FX あらためて米3月雇用統計に注目

FX あらためて米3月雇用統計に注目

3月22日発表された米3月製造業PMI(景況感指数)が2017年6月以来の低水準となる52.5へ低下、ユーロ圏やドイツ、フランスの景況感指数も軒並み低下したことから世界経済の減速懸念が高まり、安全資産とされる米債やドイツ国債へ資金が向かいNYダウは460㌦安、ナスダックも196Pts安となる中、米10年債利回りは1年2ヶ月ぶりとなる2.41%台へ低下し、米3ヵ月物T-Bill(財務省短期証券)との長短金利差が2007年8月以来11年7ヵ月ぶりに逆転、一般的に長短金利差の逆転はリセッション入りの兆候とされることから世界的な景気減速懸念の中、ドル円も110円割れへ下落しました。

米10年債利回りはその後も低下し、先週27日には2.366%台へ低下、2.42%の3ヵ月物T-Billとの利回り差は-0.054%へ拡大する場面も見られました。

先週末発表された米1月個人消費支出デフレーターは前年比+1.4% コアデフレーターも+1.8%とFRBの掲げるインフレ目標(2.0%)を下回る水準となったことから、3月FOMCでパウエルFRB議長が述べた「インフレの低下圧力は大きなチャレンジであり、インフレの下振れ観測が高まれば緩和政策への転換も検討せざるを得なくなる可能性に言及、さらに先週末29日にはクドロー国家経済会議委員長やトランプ大統領がFRBの昨年12月の利上げを非難、50bps利下げすべきとの発言も聞かれており、29日に解消した米長短金利差逆転が再び逆転に転じるのか、5日発表の米3月雇用統計に対する債券市場の反応が注目されます。

◇今週末の米3月雇用統計の注目点

・就業者数は前月の2.0万人増の反動から17.5万人増へ改善の予想

・2月雇用統計の就業者数の鈍化が一時的な動きと確認できるか注目

・時間給賃金の上昇基調が継続するか、いずれインフレ率上昇につながるか期待?

・長短金利差の解消を継続し、先週の金利差逆転は一時的との認識となるか注目

・FRBの年内利上げ観測を繋ぎとめることが出来るか注目

前月2月雇用統計では、対前年比時間給賃金が+3.4% 対前月比でも+0.4%と上昇したにもかかわらず翌週3月12日に発表された米2月消費者物価指数は予想を下回り前年比+1.5%、 食料品とエネルギー価格を除いたコア指数は前年比+2.1%といずれも前月から低下しました。

雇用統計での時間給賃金の上昇が物価上昇につながっていないことが明らかになったことで米FRBの金融政策はインフレ防止など、利上げする正当な理由を失ったことになり、当面の間、FRBの政策金利は据え置かれるとの見通しが強まっています。

今回の米雇用統計と併せ、堅調な時間給賃金の上昇が継続すれば、先々のGDPの約70%を占める個人消費の追い風になるとの期待もあり、就業者数や失業率と併せ、時間給賃金(予想:前年比+3.4% 前月比+0.3%)や翌週10日発表の米3月の消費者物価指数など一連の指標を受けて米長短金利差の逆転が先週一週間の一時的な現象に留まるのか、再び逆転に転じるのか先々の米国経済の行方を占う観点からも注目されます。

 

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分