FX 次の1点をどちらが取る?!

FX 次の1点をどちらが取る?!

午前中にIMFは「トルコ当局がIMFへの金融支援要請を検討している兆候は見られない」とする声明を発表しました。

さらに声明の中で「最近の市場の乱高下を踏まえ、エルドアン 政権はマクロ経済の安定を促進し、不均衡を是正するため、健全な経済政策に専心する姿勢を示す必要がある」と牽制しました。

さらに、中国商務省高官が通商交渉のため、今月終盤に訪米するとの報道があり、市場は米中の通商交渉が進展するとの期待感から一時的にリスク回避の後退につながり、ドル円は 110円46銭から110円92銭へ反発しました。

また、日経平均株価も取引開始直後の332円安から36円高へ反発、上海株も年初来安値となる2,672.74Ptsを下値に一時2,729.98Ptsへ 反発するなど下値リスクが緩和しました。

「トルコ当局がIMFへの金融支援要請を検討している兆候は見られない」を好材料と捉えればリスク回避の後退となりますが、金融支援のニーズが高まっているとみれば悪材料 となりリスク回避につながります。

さらにIMFによるエルドアン政権の経済政策への注文も、トルコの経済・財政改善につながるとの期待につながると捉えれば安心感になる一方、IMFからの警告とすればリラ安に反応 するはずです。

しかし、東京市場でのトルコ円はこうした報道に殆ど反応がみられておらず、昨日同様に欧州市場序盤からの反応に注意が必要かもしれません。

一方の中国商務次官が貿易協議で8月終盤に米国を訪問、中国は対等な関係での米国と対話と協議を歓迎すると同時に、あらためて保護貿易主義への反対を表明する意向との 報道に関しても米国側の反応が一切ないだけに、米国が『そのような事実はない」と一蹴すれば、一瞬にして米中関係の悪化が一段と加速するとの懸念が高まることになるだけに 慎重に確認したいとする見方があるのも事実です。

さらに中国が商務次官級の訪米となれば米国側も財務次官級の対応が想定されるだけに 果たしてどれほどの権限を有しているのか、8月終盤までにこうした報道の詳細が出るにつれて期待が高まるのか、失望に変わってしまうのか見極めが必要です。

今回のこうした報道に対する市場の反応をみると、市場はかなりドル売り・円買い方向に構えていた、ということが推察されます。

不確定要素がある情報に対し反発した、ドル売り 円買いポジションを積上げていた参加者が不意を突かれた格好となったといえます。

すなわち、ドル円は110円50銭割れから110円後半へ反発したものの、110円台後半から 積極的なドル買いを仕掛けるには不十分といえます。

しかし、仮に111円台を回復し、一段と上値余地があるような値動きとなった場合、買い遅れ感が台頭しドル円を一段高に導くことも 考えられます。

高校野球真っ盛りですが、僅差でリードしていても接戦状態にあるのと同じように『次の1点』がどちらに入るのかで試合の流れが変わるということがあります。

相場と対峙する際には そうした点も踏まえて見ると相場の面白さが増すかもしれません。

 

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分