FX 米年末商戦は好調、しかし米中貿易問題次第では先行き懸念も

FX 米年末商戦は好調、しかし米中貿易問題次第では先行き懸念も

11月22日の米感謝祭の休日からクリスマスにかけて本格化する年末商戦、リーマンショックのあった2008年ですら5015億㌦の売上を記録するなど米国人の購買意欲の強さを象徴するデータの一つといえます。

今年の見通しは7175億㌦~7209億㌦(前年同期比4.3%~4.8%)と昨年の前年同期比5.3%の伸びからは鈍化する見通しながらも7000億㌦規模を上回る消費は米GDPを大きく支える原動力となりそうです。

また、ネット通販が1年で最も盛り上がりを見せる26日のサイバーマンデー(感謝祭後の月曜)では、ネット通販の売上高が5.31億㌦に達し(東部時間午前10時時点)、最終的に前年のサイバーマンデーと比べ18%近い増加が見込まれ78億㌦と史上最高を記録すると見られています。

こうした中、今週末30日~12月1日にかけてブエノスアイレスでのG20について、昨晩クドロー国家経済会議委員長が、12月1日の夕食の席で米中首脳会談が行われること、さらに通商問題で進展が見られなければ中国からの輸入品に新たな制裁を課す用意があることを明らかにしました。

仮に首脳会談で、両国の溝が埋まらず決裂した場合、トランプ政権は第4弾の追加制裁を実施、中国からの輸入品の大半に高関税が課せられる懸念が高まりそうです。

そうなれば、米国内での中国からの輸入品価格の値上がりにより、来年以降の物価上昇にも悪影響を及ぼすことになりそうです。

米国経済は好調とはいえ、住宅市場など一部に鈍化傾向も見られる中、輸入物価上昇が原材料価格の上昇を通じて米企業の収益に悪影響を及ぼすことにならないか注意が必要です。

また、物価上昇による個人消費の鈍化も懸念されるだけに、好調な年末商戦による来年1月以降の反動も含めて、個人消費の鈍化につながることにならないか、米中首脳による通商交渉の行方が注目されます。

 

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分