海外FXのXMのレバレッジ変更方法と強制的にレバレッジが規制されるケース

海外FXのXMのレバレッジ変更方法と強制的にレバレッジが規制されるケース

 

海外FXのXMのレバレッジ変更方法と強制的にレバレッジが規制されるケース

「最大888倍」の高いレバレッジを利用できることで、日本国内の投資家に人気の高い海外FX業者のXM。XM口座開設したときに選んだレバレッジは、いつでも変更することができます。

手続き方法はとても簡単です。

なおXMでは、自分で変更を選べる以外に強制的にレバレッジが変更になるケース」もいくつかあります。

レバレッジ変更は投資家にとって、取引の証拠金や資金管理に直結するたいへん重要なことですが、どのような影響が考えられるかをすべて正しく理解できているでしょうか。

XMのレバレッジ変更に関するルールは、利用者全員が早い時期に正しく知っておくべき大切なことです。今回は具体例を挙げて詳しく説明したいと思います。

 

レバレッジ規制は、トレーダーを保護するため

「レバレッジの一時的な強制的な規制」国内のFX業者ではほとんど聞いたことがないと思いますが、基本的にこれは、利用者が大きなリスクを負わないようにするためのからの「保護措置」です。

レバレッジ規制は、トレーダーを保護するため

普段は高いレバレッジを提供していますが、大きな為替変動が起こる可能性がある前にはレバレッジを強制的に引き下げることで、利用者が大きな損を被るのを防ぐのです。

この点はさすが利用者の事を考えてくれているXMです!

ただしこの「保護措置」も、利用者側が仕組みを正しく理解していないと、思いがけぬ結果になったことを理不尽に感じてしまうことにもなりかねません。

この機会にぜひ、XMのレバレッジ変更の注意点について詳しく知っておきましょう。

XMでは口座開設当初のレバレッジを変更できる

XMの口座開設のときの選択項目で「レバレッジ」がありました。このレバレッジは、好きな時に変更リクエストをすることができます。

 

・レバレッジは、上げることも、下げることも可能

レバレッジは1倍から888倍の間で、下げるだけでなく上げることも可能です。

自在に管理ができることは、たいへん便利ですね。

基本的には、高いレバレッジで少ない証拠金で取引できれば、資金は少なくて済むので良いはずなのですが、口座残高を多くキープしたまま高いレバレッジにしておくと、大きなロットのポジションを持てることになるため、つい博打的なトレードをしてしまいいつも負けてしまう、という方もいると思います。

このように資金管理が苦手な方は、レバレッジを低めに設定すると、必然的に大きなロットでの取引を制限できることになりますね。

 

・変更は、XMマイページから申請するか、サポートに連絡する

「レバレッジ変更」の実際の手続き方法は、2種類あります。

XMのサイトのマイページにログインして「レバレッジ変更」のリンクからリクエストする方法がひとつ。

この他にXMのサポートに問い合わせて、Eメールやライブチャットでスタッフに依頼する方法があります。

特別口座残高が多い方などは、スタッフが手作業で変更の対応をしているため、スタッフに直接依頼する方法が早くて確実ですが、マイページからのリクエストのほとんどはコンピュータで自動処理されて即反映されます。

(試しにサポートの営業時間外にマイページからリクエストしたら、即変更完了メールが届きました。)

実際にMT4の口座に反映されるのは取引サーバーが動いているときになりますので、このあとご紹介する方法で確認してから、次の取引を開始するようにしましょう。

 

・変更するときには、ポジションの有無と有効証拠金残高を確認して

レバレッジ変更とは「1トレードあたりの必要証拠金が変わる」という意味です。

レバレッジを下げると、必要証拠金が上がります。

この意味をよく理解せずに「低いレバレッジは安全」との偏った知識だけで安易に下げてしまうと、有効証拠金(口座残高)が急激に下がり、保有中のポジジョンを維持できないほどの残高になってしまうことも考えられます。

そうなれば、ポジションはご自身の意に反して強制決済されてしまいます。このため、ご自分の判断でレバレッジ変更をするときには、「保有中のポジジョンがない状態で行う」のがまずは無難です。

 

・設定可能な最大レバレッジの一覧

XMで設定可能なレバレッジの種類は、以下のとおりです。

1倍、2倍、3倍、5倍、10倍、15倍、20倍、25倍、50倍、66倍、100倍、200倍、300倍、400倍、500倍、888倍(現在選択中のレバレッジは、画面には表示されません。)

設定可能な最大レバレッジの一覧

ただし、上記画面の説明にもありますが、リクエストが送られたあとは口座状況を確認され、問題ないときに変更が受け付けられるものであること、理解しておきましょう。

 

・XM Zero口座は最大レバレッジが500倍

なお、「1:888」のハイレバレッジを利用できるのは、「XMスタンダード口座」か「XMマイクロ口座」のみですのでご注意下さい。「XM Zero口座」の最大レバレッジは「1:500」になります。これでも十分高いですけれどね。

