FX アップルショックから回復か? 29日のアップル決算に注目

FX アップルショックから回復か? 29日のアップル決算に注目

 

年初1月2日のNY市場の取引終了後、米アップルが中国経済の減速を背景に売上高見通しを下方修正、1月3日のドル円の105円割れへ急落した一因となりました。

来週1月29日にはアップルの10-12月決算が発表されるだけにNY株式市場への影響も含めて注目されます。

今週はアップルなどスマートフォンの販売低迷の影響による半導体メモリーの在庫増や価格低下が懸念される中、大手半導体メーカーの決算が注目されました。

23日のテキサスインスツルメントの決算は1-3月期の決算見通しに慎重な見方を示したほか、昨晩のNY株式市場の引け後に発表したインテルの決算では中国の需要低下やクラウド関連の減速を背景に売上高や収益見通しが市場予想を下回った一方、純利益は52億㌦と前年の6.87億㌦の赤字から回復、一株利益も市場予想を上回る結果となりました。

その他、半導体製造大手のラム・リサーチやテラダインも1-3月期見通しを前年同期比マイナスの予想を示しました。

しかし、決算から一夜明けたテキサスインスツルメントの株価は7%上昇したほか、ラム・リサーチ(16%)やテラダイン(13%)の株価もそれぞれ上昇、同業のザイリンクスの株価も18%を上回る上昇となりました。

昨晩のNY株式市場ではNYダウが22㌦安となった一方、ハイテク株中心のナスダックは47Pts高と続伸して取引を終えています。

ナスダックは8,107Pts(10月2日)の高値から下落基調を続け6,190Pts(12月24日)へ大幅に下落、この間の下落率は約23%と高値から20%超の下落率となり、調整局面に入りました。

しかし、先週末18日には7,185Ptsへ上昇、8,107Ptsと6,190Ptsの半値水準にあたる7,149Ptsを回復、今後、61.8%戻しの水準にあたる7,375Ptsを回復できるか注目されます。

米中間で第5世代(5G)通信を巡る覇権争いが続く中、5G関連機器向けの半導体需要が伸び続ける見通しも聞かれるなど今後の半導体需要の伸びも期待されます。

アップルの株価も1月3日の142㌦を下値に先週末18日には153㌦台まで反発、底入れするか注目されます。

来週29日に発表されるアップルの10-12月期決算、さらには先行き見通しで新たな悪材料が公表されなければナスダックの一段高につながる可能性もあるかもしれません。

NY株式市場は昨年秋以降続いた半導体関連銘柄を中心にした下落による調整局面から本格的に脱することができるか、アップルの決算は大きなポイントになるかもしれません。

決算次第ではリスク選好の動きが再燃する可能性もあり、ドル円の110円台定着につながるか為替市場からも注目されます。

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分