FX 急激なFRB金融政策変更の弊害?

FX 急激なFRB金融政策変更の弊害?

 

3月21日のFOMCでも12月時点での年内2-3回の利上げ観測から一転、3月7日のECB理事会での決定に続き、FRBでも年内利上げ見送りの公算が高まったほか、今年の政策金利見通しやインフレ見通しも12月FOMC時点から下方修正されました。

政策金利見通し(ドットチャート)でも17日のFOMC委員の17人の内11人が年内据置きを予想、12月時点では年内2回の利上げ予想が5人、年内3回の利上げ予想が6人と比較しても急速な変更に至った点は大きな驚きとの感想につながりました。

加えて資産縮小の今年9月での終了する意向を明らかにするなどハト派寄りの金融政策の姿勢を一段と強める格好となりました。

12月FOMCでは「段階的利上げの継続」が示されていたものの1月には「忍耐強い様子見」へ転換、さらに今回の決定について市場では「忍耐強く、政策金利を据え置くことが妥当」へ一段と踏み込んだとの見方も聞かれています。

パウエルFRB議長は会見の中で「米国経済の見通しは明るい」との発言が聞かれたもののトランプ政権による減税効果による景気拡大は見込めず、昨年のような高成長は難しいと見られています。

今週28日に発表される米10-12月期GDP確報値は改訂値(前期比+2.6%)から+2.4%へ下方修正されると見られており、1-3月期は一段の低下となりそうです。

また、パウエルFRB議長は米2月雇用統計での時間給賃金が前年比+3.4%と2009年4月以来の高い伸びを記録したにもかかわらず、2月消費者物価指数は前年比+1.5% エネルギーと食料品を除いたコア指数でも+2.1%に留まるなど物価上昇につながらない点について触れ,「インフレの低下圧力は、大きなチャレンジ」として、インフレ見通しの下振れ観測が高まれば緩和経の転換も検討せざるを得なくなるなど低金利下での金融政策の難しさを示した発言とも受け止められました。

FRBの金融政策見通しでは年内の利上げ見送り、来年2020年に1回の利上げで頭打ちとなるとの予想が現実的といえそうです。

FOMCを受けてのNY株式市場では、20日のNYダウが長期金利の低下を嫌気した金融株の下落などを背景に141㌦安、21日には切り返し216㌦高と反発したものの、22日には460㌦安と大幅に下落、ナスダックも196Pts安、S&Pも54㌦安と揃って大幅に下落しました。

22日には日本の10年債利回りが2年4ヵ月ぶりの低水準となる-0.007%へ低下、さらに独3月製造業景況指数が2012年8月以来の44.7と好不況の節目とされる50.0を3ヵ月連続で下回ったほか、ユーロ圏の製造業PMIも47.6と2カ月連続の50.0割れ、独10年債利回りは2016年10月以来となる-0.017%とマイナス圏へ低下しました。

こうした中で米3月製造業PMIも2017年6月以来の52.5へ低下、米10年債利回りも一時昨年1月以来となる2.41%台へ低下したほか2.439%で取引を終えた米10年債利回りに対し、米3ヵ月物T-Bill(財務省短期証券)はこれを上回る2.452%と2007年8月以来、11年7か月ぶりに長短金利差の逆転となりました。

仮に3月FOMCで政策金利見通しがこれほどまでに下方修正されることがなかったら・・・しかし、一方米5年債利回り(21日:2.341%⇒22日:2.242%)、30年債利回り(2.967%⇒2.874%)へ逆に金利差は拡大(0.626%⇒0.632%)、どういうことか?市場は既に足許の低金利の長期化を織り込む動きを見せているだけに、今後、低金利の長期化がいずれ企業の設備投資など景気を刺激すると先々を見据えた動きも見られているということかもしれません。

NY株式市場では先週21日にナスダックが7,838Ptsと昨年10月4日以来の高値まで上昇したほか、S&Pも2,854㌦と昨年10月9日以来の高値まで上昇したものの、金利低下を好感したNY株式市場の上昇は期待できず、むしろインフレ期待の後退や景気減速への懸念が上値を抑えることになるかもしれません。

再来週からの米主要企業の1-3月期決算がどのような結果となるか、さらに今週28-29日に北京で再開される米中通商交渉の行方に大きな前進が見られるか、トランプ大統領の再選に向けた足掛かりにつながるか注目されます。

米長短金利差逆転が一過性に留まるか、今週28日の米10-12月期GDP確報値や29日の米個人消費支出のほか、複数の地区連銀総裁やFRBのクラリダ、クオールズ両副議長、ボウマンFRB理事らの講演が注目されます。

ドル円は109円台後半へ下落し、一目均衡・日足・雲の上限(109円95銭)を下回る水準へ下落、このまま、雲の上限を上値抵抗として雲の下限(109円34銭)を目指して一段安となるのか、平成最後の一波乱?を一過性に留めることができるか、FRBの金融政策を巡る先行きに対する発言や米債券市場の行方がカギを握るのかもしれません。

 

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分