XMーメイ首相の試みでポンド下落、米中通商協議進展で米ドル高継続

XMーメイ首相の試みでポンド下落、米中通商協議進展で米ドル高継続

 

  • メイ首相による三度目の議会採決の決定で、ポンド下落
  • 米国債利回りの回復により、GDPの低調な結果にも関わらず、米ドル高継続
  • 米中通商協議進展期待で株価回復

離脱協定と政治宣言を切り離し、三回目の議会採決

メイ首相は、離脱協定案を三度目の議会採決にかける予定です。しかしながら、北アイルランドの民主統一党は、離脱協定案への反対姿勢を維持しており、5月22日までの離脱期限が迫っています。

メイ首相は、離脱協定と英国とEU間の将来の関係を扱う政治宣言を切り離して、三度目の議会採決を実施することを決定しました。

離脱協定と政治宣言を切り離すことによって、労働党議員の支持を獲得し、北アイルランドの民主統一党の支持不足を補いたい考えのようです。労働党は、政治宣言が関税同盟を含んでいない為、反対しています。

しかしながら、離脱後のEUとの関係が不透明な中、離脱協定の採決を行うことは、労働党にとってリスクが大きくなることになり、メイ首相の試みは成功しない可能性があります。

メイ首相の計画は、不透明感を上昇させるにすぎないと市場で判断され、ポンドは下落しました。例え離脱協定案が可決されたとしても、メイ首相の後任者が離脱後のEUとの関係に異なるアプローチを取った場合、離脱が一層困難となるリスクがあります。

離脱協定案が否決された場合、翌週に控える二回目の示唆的投票が注視されます。二回目の示唆的投票では、関税同盟への残留、及び二回目の国民投票実施案が注目されます。

昨日に1%以上下落したポンドは、本日には対米ドルで0.2%下落した1.3015ドルで取引されていました。

経済減速の兆しにも関わらず、米ドル高継続

本日の米ドルインデックスは、約2か月半ぶり高値で推移し、米ドルは対円で1週ぶり高値で上昇しました。米ドル高の背景には、米国債利回りの回復があります。10年債利回りは、2.4%越えまで回復しました。

昨日に発表された米第4四半期GDPの低調な結果にも関わらず、米ドルは上昇しました。米第4四半期GDPは、2.6%から2.2%に下方修正され、第1四半期GDPは一段の鈍化が予想されます。

他国では経済鈍化がより急速に進み、複数の中央銀行がハト派路線に移行したことにより、米国債利回りは依然として魅力的となっています。

ユーロとNZドルは、今週の中央銀行のハト派路線への移行により下落した二つの通貨でした。マイナス金利の副作用を緩和する為、ECBは預金金利の段階的設定の考えがあることを示しました。

しかしながら、これは低金利が長期化することを示すため、ユーロ/ドルは3週ぶり安値1.1212ドルまで急落しました。

しかしながら、NZドルは、豪ドルと共に、米中通商協議進展期待により、回復しました。

米中通商協議進展期待で、株価上昇

昨日より北京で米中通商協議が再開しました。

ムニューシン米財務長官は、協議が「建設的」であったと発言しています。中国側が技術移転の強制等の重要課題において十分な提案を提供したことにより、通商協議は合意に向けて最終段階に入ったことが予想されます。協議は翌週も継続します。

通商協議の進展は、世界の株式市場を上昇させました。中国株式市場は3%上昇し、欧州株式市場は、英国のEU離脱問題や経済減速への懸念を材料視せず、大幅に上昇してのスタートとなりました。

コモディティ価格は、リスクオンムードの恩恵を受けませんでした。米国債利回り回復により、ゴールドは下落しました。トランプ大統領がOPECに増産を要請するコメントをツイートした為、原油価格は下落しました、直近でのゴールドは、1291ドルで取引され、WTI原油先物は昨日の安値から若干回復した59.77ドルで取引されていました。

PCE デフレーター発表

本日の最大のイベントは、英議会採決になるでしょう。議会採決はGMT1900より実施されます。

米国では、米2月個人所得、及び米1月PCEデフレーターが注目されるでしょう。

 

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。

XM口座開設は簡単3分