FX 米中間選挙、予想通り・・?予想を覆す・・?その影響は・・・

FX 米中間選挙、予想通り・・?予想を覆す・・?その影響は・・・

 

11月6日、世界が注目する米中間選挙が実施され、日本時間の7日午後にも結果が判明すると言われています。

大方の予想では議会上院を共和党が現状の過半数を維持する一方、下院では民主党が巻き返し、過半数を奪還すると見られています。

しかし、選挙戦終盤になるに従って下院でも共和党が民主党に迫る勢いを見せるなど、民主党のリーダー不在が共和党の追い上げを許しているともいわれています。

上院では仮に共和党、民主党が共に50議席となった場合も議会採決では副大統領が兼務する上院議長の裁決で法案可決が可能となるため50議席でも共和党は議決権を握れることになります。

議会では予算編成や法案制定の権限があるだけに共和党が過半数を奪われることになれば議会運営はもちろん、トランプ政権の経済運営にも影響を及ぼすとされる一方、上下両院ともに現状勢力のまま、共和党が過半数を維持すれば2020年の大統領選に向けてトランプ大統領再選に前進することになります。

フロリダ、アリゾナ、モンタナ、ミズーリ、インディアナ、ネバタ、ジョージアなどいくつかの州で接戦が続いており、トランプ大統領も5日まで各地を訪れ、最後の支援を訴える予定です。

トランプ大統領はウォール・ストリート・ジャーナルとのインタビューで、オバマ前大統領の雇用創出の功績は、FRBの低金利政策によって水増しされているとし、オバマ政権時代の数字は「いかさまだ」と述べています。

一方、オバマ前大統領も今の米経済は好調だと言うが、いつから始まったものか?冗談じゃない、真実を語るべきである」と牽制しています。

実際、オバマ大統領の2期目には就業者数は平均21.7万人増加しているのに対し、オバマ前大統領退陣後の就業者数の平均は月19.3万人増となっています。しかし中間選挙を前に、先週末2日に発表された10月雇用統計の人種別の失業率を見ると黒人の失業率は10月に6.2%へ改善し史上最低を記録したほか、白人(3.3%)と黒人との失業率差も2.9%と統計開始以来最低まで縮小しています。

さらにヒスパニック系も4.4%、女性も3.4%と改善が進んでおり、労働市場の改善が確実に進んでいることが確認されています。

中間選挙で黒人層など失業率改善を評価し、これまで中間選挙で投票に向かうことが少なかった層が共和党に投票することになるのか選挙結果にも影響を及ぼすことになるかもしれません。

さらに、中間選挙を前に先週末発表された米10月雇用統計の失業率は9月の1969年以来48年ぶりの低水準と並ぶ3.7%となり、4ヵ月連続で4.0%を下回る低水準を継続するなど労働市場の逼迫が賃金上昇にも影響を及ぼし始めたことが確認されました。

平均時給は前年同月比3.1%増と、9月の2.8%増を上回り、2009年4月以来の3.0%台回復となるなど大幅な上昇となりました。賃金の著しい上昇は、企業が労働力の確保にしのぎを削る中で今後も止まりそうにないと見られています。

ウォール・ストリート・ジャーナルが実施した世論調査ではトランプ大統領の支持率は10月中旬時点で9月の44%から47%へ上昇し大統領就任以降で最高を記録しています。

さらにこうした失業率の改善や賃金上昇がトランプ政権の政策の成果であるとの見方となれば共和党支持の追い風につながるだけに注目されます。

10月中旬時点の世論調査で共和党・民主党に投票する決め手として「ヘルスケア」が約3割、次いで「経済・雇用」を決め手にするとの回答もあるだけに、決して無視することのできない論点だけに、今回の雇用統計の結果も無視できるものではなさそうです。

仮に事前予想通り、上院を共和党、下院を民主党がそれぞれ過半数を制した場合でも下院で共和党が民主党と10票差以内に迫る結果となれば善戦したとしてトランプ政権の安定を揺るがす事態には至らないと言われます。

また、貿易問題を巡る不均衡是正には民主党も支持する考えが多く、日米貿易を巡る問題に厳しい対応を迫る場面があるかもしれません。

一般的には共和党が上下両院の過半数を制した場合に政策期待による金利上昇、NY株も大幅に上昇しリスク選好の中、ドル高に向かうと見られています。

共和党が上院を制し、民主党が下院を制した場合でも共和党に大差をつけることがなければあまり大きな反応はなく、好調な米国経済を背景にしたファンダメンタルズ中心の相場に回帰していくとの見方が一般的とされています。

万が一、上下両院ともに民主党が過半数となれば、トランプ政権の政策運営に大きく影響を及ぼし、株式債券市場の不安定化を招くことになると予想されますが、可能性は低いとされています。

果たして、金融市場がどのような反応を示すのか、日本時間7日の午後にも判明する結果に注目です。

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分