FX FOMC議事要旨と日銀さくらリポートの注目ポイント

FX FOMC議事要旨と日銀さくらリポートの注目ポイント

日本時間18日の午前3時00分に0.25%の利上げを決定した9月のFOMC議事要旨が公表されます。

一部のFRB当局者は、物価安定に見合うと考える水準を下回るまで失業率が下がり続ける限り、FRBは景気が過熱しないよう利上げを続ける必要があると話しているほか、インフレ率が2%を上回るペースに加速していないと思われる場合は、経済成長を加速も鈍化もさせない「中立金利」にしてから利上げをやめる可能性があるとの意見も聞かれます。

アトランタ連銀が算出する経済モデル「GDPナウ」では米7-9月期GDPは前期の+4.2%成長に続き+4.0%を上回る成長が見込まれており、FRBが「米国経済は堅調」との認識に太鼓判を押す状況にあることが確認できれば先週から続くNY株式市場の調整は米長期金利上昇による一時的なものとの安心感につながる可能性もあるだけに、FOMC議事要旨公表後のNY株式市場の動向が注目されます。

米10年債利回りは9月17日に3.0%台を回復、それ以降3.0%を上回る水準が定着、今月上旬に先物市場で一時3.26%台まで上昇しました。

その後は伸び悩み、3.10%台~3.20%台での小動きを続けています。しかし、2014年1月のピーク水準となった3.05%を明確に上抜けてきていることが確認されるほか、2012年7月の1.37%と2016年7月の1.31%をダブル・ボトムを完成、2016年7月以降の上昇トレンドを続けています。

しかし、先週のNYダウが1週間で4%の下落を演じるなど調整の動きを強めた警戒感からリスク資産の株式を売り、安全資産の債券買いの動きが見られたことで10年債利回りの低下につながった格好です。

米10年債は前述の通り、2014年1月の3.05%を上抜けたことで、次なる上値メドは2011年2月のピーク水準となる3.76%となります、しかし、インフレ期待がそこまでの長期金利上昇を織込むには時期尚早であり、NY株式市場の動向を見極めながら3.05%~3.25%を中心に落ち着きどころを探る段階にあるように思われます。

FOMC議事要旨がそうした長期金利の落ち着きどころを探るヒントになるかもしれないだけに注目です。

一方、18日に日銀支店長会議が開催され午前9時30分に黒田日銀総裁が挨拶を行う予定です。

さらに年4回公表される「地域経済報告(さくらリポート)」が公表されます。前回7月のリポートでの景気の総括判断で「拡大している」「緩やかに拡大している」とする地域が大半を占め、北海道、東北、四国では「緩やかな回復を続けている」となりました。

今回、米中貿易問題を巡る先行き不透明感が既に国内企業の設備計画などを通じて地域経済に影響を及ぼしているか注目されるだけに日本の長期金利にも影響があるか注目です。

 

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分