FX 今週ここまでの振り返りと来週の注目点

FX 今週ここまでの振り返りと来週の注目点

先週末1日、米税制改革法案の議会上院での可決を期待したドル円は112円87銭まで上昇したものの、フリン前大統領補佐官がトランプ大統領の指示によりロシア側と接触したとの証言を行うとの報道を受け111円40銭まで下落しました。

 

しかし、態度を保留していた共和党議員の一部が税制改革法案に賛成の意向を示し、成立への期待が高まったことで反発、112円29銭で先週末の取引を終了しました。

 

その後、2日未明に米議会上院で税制改革法案が可決したことから、週明け4日のシドニー市場で112円98銭まで上昇したドル円は、税制改革法案が企業収益やインフレ期待を高め、FRBの利上げペースが早まる可能性を指摘され長期金利が上昇したため、113円09銭の高値を付けました。

 

しかし、税制改革法案の年内成立への期待から300㌦超上昇したNYダウがハイテク株を中心に利益確定売りに押され1%超下落、取引終盤にかけて56㌦高まで上げ幅を縮小したことからドル円も112円36銭まで下落しました。

 

その後は112円台前半から後半の一進一退で推移したものの、トランプ大統領が米政府として、エルサレムをイスラエルの首都として認定したことで中東情勢の緊迫化が懸念されるほか、中国政府の貸出規制、債務圧縮による先行きの成長鈍化懸念から銅価格先物が大きく下落しました。

 

こうした中、6日の日経平均は一時500円超下落、終値でも445円安と今年最大の下げ幅を記録するなどリスク回避志向が高まりドル円も111円99銭まで下落しました。

 

それでも、その日の欧米株式市場は冷静に対応、NYダウやS&Pは小幅な下落に留まり、ナスダックは反発、過度な悲観的見方は徐々に後退する中でドル円も112円台前半での底堅さをあらためて確認することになりました。

 

今回のトランプ大統領によるエルサレムをイスラエルの首都と認定したことを懸念する各国からの提案により、召集される今晩の国連安全保障理事会の行方が注目されます。

 

一方、米税制改革法案の年内成立期待が高まる中、成立後の企業収益の上振れに対する期待があらためてNY株の支援材料となることで見直し買いが観測されるなど米株価指数は高値圏で推移しています。

 

また、連邦政府の債務上限が9月6日から暫定的に12月8日まで延長されていた予算案の更なる延長が下院で可決、上院でも可決される見通しとなったことから8日午前中の東京市場のドル円は113円07銭を下値に日足・雲の上限(113円37銭)を上抜ける113円39銭まで上昇しています。

 

今晩発表される米11月雇用統計を受けて一段高となれば年末に向けて115円回復を目指すことになるかもしれません。

 

今晩の雇用統計を受けて来週の為替市場がドル高を継続できるのか注目ですが、13日午前4時(日本時間)のFOMCでは市場予想通り0.25%利上げが確実視されるだけに、午前4時30分からのイエレン議長の会見で来年の金融政策や米国経済の見通しがどのように示されるか注目です。

 

その他、米消費者物価指数や小売売上高に対する反応も気になるところです。

一方、ECB理事会では最近の欧州の主要経済指標が示す景況感の改善や成長率の安定的な上昇への期待が高まる中、来年から開始される債券買入れ縮小とそのペースを中心にした出口戦略と景気見通しについてのドラギ総裁会見に対するユーロの反応が注目されます。

 

また、英EU離脱交渉期限が迫る中で交渉の進展に合わせたポンドの反応も注目です。

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分⬇︎

 

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。