取引口座残高によって規制されるレバレッジ

XMには、取引口座残高がUSD 20,000(1ドル120円のとき日本円で約220万円)以上の利用者のレバレッジは「最大200倍」とする決まりがあり、利用者側が高いレバレッジを希望して選択していたとしても、強制的に下げられることになります。

なおこの強制措置は、入金金額がこれ以上のときだけでなく、FXトレードで利益が出て220万円を超えた場合にも適用されます。

888倍ものハイレバレッジで取引をしていると、最初の入金金額が数万円程度だったとしても、残高が一時的に220万円以上に増える、ということは珍しくありません。

現在資金が少なめの方も、自分には関係ないとは思わずに、ぜひ覚えておきましょう。

さらにこの上もあり、USD100,000(1ドル120円のとき日本円で約1,200万円)以上になると、レバレッジは「最大100倍」に下げられます。

 

・なぜXMはレバレッジを下げる必要があるのか?

その理由は「顧客をリスクから守るため」です。口座残高が多い状態でハイレバレッジでの大きなロットで取引を行うと、大きく資金が増える可能性がある反面、口座残高を一気失うほどの損を負う可能性も非常に高いです。

日本におけるFXの一般情報としてよく言われている「80%のトレーダーが負けている」という厳しい現実を考えても、「ハイレバレッジでの大きなロットでのFXトレードをしづらくする」ことで顧客を守れることが考えられるため、このような措置が取られています。

 

なお、これらのレバレッジ変更措置は自動ではなく、スタッフが手動で行っています。

この金額を超えたら即レバレッジを下げられるというわけではありませんが、「どれぐらいの期間、この金額超えた状態だったら下げられる」というところは人による判断のため一概には言えません。

また、事前の予告はされず、変更されてからその旨のお知らせメールが届くだけですので、ポジション管理には注意が必要です。

 

・どのように対処すればよいのか?

日頃から口座残高をよく確認し、これらの金額に近付きつつあるときには注意しましょう。

レバレッジを下げられたくない場合は「一部出金手続きを行う」必要があります。

XMに複数口座を持っている場合は、すべての口座の残高を合算してこの金額になれば規制対象になりますので、別口座へ資金移動するだけでは対処になりません。

なお、実際に変更されてしまったことで困るときは、出金して残高を減らす調整を行ってからXMサポートへ、レバレッジを変更前の状態に戻す申請を行えばよいです。

世界的なイベントの前にはレバレッジが下げられる

各国大統領選挙や議会の総選挙、大きなことを決める国民投票など「為替相場が大きく変動する可能性が高いニュースやイベント」が控えているとき、事前にXMから通知メールが届いて、一時的にすべての利用者のレバレッジが引き下げられることがあります。

これは普段888倍の人も500倍の人も、一律同じレバレッジに引き下げられます。

世界的なイベントの前にはレバレッジが下げられる

どのぐらいのレバレッジになるかは、ニュースの重要度、大きく為替が動くことでの利用者のポジションへの影響度を、XMで検討して都度決められます。

なおこの件での変更措置はスタッフの手動作業ではなく、機械的に一斉に行われます。相場が落ち着くと元のレバレッジになりますが、これもあるとき一斉に機械的に戻されます。

世界の為替変動と日々向き合っている方なら、世界のニュースにも目を向けているはずですので、自然とイベント情報も得られていると思います。

しかし、例えばFXトレードスタイルとして、「主にテクニカル分析を重視して、ファンダメンタルには振り回されないようにしている」というFXトレーダーの方も、XMからレバレッジ規制のお知らせが届くということは相場が大きく動く兆候であること、ぜひ認識しておきましょう。

XMからのメールは、広告や勧誘ばかりではなく、とても大事なお知らせも混じっている認識を持ち、日々チェックするようにしておいたほうがよいと思います。

 

・具体例: 888倍から50倍に引き下げられると、ポジションはどうなる?

レバレッジの変更とは「1トレードあたりの必要証拠金が変更になること」であると、先にも書きましたが、ここで具体的に例を挙げて説明してみたいと思います。

1USD=100円のときに1万通貨1ロットのポジションを持つとして、「レバレッジ888倍」であれば必要証拠金は1,126円です。

「100 円× 10000 通貨 ÷ 888 倍= 必要証拠金1,126 円」

同じポジションが「レバレッジ50倍」のときには、必要証拠金が20,000円になります。

「100 円× 10000 通貨 ÷ 50 倍= 必要証拠金20,000 円」

例えば888倍のときには、口座残高が10,000円あれば、証拠金維持率にも十分な余裕があり安心してポジションを保有できます。

しかし、この状態からレバレッジが強制的に50倍まで下げられると、1ロットの証拠金が20,000円必要なことになり、口座残高10,000円ではポジションを維持できないことになります。

「888倍から50倍に変わった瞬間に強制決済」

口座残高10,000円で運用していたとき、上記の1ロットのポジションが具体的にどうなるかというと「888倍から50倍に変わった瞬間に強制決済」されてしまいます。

直前までに数千円の含み益が出ていたとしても、必要証拠金が足りないためその場で強制決済されて利益が確定します。

 

直前までに数千円の含み損が出ていた場合も同様で、50倍に変更された瞬間のレートで損が確定(損切り)になります。

実際にそんな目に遭ったらイヤな感じがしませんか?そうなる前にご自分で決済をしておいたほうが絶対によいですよね。

以上は、ご自分でレバレッジ変更リクエストしたあとの取引口座についても同様です。また残高管理のためにも、この必要証拠金の計算式はぜひ覚えておくとよいと思います。

・レバレッジ変更予定のお知らせが届いたら、具体的に何をすればいい?

