FX 3分でわかる!来週(10月22日~26日)の注目点

FX 3分でわかる!来週(10月22日~26日)の注目点

 

☆来週、(10月22日から10月26日)の主な注目点と予定☆

【22日】昨日の欧州委員会でイタリアの財政・経済計画の2019年の予算案について「前例のない逸脱」と非難。イタリアは 22日までの修正案の提出を求められており再提出の内容に対するEU側の対応に対するユーロの反応に注目。

【24日】利上げが予想されるカナダ中銀の動向およびその反応が注目されるほかFRBのベージュブック(地区連銀経済報告) に対する米債券、株式市場に注目。

【25日】インフレ加速が懸念される中、 トルコ中銀政策委員会での政策金利に注目。決定を受けてトルコ円が20円台を上回った水準を維持できるか注目。
ECB理事会でイタリア財政問題のほか、英EU離脱交渉を巡る不透明感が欧州経済に及ぼす懸念に言及があればユーロ安につながる可能性もあり要注意。

【26日】米7-9月期GDP速報、前期に続き4.0%を上回る水準を維持するか、株式・債券市場を落着かせることが出来るのか注目。

【来週の見通し】

今月2日に日経平均株価が年初来高値(ザラ場:24,448円、終値:24,270円)を付けたものの米長期金利上昇のほか、複数の政治的な懸念材料が台頭したことによるNY株式市場の調整や上海株もおよそ4年ぶりの安値まで下落するなど米中貿易問題長期化懸念と同時に中国の景気減速懸念も聞かれ、日経平均株価は今週ここまで今年8月以来となる一時22,200円台前半まで下落しています。

一方、欧州では英国EU離脱問題を巡り、当初期待されたEU首脳会議での大筋合意に向けた交渉がアイルランド・北アイルランドとの国境や税関設置を巡り、事態打開への糸口が見えない状況が続くなど、来年3月29日に期限が迫ったEU離脱が合意のないハードブレグジットの可能性も現実味を増しつつあります。

また、イタリアが提出した予算計画に対し欧州委員会が修正を求めるなど財政問題が再燃するなどポンドやユーロも徐々に上値を切り下げる展開が続いています。

来週25日のECB理事会で、こうした懸念が欧州経済の先行きに影を落とす可能性に言及することになればユーロやポンドが一段と下落する可能性もありそうです。

こうした中、米国ではサウジアラビアのジャーナリストがトルコの領事館で殺害された疑惑を巡りムハンマド皇太子が関与した疑いもあり、米国にとって最大の武器輸出国であるサウジアラビアとの関係悪化となれば中東情勢の不安定化といった地政学リスクが高まる事態に発展する可能性があるほか、米防衛産業への受注減の思惑を背景にNY株式市場の下落要因になりかねず、リスク回避志向が高まることになるかもしれません。

混沌とする政治情勢の中で11月6日の米中間選挙へのカウントダウンが迫る中、トランプ大統領にとってNY株式市場の調整が長引くことになれば頭痛の種になるだけに、FRB批判などのトーンを一層強めることになるかもしれません。

来週26日には米7-9月期GDP速報値が発表され、2四半期連続で4.0%を上回る高成長を持続していることが確認されればリスク回避志向からリスク選好への転換の兆しも垣間見られるかもしれないだけに注目されます。

その他、24日のカナダ中銀や25日のトルコ中銀の政策委員会での利上げ観測も聞かれるだけに、それぞれ反応に注目です。特にインフレ上昇が加速する中でトルコ中銀の利上げ幅にも注目が集まる中で、トルコ円が20円台を定着させるか注目されます。

 

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分