米時間給賃金の上昇も物価上昇につながらず・・

米時間給賃金の上昇も物価上昇につながらず・・

先週末発表の米2月雇用統計では就業者数が2.0万人増と2017年9月(1.8万人増)以来の低水準に鈍化した一方、時間給賃金は前年比+3.4%と2009年4月以来の高い上昇率を記録しました。

前月比の時間給賃金も前月の+0.1%から+0.4%へ上昇しています。

昨年までのタカ派志向の強さが目立ったパウエルFRB議長であれば、時間給賃金の記録的な上昇を踏まえ、インフレ期待上昇への警戒感を示していたかもしれません。

しかし、昨晩発表された米2月消費者物価指数は予想を下回り前年比+1.5% 食料品とエネルギー価格を除いたコア指数は前年比+2.1%といずれも前月から低下しました。

すなわち、雇用統計での時間給賃金の上昇が物価上昇につながっていないことが明らかになったことで米FRBの金融政策はインフレ防止など、利上げする正当な理由を失ったことになり、当面の間、政策金利は据え置かれるとの見通しを強めることになりそうです。

食料品価格の物価上昇率をみると。いわゆる家食での食料品の物価上昇率は1.2%に留まる一方、外食が2.9%と大きな開きがあります。

また食料品価格の内訳でもノンアルコール飲料が2.8%と最も高い上昇率を示した一方、肉、魚などは僅か0.6%の上昇と低位安定が見られます。

また、厳冬の影響から果物や野菜などが2.0%と上昇したものの、悪天候の影響がなければ一段と物価を押し下げた可能性もあります。

いずれにしても今回2月の統計から明らかになった時間給賃金の上昇が物価上昇につながらない傾向が今後一段と強まることになればインフレ期待が後退、米長期金利の上昇も限られることになりそうです。

日本の金利低下が一段と進むことが無ければドル円の上値も限られるだけに、引き続き米国のインフレ指標を中心にした経済指標が注目されます。

 

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分