XMは信頼できて安心なFX会社

XMは信頼できるブローカーなのか。信託保証はあるの?

 

xm-kouza

時には大きな金額が動くFXでは、
信頼性は非常に大切になってきます。

さらに海外FXのブローカーだと
言葉の心配もでてきますね。

また信託保証はあるのでしょうか。
そこで今回はFX業者はどのような点に注意すれば良いのかを解説していきます。

 

FX業者と信頼性

 

証拠金の信託保全が義務化され、FX業者の安全性が高まっています。信託保全の一番の目的は、証拠金の安全を保証する事。

 

投資家の資産はFX業者ではなく、その業者ごとに提携をしている信託銀行に預けられるのです。

 

例えばお金を預けているFX業者が倒産してしまえば、預金している分はどうなってしまうのか心配はつきないと思います。たとえFX業者が倒産したとしても、債権者が強制執行する事はできません。

 

預金は倒産した業者へ行くのではなく、信託管理人を通して、投資家に返還されます。投資家は安心して取引する事できるのです。

 

2010年より、第三者の信託銀行などに、資産を保管する事を義務づけられました。投資家の安心感は格段に高まったと言えます。その為FX業者を選ぶときに証拠金の信託先を見て、その業者の信頼性を調べることができると言えるでしょう。

 

XMは信頼できるブローカーなのか

 

おそらく日本のFX業者を使っている投資家にとって、海外FX業者を使う際、安全面が気になってなかなか始められない方、多いのではないでしょうか。

 

とはいえどこで判断するのは非常に難しいと思います。

 

どこに金融監督機関に登録されているのか

 

一番わかりやすいのが、お使いのFX業者がどこの金融監督機関に登録されているかを確認することです。もし登録されていなければ危険の可能性があると言っていいでしょう。

 

またライセンスをとっている所もあります。特に取得する審査の非常に厳しいイギリスFCAライセンスをとっている

FX業者も。その代表的なのが
XM(XM.com)なのです。

このFCAライセンスは補償制度があり、ライセンスを保有している会社が破綻しても、一定額の顧客資産が保証されます。

XM(XM.com)は上記にあげた
FCA以外にもCySEC(キプロス)、
FSP(ニュージーランド)、
BaFin(ドイツ)など、なんと
欧州を中心に12ヶ国に金融機関からライセンスを取得しています。

これでもかと言われる位の信頼性の高さがあると言えるでしょう。

 

信託保全

 

日本のFX業者をお使いの方であれば、信託保全は当たり前のようについてきます。

仮に業者が倒産しても口座に入っている資金は補償されるのです。

ただ海外FX業者はほとんどこの信託保全は利用していません。

 

これではいくらライセンスがあったり、金融監督機関に登録してあっても不安が残ります。

 

ところが、なんとXMは例外で、投資家補償基金に登録しています。

仮にXMが倒産してしまっても、

最大で2万ユーロ、日本円だと約260万円まで補償を受け取る事ができるのです。

口座に260万円以上入っていなければ、倒産により資金がなくなる事はありません。

 

このようにXMは投資家の安心を第一に考える企業と言えますので、安心して取引する事ができます。

 

日本人向けサポート

 

XM(XM.com)はこれだけの

色々なサポートをしているので、非常に安心なのですが、それでも不安な場合は日本人向けのサポートもしっかりとしています。

 

日本時間で9時から21時(平日)であれば、日本人スタッフがライブチャットを対応してくれますし、

メールも日本人スタッフが対応していますよ。日本人投資家にとって、

XMはサポート体制がしっかりと整っていて、本当に安心してください。

 

XMは信頼できるブローカーです

 

FXで取引をしていると、大きな金額が動く事もある為心配も多いのではないでしょうか。海外FXを利用するとどうなのかと考える方も多いと思います。

 

XMは投資家補償基金に登録し、またFCAをはじめ信頼できる多くの金融監督機関に登録されているので、安心して取引をする事ができると言えるでしょう。

 

おそらく日本のFX業者を使っている投資家にとって、海外FX業者を使う際、安全面が気になってなかなか始められない方、多いのではないでしょうか。

 

とはいえどこで判断するのは非常に難しいと思います。

 

どこに金融監督機関に登録されているのか

 

一番わかりやすいのが、お使いのFX業者がどこの金融監督機関に登録されているかを確認することです。もし登録されていなければ危険の可能性があると言っていいでしょう。

 

またライセンスをとっている所もあります。特に取得する審査の非常に厳しいイギリスFCAライセンスをとっている

FX業者も。その代表的なのが
XM(XM.com)なのです。

このFCAライセンスは補償制度があり、ライセンスを保有している会社が破綻しても、一定額の顧客資産が保証されます。

XM(XM.com)は上記にあげた
FCA以外にもCySEC(キプロス)、
FSP(ニュージーランド)、
BaFin(ドイツ)など、なんと
欧州を中心に12ヶ国に金融機関からライセンスを取得しています。

これでもかと言われる位の信頼性の高さがあると言えるでしょう。

 

信託保全

 

日本のFX業者をお使いの方であれば、信託保全は当たり前のようについてきます。

仮に業者が倒産しても口座に入っている資金は補償されるのです。

ただ海外FX業者はほとんどこの信託保全は利用していません。

 

これではいくらライセンスがあったり、金融監督機関に登録してあっても不安が残ります。

 

ところが、なんとXMは例外で、投資家補償基金に登録しています。

仮にXMが倒産してしまっても、

最大で2万ユーロ、日本円だと約260万円まで補償を受け取る事ができるのです。

口座に260万円以上入っていなければ、倒産により資金がなくなる事はありません。

 

このようにXMは投資家の安心を第一に考える企業と言えますので、安心して取引する事ができます。

 

日本人向けサポート

 

XM(XM.com)はこれだけの

色々なサポートをしているので、非常に安心なのですが、それでも不安な場合は日本人向けのサポートもしっかりとしています。

 

日本時間で9時から21時(平日)であれば、日本人スタッフがライブチャットを対応してくれますし、

メールも日本人スタッフが対応していますよ。日本人投資家にとって、

XMはサポート体制がしっかりと整っていて、本当に安心してください。

 

XMは信頼できるブローカーです

 

FXで取引をしていると、大きな金額が動く事もある為心配も多いのではないでしょうか。海外FXを利用するとどうなのかと考える方も多いと思います。

 

XMは投資家補償基金に登録し、またFCAをはじめ信頼できる多くの金融監督機関に登録されているので、安心して取引をする事ができると言えるでしょう。

 

成功への最短ルートXM口座開設

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。