FX 来年の再選を目指し譲歩?トランプ大統領の一般教書演説

FX 来年の再選を目指し譲歩?トランプ大統領の一般教書演説

昨日行われたトランプ大統領の一般教書演説、新たな材料はなかったと冷ややかな見方の一方でトランプ大統領自身、2020年大統領選再選に向け、終始、融和や譲歩を印象づける発言が目立つ内容となりました。

日本の首相による国会での施政方針演説で野党側から野次が飛ぶことは見慣れた光景ですが、米大統領による一般教書演説に野次は許されず、権威あるものとされています。

演説の途中、トランプ大統領が南米からの集団移民について話を始めた際、民主党議員からざわめきが起こりましたが、大統領の後ろに座るペロシ民主党下院議長が片手を軽く挙げ、ざわめきを制しながら、トランプ大統領の不法移民の問題について話を進める間中、ペロシ議長はメモに目を通す抗議の姿勢(本来であれば大統領の演説に耳を傾けるのが礼儀)を静かに示していたことも印象的で、民主・共和両党による静かな争いが見られました。

こうした中でトランプ大統領は史上最長となった政府系機関の一部閉鎖について言及することはなく、無益な争いを止め、米国が一つとなることが重要であると述べた際には民主・共和両党議員から「USA!USA!」と声が挙がるなど議場内にも一体感がみられました。

さらに昨年の中間選挙で当選した反トランプを掲げる民衆党を中心とした史上最多となった女性議員の躍進を喜ばしいことと歓迎の意向を示すなど民主党との対立姿勢を封印。

さらにメラニア大統領夫人が招待したとされるトランプという名前により学校でいじめに遭っているという小学生も紹介される場面も見られるなど終始穏やかな演説となりましたが、全体の演説の中で、メキシコと国境の壁建設についての演説が19% 次いでシリアを中心に中東問題が9% 経済が7% 刑事・司法問題が6% 貿易問題に関しての演説は5%となりました。

壁建設について当初、分厚いコンクリート製の壁を国境全体に建設する意向でしたが、昨日示したのは、①国境警備隊が必要とする重要拠点へ限定 ②コンクリート製の壁ではなくフェンス など当初から譲歩が見られる内容となりました。

一方、民主党が求めている不法移民の子供達、「ドリーマー」と呼ばれる残留資格についての言及はありませんでした。

壁建設を巡る暫定予算案は来週15日に期限切れとなりますが、再度の閉鎖となるのか、民主党側に匙(サジ)が投げられた格好です。

こうした中で、共和党のマコネル院内総務はトランプ大統領が検討した非常事態宣言による強硬な壁建設に否定的な姿勢を示すなど、共和党の一部から見られるトランプ離れの動きを象徴するように、演説中、終始不機嫌な表情を示すなど、閣僚らが都度立ち上がって拍手する姿勢とは対称的な動きも印象的でした。

トランプ大統領としては来年の大統領選再選に向けて共和党内の結束を図りたいほか、強硬姿勢で民主党と過度な争いを避けたいとする意向が随所に見られた点も昨年からの変化の一つでした。

来週、北京でのムニューシン財務長官やライトハイザー米通商部代表と中国側との交渉が予定され、3月1日の関税引上げの猶予期限を控え、協議の進展が注目されます。

株式市場の下落はトランプ大統領の支持率低下につながることから、物品やサービスでの赤字削減を謳い、知的財産権や国有企業への補助金問題は継続事案として妥協を図るのではないかと思われます。

また、2月27-28日の米朝首脳会談では、核廃棄に向けた進展のほか、朝鮮戦争終結宣言など会談の成功を印象付けることで大統領選への支持固めにつなげる意向かもしれません。

こうした動きとなれば米国発の金融市場の波乱要因の緩和につながり、再びリスク選好の動きに向かう可能性もあるだけに注目されます。

 

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分