追証を求められない海外FXは便利

xm-kouza

追証を求められないゼロカットの海外FX業者は本当に便利

 

国内のFX業者は金融庁の厳しいお達しのために、マージンコールや強制ロスカットなどのプロセスの導入が義務付けられていますが、海外FX業者の場合、

簡単に入金できないこともあって、
とにかく証拠金がなくなるまで追証を求められない、
俗に言うゼロカット方式をとっているところが殆どとなります。

 

ゼロカット方式のリスク

 

追証を求められないわけですから楽といえば楽ですが、ただ、本当に証拠金が一銭もなくなるまで減っていきますので、

実際に使って見ますと、それほど大喜びする内容でないことがわかりますし、
まずなにより証拠金をそこまで減らさないように損切りしていく手法を身につける必要があることを痛感させられます。

 

とりわけ、高レバレッジの場合には、普通のストップロスよりも、よりタイトに設定していかないと大きな含み損を出してしまいますので非常に損切りに気をつかうことを余儀なくされるようになります。

 

こうした小まめな努力をしていきませんと30銭程度動いても驚くほどの損失がでることがあるので要注意となります。

 

海外FX業者で大きなレバレッジを利用するなら損切に慣れてから
やはり海外FX業者で大きなレバレッジを利用するのであれば、国内FX業者を利用してそれなりに実地のFXトレード経験を積んでからがお勧めということになりますし、
損切りについて自主ルールをしっかり守れるひとが使うべきものということもできます。

 

ストップロスをうまく使いこなせませんと本当にすべての証拠金を毎回失うことになりますので、注意が必要です。

 

またボラティリティが高い時にはあえてポジションは持たないといったFX取引姿勢を貫くことも重要です。

 

常にFXをやっていますといつもポジをもっていたくなる衝動に駆られますが、危ないと思ったときにはあえて取引をしないという勇気も必要になってくるのです。

 

こうした自己規律のしっかり実現できるFXトレーダーは海外FX業者を利用しても確実に利益を確保していくことができるようになるというわけで、それなりの技術と厳しい自己規制の感覚を問われるのです。

 

ゼロカット方式の最大のメリット

 

このゼロカット方式は海外FX業者がほとんどこれで顧客と契約していることから、証拠金以上の金額はすべて海外FX業者がかぶることになっています。

xm-kouza

例えば、2015年1月のスイスフランの急騰などの為替の大変動が起きた時にゼロカット方式を採用している海外口座であれば、顧客は証拠金以上の負担をすることはなく、損切りできるという最大のメリットがあります。借金をしなくても済むというわけですね。

 

一方、日本の金融庁がやっている顧客保護の場合、たとえば月曜の早朝にスイス中銀みたいなことが起きればFX業者の稼動前なのでロスカットが発動される前に莫大な損失がでて、それを追証という形で請求してくることになりますからまったく安全ではないのです。

 

一体どちらの仕組みが顧客思いなのかということが、焼け野原のような事態になるとはじめて分るというわけですね。

 

ゼロカット方式を採用している海外FX会社の紹介
海外FX会社はゼロカット方式を採用している会社がほとんどです。

 

ただし、ゼロカット方式など、日本の金融商品取引業のルールとは異なる方式を使っている海外FX会社は日本の金融商品取引業の登録を受けていません。

ゆえに、悪徳業者がいるのも事実です。最近よく耳にするバイナリーオプションを提供しているバイナリー業者を中心に悪徳業者が増えており、出金ができない等のトラブルが起きています。

 

ですので、海外のFX業者を利用するには一定のリスクが伴います。

海外のFX会社でも日本の金融商品取引業の登録を受けている業者を選べばいいのですが、その場合、

国内FX会社と同じく、ゼロカット方式は採用されず、レバレッジ25倍規制になってしまうため、海外FX業者のメリットが失われてしまいます。

 

すなわち、日本国内のFX会社ではゼロカット方式を採用しているFX会社はありません。ですので、
ゼロカット方式を採用しているFX会社で口座を開きたい場合はどうしても海外FX会社を使わなければならず、リスクが伴います。

海外のFX会社の中ではXM口座が評価が高いようです。
XEMarketsは審査が厳しいとされている英国(キプロス)の金融業者登録を受けています。(FCA (FSA, 英国), に登録番号538324 )これにより、仮にFX会社が破綻したとしても、一定金額の保証はされるようです。XM口座は海外FX会社の中でも比較的多くの人に利用されているようで、海外FX会社を利用したいという強い希望があるのであれば、XM口座にしておくことをおすすめします。

 

XM口座はレバレッジ888倍まで可、
リクオートなし、
スキャルピング規制なし、
約定力が強い、
ゼロカット方式、
10通貨から取引可、
日本語サポートが充実といった特徴があります。

とはいえ、海外FX会社のリスクを理解して運用するようにしてください。

また、海外FX会社はレバレッジが100倍以上可能というのもハイリスクハイリターンです。リスクを理解して、投資は自己責任でお願いいたします。

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)
最高レバレッジ888倍
少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
XM口座開設は簡単3分⬇︎

 

XM(エックスエム)

clicks.pipaffiliates.com

XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。