FX 今週の振返りと来週の注目点3月12日〜3月16日

FX 今週の振返りと来週の注目点3月12日〜3月16日

平昌オリンピックを機に北朝鮮問題の緊張緩和への期待が高まったのも束の間、日米ともに政治的な問題が噴出したことで地政学リスク緩和への道筋にも水を差しかねない状況になりつつあります。

さらに欧州ではドイツでメルケル首相率いる連立政権が発足した一方、イタリアではポピュリズムを謳う『五つ星運動』が連立構想に影響を及ぼすなど不透明な状況です。

加えて英国では元ロシア情報員暗殺未遂事件に関して英国とロシアとの報復合戦の様相も伝わるなど政治的な問題が露呈した一週間だったようです。

先週末の米雇用統計は失業率が予想を下回ったものの5カ月連続で4.1%とほぼ完全雇用の状態にある中で就業者数が予想以上の拡大を示し製造業、サービス業、建設業など幅広い分野での雇用拡大を確認しました。

一方、時間給賃金(前年比)が前月から鈍化したことで急速なインフレ加速への懸念が後退したことからナスダックが史上最高値を1ヵ月半ぶりに更新するなど「適温相場」回帰への期待も広がりました。

しかし、先週のコーンNEC委員長の辞任に続き、今週はティラーソン国務長官を解任、さらにマクマスター大統領補佐官やムニューシン財務長官の辞任・解任観測も聞かれるなどトランプ政権の主要閣僚がホワイトハウスから距離を置く事態が後を絶たない状況です。

今秋の中間選挙に向けて所得税恒久化やキャピタルゲイン減税策などが検討されるなど勝利に向けた動きによってトランプ政権の強硬姿勢を強め、通商政策においても保護貿易主義を主張し続けることで、対中国やEUを敵視し過ぎることで世界の均衡が不安定になりつつあり、対立激化への懸念が金融市場の不安定さに影響を及ぼしています。

一方、日本国内でも森友問題を巡り財務省や安倍政権への批判が日増しに高まり、予算審議が停滞、安倍政権への影響が5月までとされる米朝会談の地均しとして期待される4月上旬に予定されている日米首脳会談の具体的なスケジュールも決まらない状況です。

米消費者物価指数は予想通りの結果に収まり、賃金上昇率と共にインフレ加速懸念が後退、さらには小売売上高が2ヵ月連続で前月比マイナスとなるなど、税制改革による個人消費への効果が表れておらず、米10年債利回りも2月21日の2.95%をトップに今週は一時2.80%へ低下しました。

本来であればイエレン前FRB議長と同様に緩やかな金利上昇による「適温相場」継続からNYダウもナスダックを追随して史上最高値の更新が期待されるところですが、トランプ大統領の政権運営に対する不透明感がそれだけ大きいのかもしれません。

来週も引続き政治問題が金融市場に及ぼす影響に注意しながら神経質な展開が継続しそうです。一方、パウエル氏がFRB議長に就任して初となるFOMCでは予想通り利上げが確実視されるものの、先行きの金利見通しや景気見通しで昨年12月に示された年3回の利上げ予想が年4回に上方修正されるのか注目されます。さらにパウエル議長の会見でインフレ見通しについての発言に対する金融市場の反応にも注意が必要です。

また、豪中銀政策委員会議事要旨公表や英中銀政策委員会での利上げ時期を巡る詳細が注目されるほか、波乱なしと予想される18日のロシア大統領選の結果にも警戒感が殆ど見られないだけに要注意かもしれません。いずれにしても主要各国の政治的問題が落着きを取戻し、ファンダメンタルズをベースにした金融市場に落着くことが望まれる中でドル円は今週これまでの105円79銭から107円30銭の上下いずれに抜けるのか、明確な方向感が示される展開が待たれます。

 

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分