FX 意外と知らないECB理事会

FX 意外と知らないECB理事会

米FRBのパウエル新議長になって初のFOMCが3月20-21日に開催されます。

税制改革の影響によるインフレ加速を未然に防ぐためにも年3回の利上げペースが年4回に修正される可能性があり、今週末9日の2月雇用統計で時間給賃金(前年比)が前月同様に市場予想を上回るのか焦点の一つとなっています。

米雇用統計発表の前日8日にはECB理事会が開催されますが、FRBでは各地区連銀総裁がハト派なのかタカ派なのかなど個別のメンバーが見えやすいのに対し、ECBはドラギ総裁の発言が圧倒的な影響力を及ぼしているだけに、ECB理事会が役員6名のほか、各国中銀総裁19名の25名で構成されていることすらあまり知られていないのではないでしょうか?

さらに19名の各国中銀総裁の内、ECB理事会での政策決定に携わる投票権を持つのは15名に限られています。

また、投票権を持つ役員6名(総裁、副総裁、4名の理事)は同じ国の出身者が2名以上にならないという暗黙の了解があり、2011年11月にイタリア出身のドラギ総裁が就任した際、当時のスマギ理事がイタリア出身だったことから任期満了前の11年12月に退任しています。

さらにイタリア出身のドラギ総裁をサポートするコンスタンシオ副総裁(ポルトガル)は今年5月末で任期を迎え、後任にはスペインのデキンドス経済相が内定しています。

来年10月末に任期を迎えるドラギ総裁の後継では、過去一度も総裁を選出していないドイツのバイトマンドイツ連銀総裁が次期総裁候補の一人として有力視されていますが、仮に就任した場合にはラウテンシュレーガーECB理事がドイツ出身者であることから2022年1月の任期終了前に退任することになりそうです。

次期総裁候補の一人であるバイトマン氏はタカ派寄り過ぎるということで、ほかにもオーストリア中銀ノボトニー総裁やフィンランド中銀リーカネン総裁、アイルランド中銀レーン総裁らの名前が挙がっています。

ECB理事会の政策決定で重要視されるのが『物価安定の維持』で、具体的には『ユーロ圏の消費者物価指数の前年比上昇率が2%未満だがその近辺にあること』とされています。

こうした中で2月28日に発表されたユーロ圏2月消費者物価指数は前年比+1.2%と1月(+1.3%)から小幅に低下しており、最近のユーロ高が影響した可能性があります。

ユーロ圏消費者物価指数(前年比)

ユーロ圏消費者物価指数(前年比)

一方、ドイツ最大の労働組合IGメタルが賃上げで妥結したことから、ドイツでは物価や賃金に底入れの兆しもあるとされています。

8日のECB理事会では、ユーロ高によるユーロ圏経済への影響や物価見通しについてどのような見解が示されるのか、さらにはフォワードガイダンスの見直しについて言及するのか注目です。

 

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分