FX 英EU離脱問題、合意無き離脱回避を決めたとはいえ・・

FX 英EU離脱問題、合意無き離脱回避を決めたとはいえ・・

昨晩のNY市場終盤に英議会で『合意無き離脱』を問う採決では312対278で否決、合意なき離脱が回避されたことでポンドは対ドルで昨年6月以来の高値となる1.3381㌦へ上昇、対円でも148円70銭と昨年11月以来の水準を回復する場面が見られました。

しかし、今朝の東京市場では利益確定売りに押され1.3253㌦へ反落したほか、対円でも一時147円55銭へ反落するなど伸び悩んでいます。

『合意無き離脱』は回避すると議会が承認したものの、合意に至るためにどうするか、具体的には何も決まっていません。

今週12日のメイ首相とユンケル欧州委員長とアイルランドとの国境問題で合意したものの、議会はこの合意案を否決しており「合意無き離脱」を回避することが承認されたに過ぎません。

今後、EUと改めて交渉を行う必要がありますが、ユンケル欧州委員長は「ラストチャンス」という言葉を用いて妥協しており、一段と踏み込んだ合意に至るか不透明が情勢です。

今晩(日本時間明朝)、あらためて離脱期日(3月29日)を6月30日まで延長する議案を議会で採決されます。

5月23日から5月26日に実施される欧州議会選挙を控え、これを前にした5月22日までの延長を求める議案が採決されましたが、時間的猶予が必要とされることから賛成164 反対374 で否決されています。

おそらく6月30日までの延長議案は承認されると思われることを前提に ①合意無き離脱は回避する ②離脱期日3月29日を6月30日まで延長する との案を持って欧州首脳会議が開催される前日(3月20日)までにEUに提案し、承認を得る必要があります。

しかしEU側は離脱期限の延長には信頼できる明確な理由が必要としており、再交渉を求めての延長は認めないとしています。

英議会で「合意無き離脱回避」が議会で承認されたとはいえ、具体的に英国とEUで昨年11月末のEU首脳会議で承認された案についてアイルランドとの国境問題など更なる譲歩が得られなければ合意なき離脱につながりかねません。

さらに今週行われたユンケル欧州委員長とメイ英首相との会談で一旦最終合意した修正案を英議会が否決していることから、EU側は英国の関税同盟残留など具体的な提案を求めるかもしれません。

さらに欧州議会選挙が5月23日から26日までEU加盟各国で行われる予定で、前回5年前の2014年の欧州議会選挙では751議席を巡り選挙戦が繰り広げられましたが、ドイツ(96議席)、フランス(74)、英国(73)、イタリア(73)など配分されています。

仮に6月30日まで離脱期限が延長された場合、欧州議会選挙を挟んでの延長となるだけに英国へ配分されている73議席をどのようにするか、新たな問題が浮上することになります。

EU側は離脱期日延長には相応の理由が必要としており、簡単に英国の要求通りに6月30日までの延長を認めるとは考えづらく、欧州議会選挙の議席配分などを含め、英国側に注文を付ける可能性がありそうです。

少なくとも欧州議会では、欧州連合の予算に関する手続きに離脱を決めている英国をどのように扱うのか、少なくとも欧州議会選の前(5月22日)までしか延長を認めない可能性もあるかもしれません。

また、EU側はより強硬に離脱期限の長期延長、もしくは英国の提案を受け入れず「合意無き離脱」という結果もゼロではないかもしれません。

メイ首相は英議会とEU側との狭間で苦しい立場を続けるか、状況次第では辞任や総選挙、さらには国民投票の再度の実施という事態の可能性も含め、しばらく安泰は望めそうもなくポンドは上下の振れ幅の大きな不安定な値動きが続くかもしれません。

 

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分