FX 原油価格上昇が個人消費に悪影響を及ぼすか、見極めが必要

FX 原油価格上昇が個人消費に悪影響を及ぼすか、見極めが必要

 

先週10月3日のNY原油価格は一時2014年11月以来の高値となる76.90㌦へ上昇、今後80㌦台回復の可能性が高まったほか100㌦に迫るとの見方も一部から聞かれています。

9月下旬に米国とカナダがNAFTA(北米自由貿易協定)で合意したことで米国経済の堅調に対する悪影響への懸念が後退し、原油需要の停滞懸念への不安が緩和されたことが原油価格上昇ペースを加速させたと言われています。

さらに、米国のイラン原油への制裁復活が11月5日に迫る中で、9月下旬にサウジアラビアなどの産油国が増産に否定的見解を示したことで需給面への懸念が高まったことも影響しました。

11月以降、平均気温の低下とともに暖房需要が見込まれる季節的要因も加わると、年内にも80㌦台回復を予想する超えが高まっています。

しかし、米国は世界1位の原油消費国である一方、米国はシェールガスも含めて産油国でもあります。

今年6月にダラス連銀のカプラン総裁は米国の産油量が以前に比べ増加しているほか、企業の省エネ意識の高まりもあり、原油価格上昇による米国経済への影響はそれほど大きくない、との考えを示していました。

原油価格上昇によるインフレ率上昇も米長期金利の上昇に影響を及ぼしていますが、家計消費に占めるガソリンなどのエネルギー関連への支払い金額の増加が個人消費全体に悪影響を及ぼすかが米国経済への影響を見極める上で注目されることになりそうです。

来週15日に発表される米9月小売売上高や今月末29日に発表される米9月個人消費支出などを見極めるまでは過度な懸念も楽観も禁物かもしれません。

 

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分