FXパッとわかる!米8月雇用統計のポイント

FXパッとわかる!米8月雇用統計のポイント

xm
  • 米4-6月期GDPの高成長を裏付ける堅調な労働市場を確認するか
  • 9月利上げ観測を固め12月再利上げにつながるか注目
  • 米高成長が労働市場の逼迫、賃金上昇に結びついているか

①8月24日、ジャクソンホールの講演でパウエルFRB議長は「米国経済は強く、段階的な利上げが必要」との認識を示した一方、「米国経済が過熱している兆候はない」とも発言。
一方、米4-6月期GDP改訂値は前期比+4.2%、さらに8月の消費者信頼感指数も2000年以来の高水準となるなど堅調な米国経済を確認しており、今回の雇用統計であらためて堅調な労働市場を確認すれば、9月FOMCの利上げ観測を一段と確実にするだけに注目されます。

②米中を中心にした貿易問題の影響が企業の雇用に影響を及ぼしているか、一方4-6月期GDP改訂値では企業の設備投資が上方修正されており雇用増加に結びついているか、強弱双方の材料に対する影響に注意を払う必要があります。

③パウエルFRB議長が「米国経済が過熱している兆候はない」と発言しているものの、今回の雇用統計で企業が優秀な人材確保に向けて時間給賃金を高めるなどの優遇策を進めているのか、時間給賃金(予想:前年比+2.8%)の上昇が顕著となれば9月利上げに加え、年内12月の利上げの可能性が高まる可能性もあるだけに注目されます。

米国の想定される中立金利は2.9%程度と米FRBの利上げも9月以降、来年に向けて天井感も見られるだけに、こうした観測を覆す賃金インフレの兆候など予想以上に強い内容となるか懸念されます。

④先週ナスダックやS&Pは史上最高値を更新したほか、NYダウも1月26日の史上最高値まで1.8%ほどの水準まで上昇、雇用統計の結果に対するNY株式市場の反応が注目されます。

⑤雇用統計の結果に対するドル/円の反応から目が離せません。貿易問題やトランプ大統領のロシア疑惑に絡む報道などに対する耐性を強めつつあり、あらためてファンダメンタルズが注目される相場に回帰するのか注目です。

また、ドル/円は110円台半ばを下値に112円手前のレンジ内取引が続く中、こうしたレンジを抜ける契機となるかも注目です。

米国経済の堅調地合いが継続する一方、英国ではEU離脱交渉に不透明感が残り今週4日から夏季休会明けで再開される英議会での離脱交渉を巡る与野党内の議論の行方も注意が必要です。

先週EUバルニエ首席交渉官が英国のEU離脱に理解を示すような交渉進展に前向きな考えを示したことでポンドが対主要通貨で反発しましたが、その後、伸び悩み反落に転じています。

また、ユーロも8月28日の1.1733ドルを高値に先週末31日には1.1585ドルへ下落するなどドルの対主要通貨での堅調を回復しています。

そのため、クロス円の下落の影響があるもののドル/円は110円台半ばを下値に112円手前を上値とするレンジ内取引が続いています。

こうした状況から脱却できるか、時間給賃金の上昇が予想を上回る堅調な結果となればドル/円は再度111円台半ばを上抜け112円台回復を目指す可能性もあるだけに注目です。

xm-kouza xm-kouza

FX 7月雇用統計のポイント

  • 就業者数は予想を下回った一方、6月、5月は上方修正、3ヵ月平均も22.4万人と堅調
  • 失業率は3ヵ月ぶりに3.9%台へ改善、労働参加率(62.9%)は前月から変わらず
  • 雇用コスト指数の上昇から福利厚生や報酬増など改善が見られ、時間給賃金上昇も継続
  • 製造業の就業者数は3.7万人増と今年最大、貿易摩擦の影響はみられず

総じて堅調な結果となり9月利上げ観測を修正する必要のない内容

米7月の雇用統計では、貿易摩擦の影響が懸念されたものの、製造業の就業者数の伸びが3.7万人増と今年最大の伸びとなったことから市場に安心感を与える結果になりました。

また、注目された時間給賃金(前年比)は3ヵ月連続で+2.7%増と緩やかなペースでの上昇を継続していることが確認されました。

実際、報酬や福利厚生などを含めた所得の実態を反映するとされる雇用コスト指数が7月31日に発表されましたが、4-6月期は前年同期比+2.8%と2008年半ば以来の大幅な上昇となり、企業が福利厚生や報酬面で優遇するなど他社との差別化を進めるなど労働条件の改善を示すもので、労働力確保に積極的な企業の動きの表れだと言われ、いずれ賃金上昇につながる兆候として注目されるデータの一つとされました。

一方、貿易問題を巡るコスト増や労働コストの増加が企業収益へ悪影響を及ぼすことがないか注目されます。

 

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分