FX 英首相への不信任案否決に続く、EU首脳会議で逆転はあるか!

FX 英首相への不信任案否決に続く、EU首脳会議で逆転はあるか!

昨晩、英保守党委員会で保守党下院議員320名の15%(現状:48名)の書簡が集まり、メイ党首に対する不信任案提出可能との報道を受けてポンドは対ドルで1.2478㌦へ下落しました。

しかし、既にNY市場序盤には不信任案否決に十分な過半数を確保した見通しが報じられ、ポンドは徐々に反発に転じる中、不信任決議案は反対(信任)200票、賛成(不信任)117票で否決され、メイ首相の続投が決定されたことでポンドは1.2671㌦まで上昇しました。

メイ首相は不信任投票を前に「不信任案が可決され、自身が退任すればEU離脱協定案を巡る再交渉のほか、来年3月29日に迫る離脱に向けた法整備なども時間切れになる。

結果的に離脱の延期か、離脱の撤回か二者択一を迫られる。私が退任し、離脱交渉を野党・労働党に渡してしまうリスクが如何に高いか」と発言。

しかし、不信任票が117票と想定以上の数に膨らんでいたことで、メイ首相の政治的な影響力が弱体化していると見られており、既にメイ首相にはEU離脱協定案を議会で可決させるだけの力はないと見られ、EU離脱協定案を巡る先行き懸念を払拭するには至っていないと言われています。

こうした見方を背景にポンドは一時1.2593㌦へ下落する場面もあり、軟調地合いを脱したとはいえない上値の重い値動きが続いています。

こうした中、今晩から明日の2日間、ブリュッセルでEU首脳会議が開催され、英EU離脱問題が協議される見通しです。

当初予定されていた今週11日の英議会でのEU離脱協定案を巡る議会採決の見送りを決定したメイ首相は、その日の内にツゥスクEU大統領やユンケル欧州委員長と会談。

しかし、11月25日に開催された臨時EU首脳会議でEU離脱協定案(離脱後の英国とEUとの通商交渉の在り方、政治・経済の大枠を定めた政治宣言)が承認されたことから、EU側はこうした合意案の再交渉には否定的見解を明らかにしています。

今晩からのEU首脳会議で英メイ首相があらためてEU離脱協定案にある懸案の『北アイルランドとの国境問題』が解決に至るまで英国をEU関税同盟に留めるとする安全策は一時的な措置であるとの確約が必要として再交渉を求めると思われます。

英EU離脱協定案に反対している議員の多くは英国がEUから離脱して以降も、英国がEUのルールに従わざるを得ない状況に不満を漏らしており、このままでは離脱した英国と北アイルランド(英領)とが別の扱いを受ける可能性があると懸念を表明、現状の離脱協定案を受け入れることはできないとしています。

11日に行われた英メイ首相と独メルケル首相との首脳会談では『アイルランド国境問題』が解決に至るまでの安全策は『一時的な措置』であるとの『政治宣言』として盛り込むことができないかなど幾つかの案の了承に向けて協力を要請したと思われます。

13-14日のEU首脳会議で英メイ首相の求める『一時的措置であるとの確約』を巡る再交渉をEU側が全会一致で受け入れるかが焦点となります。

受入れることが了承されれば改定される離脱協定案は英議会で可決されるとの期待が高まり『合意ある(=2020年末までの移行期間を備えた)離脱』が現実味を帯びることになるだけに週明けのポンドは本格的に大きく反発する可能性もあるかもしれません。

勿論、EU側が拒否すればポンドの急落につながるリスクもあり、いずれにしても13-14日のEU首脳会議の行方次第では来週週明けの相場に影響を及ぼす可能性があるだけに注目です。

 

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分