FX 無視できない?オプションの影響

FX 無視できない?オプションの影響

ドル円は昨日の東京市場での107円90銭を高値にFOMC議事録公表直後に107円30銭まで下落したものの再度107円90銭まで反発しました。

しかし108円台の回復には至らず107円台半ばから後半で推移しています。単に108円00銭付近のドル売り観測が上値を抑制しているといってしまえばそれまでですが、背後のオプション取引の存在が影響していることを理解することも大切かもしれません。

例えば108円00銭でドル売りをしたい本邦企業が108円00銭のドル売りオーダーを出して待つことが一般的ですが、スポットレートが107円80銭まで上昇した段階で108円00銭でドル売りが出来る権利(オプション)をプレミアム(手数料・保険料)を払って購入することも可能です。

株式市場が徐々に落着きを取り戻しつつありますが、NYダウは休場明けの2日間で420ドル超も下落、日経平均株価も依然として昨年末終値を1,000円ほど下回っており、リスク回避の円高が再び強まる可能性もあるだけに、本邦輸出企業などは3月末決算を意識して108円台でのドル売り予約を確保したいところかもしれません。

例えばスポットレートが107円50銭の時点で3月末を行使日とした108円00銭でドルが売れる権利(ドル・プットオプション)が数多く購入されているようなことがあれば、そうした影響もドル円の108円台回復を妨げた一因になっていた可能性もあります。

昨晩のFOMC議事要旨では、漸進的な利上げ姿勢がなお適切との見解で一致したことが確認され、過半数のメンバーが経済成長の加速によって追加利上げの可能性が高まると判断していることも明らかとなりました。

しかし、ドル円は一部で観測されていた年内4回の利上げ回数への修正はなく、前回同様3回のままだったことで一時107円30銭まで下落しました。

しかし「漸進的な利上げ姿勢がなお適切」との議事要旨の文言や米10年債利回りが2.95%まで上昇したことでドル円も107円90銭まで反発しましたが、NYダウは公表前の300ドル超の上昇から一転170ドル近い下落となったこともあり108円台回復には至らないまま107円77銭で昨晩の取引を終えています。

ドル円は昨日から概ね107円半ばから108円手前までのレンジでの推移となっていましたが、本日は日経平均株価が300円超の大幅安となったことから、ドル円も107円台前半へ下落しています。

FOMC議事要旨の公表を終えたとはいえ、来週28日にはパウエルFRB新議長の議会証言を控えており、ドル円は引き続き108円台回復か、あるいは106円台半ばを割込んで先週末の105円55銭に再接近して二番底を確認する展開となるのか、不透明な状況なだけにオプションのニーズも高まることになりそうです。

それだけに108円00銭、108円50銭を行使価格とするようなオプションの存在が引き続きスポット市場に大きな影響を及ぼすと思われます。

一般的なオプションの権利行使の有無が決定される時間として、東京市場の午後3時00分やNY市場の午前10時00分(日本時間深夜0時、夏時間は午後11時)を挟む時間帯はニュースなどの材料が無くてもオプションの行使価格が近いようであれば上下に大きく振れる可能性があるため注意が必要です。

 

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分