保有中のポジションがある方は、ポジションの整理、決済を検討しましょう。

口座残高を少なめに維持している方は、順調に含み益が伸びてきているとしても、上記の強制決済が起こり得ますので、じっくり計算して追加入金をするのか、ポジションの利益確定をするか、対処したほうがよいでしょう。

また、888倍のレバレッジのまま損切りできなくて塩漬けになっているポジションがあるとしたら、レバレッジが急に下げられるとそのまま強制決済になる可能性も高いです。

また、レバレッジ規制だけが原因ではなく、急激な相場の変動により結局強制決済になることもありますよね。

いずれにしても利用するFX業者の定めるルールを理解して、口座残高の管理とポジションの調整を行うことは、投資家の責任です。このことは常に認識して適正な管理ができるようにしましょう。

実際に、どんなときにレバレッジ規制があったのか。【2017年全事例】

それでは、実際にどのようなニュースやイベントがあったときに、どの通貨のレバレッジがいくらに規制されたのか、2017年の例をご紹介します。2017年は「6回」ありました。

XMから実際に届いた、レバレッジ規制予定のお知らせメールも併せてご紹介します。

№.1 4月12日:トルコ憲法改正国民投票

・「USD/TRY、EUR/TRYレバレッジ20倍

№.1 4月12日:トルコ憲法改正国民投票

№.2 5月3日:フランス大統領選挙(決選投票)
・全ての通貨ペア、ゴールド、シルバー レバレッジ20倍、
・全ての株価指数CFD商品、コモディティ レバレッジ25倍

№.2 5月3日:フランス大統領選挙(決選投票)

№.3 6月6日:イギリス総選挙 
・全GBP通貨ペア レバレッジ100倍
・株価指数の全CFD商品 レバレッジ50倍

№.3 6月6日:イギリス総選挙

№.4 6月8日:フランス国民議会選挙
・全てのEUR通貨ペア レバレッジ200倍 
・ヨーロッパ株価指数CFD商品 レバレッジ50倍

№.4 6月8日:フランス国民議会選挙

№.5 9月18日:ドイツ連邦議会総選挙/ニュージーランド総選挙
・EUR、NZD関連の全通貨ペア、ゴールド、シルバー レバレッジ100倍

№.5 9月18日:ドイツ連邦議会総選挙/ニュージーランド総選挙

№.6 10月16日:日本の衆議院選挙
・全JPY通貨ペア、ゴールド、シルバー レバレッジ100倍
・JPY225 JPY225CAHS レバレッジ50倍

№.6 10月16日:日本の衆議院選挙

そしてこちらは、日本の衆議院選挙後にレバレッジ規制が終わって元のレバレッジ戻ったことを知らせるメールです。

№.6 10月16日:日本の衆議院選挙

XMで現在のレバレッジを確認する方法

MT4の画面では、「ナビゲーター」ウィンドウの「口座アカウント」をポイントするとポップアップが出て確認できます。

XMで現在のレバレッジを確認する方法

XMのサイトのマイページにログインして、「マイ・アカウント」からも確認することができます。

XMで現在のレバレッジを確認する方法

XMのレバレッジ変更方法

実際のレバレッジ変更は、マイページの「レバレッジ変更」からリクエスト送信可能です。希望のレバレッジを選択し、[リクエスト送信]をクリックします。

XMのレバレッジ変更方法

リクエストが送信されました。変更完了メールが届いているか確認しましょう。

XMのレバレッジ変更方法

まだXM口座開設ボーナスを受け取っただけで、入金していない状態の口座の私のところには、間をおかずに完了メールが届きました。

XMのレバレッジ変更方法

では、先にご紹介したMT4でのレバレッジ確認方法で、取引口座に反映されたかを確認して、FXトレードしましょう!

まとめ

レバレッジ変更について、自分でできるリクエストのやり方と、XM側が規制するケースについて、詳しい解説と対処方法をご紹介してみました。

「レバレッジ888倍」を一度選んでいれば安心というわけではないこと、お分かりいただけたと思います。

資金管理やポジション管理についての投資家としての責任、FX業者の決まりを正しく知る責任はすべてご自分にあります。

正しく知ったあとは、XMから提供されている高いレバレッジを上手に活用して、資金をどんどん増やせるFXトレーダーになれるように、がんばりましょう。

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分