MT4 MT5って何?FX豆知識

xm-kouza

「MT4やMT5って何?」FX豆知識

海外FXを行う上で必須ともいえる取引プラットフォームのMT4・MT5。
知らずに使っていると海外FX会社が独自に作ったアプリなんだみたいに思いますけど、実際は違います。
海外のFX会社がこぞって使っている
世界基準の取引プラットフォームみたいなものなのです。

 

今回はMT4・MT5と呼ばれる正式名称「meta trader」についてざっくり解説していきます。

XM(XM.com)からダウンロードするとアイコンも「XM」になっており、特に気にしてないかと思いますが、実はMT4・MT5、正式名称meta traderは、
MetaTrader(MT)は、外国為替証拠金取引投資家が利用する電子取引プラットフォームである。MetaQuotes Softwareによって開発され2005年にリリースされた。ソフトウェアは、クライアントにソフトウェアを提供する外国為替業者によりライセンスされており、クライアントとサーバーの両コンポーネントで構成されている。 サーバコンポーネントは業者が担当し、クライアントソフトウェアでは顧客が価格とチャートを表示し注文やアカウント管理を行う。

 

xm-kouza

というわけです。

要はmetatraderを使って様々な海外FX会社がFX取引プラットフォームとして活用しているものになります。

PCからはわかりづらいですが、スマホ・タブレットからMT4 MT5アプリとしてダウンロードすると口座開設の際に他の会社も表示されたりするのでこの仕組みの一端を見ることが出来ます。

ちなみに日本でこれを使っているのは限られていて、有名な名前だと楽天が利用しています。
metatrader以外にも会社が独自に作ったアプリケーションなどがあり、日本の大手だと自作のアプリケーションを作ってる会社が多いようです。

metatraderはベースがあり、そこからユーザー独自のシステムを構築することが出来るらしいです!←。提供されたプラットフォームを使うだけで精一杯ですけどね。。なのでXM(XM.com)でダウンロードしたmetatraderはXM(XM.com)仕様だと思ってください。他社でダウンロードしたMT4やMT5はもしかしたらちょっと仕様が違うかもしれません。

MT4とMT5の違いについてはコチラに書いたのでどっちを使おうか悩んでる方がいたら参考にしてみてください。ちなみに圧倒的にMT4が支持されています。

関連記事:XMのMT4は最高のチャート!MT4ダウンロードから基本操作まで解説

関連記事:MT4とMT5を比べて本当に優れているのはMT5

関連記事:XMの取引ツールMT4とMT5の違い

 

 

 

成功への最短ルートXM口座開設は3分⬇︎

 

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。