FX 米FOMCと貿易問題 ドル円は日経平均とともに年初来高値を更新できるか

FX 米FOMCと貿易問題 ドル円は日経平均とともに年初来高値を更新できるか

米FOMCと貿易問題 ドル円は日経平均とともに年初来高値を更新できるか

◇FOMCの注目点

  • 0.25%の利上げに続き、12月の利上げにどの程度言及する内容か
  • 来年(2019年)の想定利上げ回数(6月時点:年3回)が年2回へ下方修正されるか
  • 来年のターミナル予想中央値(2.875%)に変化があるか、経済やインフレ見通しは?
  • 6月の声明文「金融政策は引き続き緩和的」との文言が削除されるか
  • 2020年の利上げ回数、6月に1回の利上げに下方修正されたが、今回変化があるか

今週は25-26日のFOMCで0.25%の利上げが確実視されるほか、FRBメンバーによる政策金利見通し(ドッドチャート)やインフレ見通しが6月時点から上方修正されるとの予想を背景に堅調地合いが続くものと見られます。

中でも注目されるのが6月のFOMCで示された2019年の想定利上げ回数の3回から、今回のFOMCで2回に近い想定へ下方修正されるか、注目されます。

年2回へと下方修正されることになれば緩やかな利上げペースが維持されることになり、 20日、21日と連日史上最高値を更新したNYダウに象徴されるリスク選好の動きが一段と高まり、世界的なリスク選好の動きが加速、株高・ドル高につながるかもしれません。

一方、FOMC声明で『金融政策は引き続き緩和的』との象徴的文言が削除されるか、この点も注目されます。仮に削除となればFRBの金融政策が正常化から引締めに大きく舵を切ることになり、NY株式市場の下落につながる可能性もあり注目されます。

さらに米金利の先高観が一段と強まることになれば落着きを取戻しつつある新興国通貨の米国への資金流出への懸念が高まるなどの波乱要因になりかねないだけに、リスク選好の流れに一服感をもたらす可能性もあり注意が必要です。

政策ドッドチャート

政策ドッドチャート

ドル円は7月19日に113円18銭の高値を付けた後、トランプ大統領がFRBの金融政策を批判したほか、大統領選でのトランプ大統領側近に対する有罪評決などを材料に、その後一時109円78銭まで下落した経緯があります。

今回、FOMCとともに注目されるのが2回目の日米通商交渉を踏まえて26日に開催される日米首脳会談での貿易問題となります。

米国が日本からの輸入車に関税を課すことになれば円高・株安への警戒感がドル円の113円台回復の足かせとなっています。

一方、日経平均株価は海外投資家による先物主導の買いを中心に大幅に上昇、今年2月初旬の急落で空けた「窓埋め」を達成、先週末21日には一時23,971円まで上昇するなど今年1月23日の年初来高値(24,124円、ザラ場高値:24,129円)が意識される水準まで上昇しています。

先週、ハト派と見られていたFRB高官から相次いで利上げに前向きな発言が聞かれるなど利上げそのものが実体経済に悪影響を及ぼす可能性がやや後退しているように思われます。

一方、米中の貿易問題を巡る対立の長期化が懸念されるほか、中国の景気減速への警戒感など懸念材料は燻った状況が続いています。

それでも日本の大企業製造業の想定為替レート(107円00銭)から見ると円安水準にあるだけに企業業績の上振れ期待も日経平均株価の上昇を支援しています。
FOMCや日米首脳会談が大きな波乱要因になるのか、杞憂に終わるのか、ドル円は日経平均株価とともに今年1月に付けた年初来高値を更新するのか、年末までの相場動向を占う上からも注目されます。

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分