FX 今週のFOMCでは9月時点からの変化に注目!

FX 今週のFOMCでは9月時点からの変化に注目!

ドル円は113円台前半で値固めに掛っているように見えながらも113円台後半から114円台前半にかけてはドル売り観測も聞かれ上値も重くなっています。

 

市場は日本時間14日午前4時に公表されるFOMCの結果に対する反応を見極めたいとして様子見姿勢が強まっているようです。

 

特にFOMC後、今回が最後となるイエレンFRB議長の会見で来年以降の米国経済や金融政策についてどのような認識を示すのか注目されFOMC委員が示す先々の成長率見通しや政策金利見通しにも注目が集まっています。

 

9月FOMCでは、FRBが保有する米国債や住宅ローン担保証券などを10月から減額し、バランスシートの圧縮に動くことを決定、当初は月額100億㌦ペースで減額し、最終的に500億㌦ペースまで減額幅を引き上げることになりました。

 

また会見でイエレン議長は「景気が著しく悪化した場合にのみ、縮小計画を見直すものとし、緩やかに、かつ予測可能なペースでの縮小」との考えを示しました。

さらにFRBは成長率、失業率、インフレ率、政策金利見通しを以下の通り示しています。

今回のFOMCで上記の9月FOMC時点の見通しがどのように変更されるのかが最大の注目となります。

メンバー16名の内、11名が2017年末までに政策金利を1.25%~1.50%の水準が適切との見方を示しており、今回、市場予想通り0.25%の利上げが実施されれば9月時点の見通しに沿った結果となります。

9月FOMC後の会見でイエレン議長は「インフレ率低下は依然として謎である。インフレ率を押下げた要因が持続的なものか見極めることが重要であり、必要ならば政策金利見通しを変更する用意がある」とも述べていました。

 

イエレン議長の指摘通り、米国の7-9月期GDP成長率は前期比+3.3%と4-6月期の+3.0%に続き、2四半期連続で3.0%を上回る成長を記録したほか、失業率も2ヵ月連続で4.1%とほぼ完全雇用の状態にあります。

 

こうした状況の一方で、個人消費支出コア価格指数(デフレーター)は前年比+1.4%、さらに13日に発表される米11月消費者物価指数(コア・前年比)も10月(+1.8%)と変わらずの+1.8%予想とFRBの物価目標(+2.0%)を依然下回っています。

 

米議会は税制改革法案の年内可決に向けて上下両院の調整を進めています。

3.0%を上回る成長が続く中で税制改革法案が成立すればインフレ期待が高まることが予想されるだけに、FRBの金融政策にも影響を及ぼす可能性があります。

 

今回のFOMCは、9月時点の見通しからどの程度の上方修正があるのか、債券・株式市場の反応を踏まえながら、ドル円が114円~115円台回復を目指すきっかけになるのか注目です。

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分⬇︎

 

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。