FX海外時間に逆張りは禁物

xm-kouza

FX海外時間に逆張りは禁物、かならず順張りでついていくことが負けない鉄則

 

日本人FXトレーダーはとにかく逆張りが好きですが、
世界的にはインターバンクもヘッジファンドなども順張りで相場についていくことを基本としており、
日本人FXトレーダーとは感性がかなり異なるのです。

日本人は平均・普通であることを好む国民性から来ている戸も言われます。逆に外国人は個性を重視し、平凡から外れているならとことん突き進んでいいという考え方から来ていると言う見方もできるのです。

FXで儲けている人は大体が順張り型です。

xm-kouza
これは短期FXトレードの人が多いことにも由来しています。
為替相場における短期FXトレードでは、流れに逆らわないことが重要であると言えます。

 

海外時間は意識して順張りにつとめること

 

ロンドンタイム以降の海外時間主体で取引をしていくことを考えるのであれば、確実に順張りで相場についてく習慣をつけることが必要になります。

外人勢、とくに海外のインターバンク勢は順張りで思い切り相場を買い上げたり売りつぶしてきたりするため、多くの取引がオーバーシュート気味に動くことになるためです。

日本人FXトレーダーが考えるようなレベル感での逆張りは悉く串刺しに合う可能性があるので
十分に注意が必要になるのです。

 

とくにユーロドル、ポンドドル、ユーロポンド、ポンド円には注意が必要
こうしたオーバーシュート気味に動く通貨はユーロドル、ポンドドル、ユーロポンド、ポンド円に顕著に現れることとなります。
したがって一度動きだしたら動いた方向について行くのが間違いのないFXトレードとなるのです。

 

売買の方法を間違ったと思ったらすぐに損切り、ドテンが基本
こうした動きですから、相場の動きとさかさまであると気がついたときにはすぐに損切りをしてエントリーしなおすことが重要になります。
とくにロンドンタイム、日本時間の午後4時以降は気をつける必要があるといえます。
それまでにポジションを持っている場合には、スイングトレードのようなロングレンジの取引以外は一旦ポジションを手仕舞って、あらたに動きにあわせてポジションを作っていくといった工夫も必要になるのです。

 

ロンドンタイムからNYタイムにさらなる揺り返しも
ロンドン勢が動かした方向は、NYタイムになるとさらにNY勢によってひっくり返されることもあるので、
このあたりは時間とともに注意が必要になってくるのです。
NY勢はまた動き始めた方向に思い切り売買を伸ばそうとしていきますので、ロンドンタイムとは正反対の動きになることもしばしばあります。

 

こうした動きは毎日相場をチェックしていると流れが変わる時間帯というのもだんだんとわかるようになってきますので、あきらめずにしっかり為替相場を見続けていくことが重要になるのです。

 

ただ外人勢は絶対逆張りをしないというわけではありませんので、
あくまで相場を見ながらポジションの傾け方を考える必要があります。

 

外人勢は日本人勢とFXトレードの仕方がかなり異なる
全体的に言えることですが、日本人のFXトレードと外人のFXトレードはかなり異なります。

 

よく言われることですが、インターバンクのプロの世界でも外人のディーラーが日本に来ると当面うまく売買ができなくなると言います。

 

それほど売買の仕方が違うのです。逆に日本人ディーラーが海外拠点で売買をすると使い物にならないケースもあるということです。

 

全般的に順張りを心がけるインターバンクの中であっても人種によって売買スタイルは結構異なるものになるわけですから、われわれ日本人の個人FX投資家が彼らと決定的に違っても不思議はありません。
しかしFXはいかに個性を主張しても儲からなければ何もなりません。

あくまで市場についていく工夫をすることが重要になることを肝に銘じてFXトレードしていきたいものです。

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)
最高レバレッジ888倍
少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
XM口座開設は簡単3分⬇︎

 

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。