海外FXの攻略はスキャルピングで稼ぐ

海外FXの攻略はスキャルピング

長くポジションを持たないのがハイレバ利用の極意

xm-kouza

 

ハイレバレッジのFX口座での取引で失敗しにくいのは、やはり短期間に取引をするということです。

 

日ごろレンジ相場を形成する時間の長いドル円でも最近では1日に1円近くは上下しますし、東京タイムで動いていた方向とロンドン、NYタイムでの動きがまったく逆さまになるということはかなり頻繁に発生しますから、

長くポジションを持つということはそれだけリスクの高いものになるわけです。

 

とくに枚数の多いポジションを保有使用と思うと、かなりのリスクを抱えることになりますから、精神的にも決していいものとは言えません。

 

こうなると、できるだけ「短時間にポジションを保有して売買をする」のがもっとも都合のいい方法になってくるのです。

 

そこで考えられるのがスキャルピングへの利用ということになります。
スプレッドは決して狭くないがスキャルに向いている

xm-kouza

たとえばハイレバレッジ口座でもっとも国内では人気も高く利用者の多い
「XMエックスエム」ですと、スプレッドはドル円で常に2銭程度の状態ですから、

国内FXの原則0.3銭固定の取引などに比べますとスキャルピングのためには必ずしも有利な取引条件とは言えない部分があります。

 

ただし、圧倒的な違いを見せつけてくれるのは証拠金のコストで、

1ドル110円を想定しますと、1000通貨の取引で25倍のレバレッジ下では4400円ほどかかる証拠金コストが、

 

XMではたった124円で売買でき、1万通貨でも1240円で売買ができる点は「スプレッドの狭さを大きく越えるメリット」になっているといえます。

確かにスプレッドは狭い方が確実に利益を狙えますから、動きが少ないときにはリスクが高くなり、取引ができる状況にもそれなりの制限がかかることは事実ですが、

一般的な時間帯でそれなりにボラティリティがある場合には売買しているとほとんど気にならなくなるのが実情です。
枚数を増やしたスキャルピングこそメリットがある

xm-kouza

こうしたことから「ハイレバレッジの取引はやはりスキャルピングを中心にして売買する」ことに大きなメリットが生じることになります。

 

もちろん作ったポジションがそれ以上に利益がでそうならば、数分でなくもう少し引っ張って保有することもありえますが、基本をスキャルピングに徹することとして売買するのはかなりリスクの少ない売買行うことが可能にしてくれるといえます。

 

また上述のように証拠金がかなり少なくて済みますので、一回の取引枚数を増やしたり、買い増ししたりすることで短時間にかなり大きな利益を上げることも可能になります。

方向感があって利益がでそうなときには、すかさず買い増しをすることで利益を倍増させることも可能になります。

 

ただし、このハイレバレッジをうまく使いこなすためには、売買した方向が間違ったと思ったときにはとにかく躊躇なく一旦損切りをして入りなおすという習慣をつけることが重要です。

 

実は戻りを待つような日本人のFX個人投資家がよくやるような方法を取るのは非常に危険です。

 

ナンピンでポジションを追加するのも一定のルールで行うのは仕方ありませんが、闇雲なナンピンは25倍程度の取引に比べるとリスクが強烈に高まりますので、絶対やらない習慣をつけることが重要です。
スプレッドの大きなハイレバレッジでのスキャルピング取引は、とにかく「動きのあるときにやるのが大前提」になります。

 

まったく動かないのに、無理してハイレバレッジで市場に参入するのは決していい結果をもたらしません。

 

日常的にFX取引をする習慣がついてしまいますと、相場がどのような状況であれ、とにかく参入して売買することが当たり前のようになってしまうことが往々にしてありますが、ハイレバレッジをうまく利用するなら動かないときには絶対やらないことも基本的な姿勢になります。

 

儲けられる相場環境ならば、ハイレバレッジはその威力を如何なく発揮してくれることになりますが、うまく利用できないときにはやらないというのも非常に重要な取引姿勢になります。

 

また重要な経済指標が発表になって、相場がどちらに行くかわからないといったリスクの高い時期も無理して利用しないのが鉄則です。

 

通常のレンジ相場がハイレバレッジにとっては、もっとも利益が出しやすい時期であることをしっかり認識して有効利用するのがお勧めとなります。

 

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。