XMニュースー米ドル上昇、慎重な週明けで株価に大きな動きなし

XMニュースー米ドル上昇、慎重な週明けで株価に大きな動きなし

 

  • 先週金曜日の下落後、本日の株価は若干回復
  • 先週に株価が2009年以来の安値まで急落後、米ドル上昇
  • 原油価格再度下落;世界各地での封鎖措置でブレント原油先物が17年ぶり安値

米主要株価先物指数上昇、しかしながらボラティリティ増加のリスク

先週金曜日の米株式市場は、4日連続で株価上昇を継続することができませんでした。

しかしながら、2009年以来の株価の強い回復が見られました。

株式市場は、大きく下げてのスタートとなり、その後に大きく回復しました。しかしながら、FRBが4月2日からは、一日の国債購入額を600憶ドルに縮小することを公表した為、流動性の不足の可能性が懸念され、株価も下落しました。

本日の市場は若干の落ち着きを取り戻し、米、及びユーロ圏主要株価先物指数は上昇してのオープンを示しています。アジア株式市場も、下げ幅を若干回復しました。

過去数週間には、各国政府や中央銀行による財政刺激策が発表されたにもかかわらず、市場のムードは依然として不安定になっています。本日の市場の動きは、月末、及び四半期末の投資家によるポジション調整を反映している可能性ががあります。

ファンドによる多くの取引決済の必要性により、取引量の一時的増加の可能性があり、今後数日間はボラティリティが増加するでしょう。更に、流動性への懸念により、米ドルの需要も増加するでしょう。

米ドルは2週間ぶり安値から回復

米ドル不足の可能性は、新興国市場、及びリスク通貨に打撃を与える可能性があり、本日の市場に既に反映されています。メキシコペソと南アフリカランドは、それぞれ1.7%と2.2%値下がりしました。

豪ドルとNZドルは、先週の上昇から下落に転じ、それぞれ0.7%と0.6%値下がりしました。

ユーロとポンドも下落しました。

ユーロ/ドルは、1.11ドルを再度割り込み、ポンド/ドルも1.24ドルを割り込みました。中央銀行の対応により、現金の流動性への懸念が緩和された為、下落要因は、先週の急騰後のテクニカル上の調整の動きでしょう。

更に、月末のポジション調整の動きが、下落幅を大きくさせた可能性があります。

欧州では新型コロナウイルスの感染スピード減少の兆しが見えないことから、欧州が主要な懸念材料となっています。

特に、イタリア、スペイン、フランス、及び英国では、過去数日間の死亡者が急増し、医療崩壊の危機に直面しています。英国では、ジョンソン首相や閣僚の感染も明らかになっています。

米国は感染者数が急増し、最も感染者数の多い国となりましたが、感染者数に対しての死亡者数は比較的低くなっています。米国での感染者数増加の背景には、検査数の増加があります。

米国では、2兆ドル規模の財政刺激策の法案が可決され、新型コロナウイルス対策の第4弾実施の可能性も検討されています。米ドルは対主要通貨で0.6%上昇し、対円では108円台を回復しました。

リスクオンの流れが後退したにもかかわらず、安全資産の円とゴールドは上昇しませんでした。

閉鎖措置により、原油価格再度下落

新型コロナウイルスによる危機終了の可能性がなくなり、本日の原油価格は、先週の下げ幅を拡大させました。

新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めをかけるため、多数の国が封鎖措置に踏み切りました。現在の措置に効果が見られない場合、一段と厳しい措置が講じられる可能性もあります。

トランプ大統領が、ソーシャルディスタンスのガイドラインの4月30日までの延長を公表しました。

英政府は、通常生活に戻るまで6か月かかる見通しを明らかにしました。一方で、中国では多くのビジネスが数週間ぶりに再開されています。

閉鎖措置の期間は、ビジネスや投資家にとって、先行き不透明感の主要因となっています。

閉鎖措置の終了時期が明確にならない限り、市場のムード転換には繋がらないでしょう。

需要減少見通しにより、原油等のコモディティ価格が下落しました。ブレント原油先物は、7.5%下落した23.07ドルまで値下がりし、17年ぶり安値を更新しました。WTI原油先物は、5.2%下落した20.40ドルまで値下がりしました。

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分