FX 米地区連銀経済報告(ベージュブック)に見る関税の影響

FX 米地区連銀経済報告(ベージュブック)に見る関税の影響

昨晩公表された米地区連銀経済報告(ベージュブック)では全米12地区の内、10地区で経済の緩慢または緩やかなペースでの成長が確認されたほか、6地区でトラック運転手やドライバーの不足、さらに労働者不足が成長を抑制しているといった労働市場の逼迫が報告されるなど堅調な米国経済の現状が確認されました。

その一方、『全米の製造業は関税に関する懸念を表明』『多くの地区で関税が混乱をもたらし、価格の上昇につながった』『関税は物価上昇や供給の混乱につながる』といった指摘も見られました。

具体的に見ると

・機械製造業で鉄鋼関税の影響から供給網が混乱、受注計画の中断もしくは値上げ、さらには買い漁りの動きも見られる(フィラデルフィア地区)

・必要な質の鉄鋼が国内で調達出来ず、鉄鋼関税が影響しない外国の競合会社に取引先 を奪われる見通し(メリーランド州)

・将来の貿易やインフレに絡む物価上昇への懸念から、一部顧客が購入を前倒しして いる(クリーブランド地区)

・農産物に対する貿易摩擦の影響が及ぼす今後の企業活動が懸念される(シカゴ地区)

などの報告が見られました。

 

昨晩発表された6月住宅着工件数も2ヵ月ぶりのマイナスとなったほか、9ヶ月ぶりの低水準に低下しました。

住宅ローン金利や労働コストの上昇が影響したほか、一節にはカナダ産木材が関税の影響によって建築資材が上昇したことも悪影響を及ぼしたと言われています。

さらに、住宅着工の先行指標となる住宅着工建設許可件数も3ヵ月連続で減少し、こちらも9ヶ月ぶりの低水準となるなど、関税による資材調達コストの上昇などが影響しているとすれば、先行きが懸念される状況かもしれません。

一方で

・複数の企業が関税に懸念を示したものの、貿易問題が需要や雇用、設備投資計画に影響を及ぼしているとの報告は皆無 (ボストン地区)
との報告も見られるなど、現時点では関税の影響は一部の企業に留まっているとの楽観的な見通しもあるものの、中国やEU、さらにはカナダやメキシコなど各国の対抗措置が拡大する可能性もあり、先行きの米経済成長の足かせにつながる可能性も否定できません。

今後発表される米経済指標それぞれについて、関税の影響がどの程度見られるのか注意して見ていく必要がありそうです。

 

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分