FX 米国の低金利は年末に向けて反転に向かうのか

FX 米国の低金利は年末に向けて反転に向かうのか

xm-kouza

 

今週23日(日本時間午前4時)に公表される10月FOMC議事要旨で12月の追加利上げを完全に織込むと見られているものの、ドル円は先週末のNY市場で111円95銭まで、さらに週明けの東京市場では一時111円89銭まで円高が進んでいます。

 

先週末、昨年の米大統領選に絡むロシア関連疑惑を巡り「特別検察官がトランプ陣営幹部に召喚状」といった報道に加え、税制改革法案を巡る議会上院での行方を巡る不透明感がドルの重石になっていると見られているものの、米国の実質金利の低迷も大きく影響しているように思われます。

 

先週15日に発表された米10月消費者物価指数では、変動の激しいエネルギーや食料品を除いたコア指数が前年比+1.8%となりました。

 

こうしたインフレ率を考慮した上で、残存期間の短い米債券利回りは0%付近、
もしくはマイナス利回りに陥っています。来年2月に退任イエレンFRB議長の後任となるパウエル理事も緩やかな金利上昇により、金融政策の正常化を継承する方針と見られているものの、シカゴ連銀が「信用」、「リスク」、「レバレッジ」の3つのカテゴリー毎に分類し、総計105の変数を用いて算出される『全米金融環境指数(NFCI)」は先週-0.93まで低下し、金融環境が緩和的水準に置かれていることを物語る結果となりました。

10月27日に発表された米7-9月期GDP速報値は前期比年率+3.0%と前期(+3.1%)に続いて2四半期連続で3.0%成長を上回ったほか、失業率も4.1%と16年10か月ぶりの低水準まで改善が進んでいます。

 

好調な米国経済に支えられ、企業収益も好調さを継続しており、企業の設備投資も積極的に推し進めることが可能になっている経済環境にあるといえます。

 

こうした状況にもかかわらずFRBの掲げるインフレ率2%の目標には届いていないばかりか、急速にインフレが加速するような状況にない、と見方が金利上昇にブレーキをかけているようです。

 

今週公表されるFOMC議事要旨や来週早々にも公表される感謝祭(23日)後から始まる本格的なクリスマス商戦での個人消費の結果次第で米長期金利が上昇するのか注目です。

 

米債券市場を見ると米2年債利回りが上昇傾向にある一方、10年債利回りは伸び悩んでおり、長短金利差が縮小傾向(長短金利のフラットニング)が進んでいます。

 

通常、長短金利差の逆転が生じると景気の失速する兆候の一つとされていますが、前述した通り2四半期連続で3.0%を上回る成長率や歴史的な低失業率、さらに史上最高値圏にあるNYダウをはじめとするNY株価指数を見ると債券市場(金利の世界)だけが異様に映ります。

 

単にヘッジファンドの決算に伴うポジション調整の影響に過ぎないのか、あるいは経済指標に表れない消費者心理が予想以上に保守的になっているのか明確な理由が見えません。

 

それだけに今週23日の感謝祭明け以降本格化するクリスマス商戦が債券市場の転機につながり再度債券市場が正常化(フラットニングからスティープニング)に向かうのかFOMC議事要旨の公表を含めて注目されます。

 

すなわちドル円は111円台後半で底打ちを確認し、年末に向けて円安基調に戻ることができるのか微妙な局面に差し掛かっているのかもしれません。

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分⬇︎

 

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。