、リスクを抑えたい際は

「経済指標時は取引しない」を
選択することも大切です。

経済指標カレンダー、予想と結果も同時に確認できます。

 

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。