FX トルコ安が止まらない

FX トルコ安が止まらない

昨晩トルコリラは対ドルで4.3376リラまで下落、トルコ円も25円14銭まで下落するなど連日のように史上最安値を更新するトルコリラですが、今朝8時半過ぎに対ドルで4.3495リラ、トルコ円も25円05銭まで、それぞれ安値を更新するなどトルコ安に歯止めがきかない状態です。

4月25日にトルコ中銀は二桁台まで上昇したインフレ率の抑制のために昨年12月以来となる政策金利引上げを決定して以降もトルコ安が続いています。

しかし、この時の利上げは主要金利の内、事実上の上限金利としている「後期流動性貸出金利」を12.75%から13.50%へ0.75%引き上げた一方、一週間物レポ金利を8.0%、翌日物貸出金利を9.25%、翌日物借入金利を7.25%にそれぞれ据え置いた中での上限金利の引上げに留まりました。

この「後期流動性貸出金利」とは各営業日の午後3時から午後4時までの1時間だけ適用される金利で、単に利上げといっても市場への影響は限られると言われるものです。

エコノミストらの見解を借りると「一週間物レポ金利」の引上げが必要とされます。しかしエルドラン大統領が「金利の敵」と自認するなど利上げに反対するばかりか、利下げを主張する独裁的な大統領であるといった政治的要因によって、トルコ中銀が機動的に利上げに踏み切れない、といった事情も影響しているようです。

実際、2015年1月にエルドアン大統領がトルコ中銀に利下げ圧力をかけ、予想外の利下げによってトルコリラの下落を招いた事例もありました。

今回のトルコリラ安、背景として

  • 米長期金利の上昇により新興国市場からの資金流出などリラ安の圧力の高まり
  • トルコの貿易赤字の約50%が原油関連であり、原油高による貿易赤字拡大
  • トルコはもともと経常赤字国、原油高による対外収支悪化、財政基盤の脆弱さが懸念
  • 5月1日に格付け機関S&Pがトルコ国債の格下げを発表(Moody`sは3月に格下げ)
  • 5月8日に原油価格が70ドル台へ上昇・昨晩の米国のイラン核合意破棄、経済制裁によりイラン原油取引制限、原油高進行懸念

 

その他にも昨年10月にはトルコが米領事館の職員へのクーデターに関与した疑いで逮捕したことに米国が反発、米大使館がトルコ国民へのビザ発給を停止、さらにトルコも対抗策として米国民へのビザ発給を停止するなど米国との関係悪化もリラ安に影響しました。

さらに昨年の同時期に独メルケル首相がトルコへの資金援助に対し、人権問題を理由に削減を検討するなどドイツとの関係悪化も取り沙汰されています。

トルコリラ反発の条件は

  • 一週間物レポ金利の引上げ
  • エルドアン大統領の独裁的政治手法の改善
  • インフレ率の低下や原油価格の天井を確認し60ドル台前半から50ドル台へ下落
  • トルコ最大の輸出国であるドイツとの関係改善・米長期金利の低下、ドル高の修正

 

などが考えられます。仮にトルコリラが対ドルで4.5リラ、ドル円が110円と仮定するとトルコ円は24円台半ば、ドル円が109円と仮定すると24円台前半となりますが、このあたりで下げ止まるか注意して見ていく必要がありそうです。

 

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分