XM口座開設方法

FX業界大手XMの簡単口座開設⬇︎クリック

 

xm-kouza
緑色の口座を開設するのところをクリックします。
⬇︎

xm-kouza

リアル口座の登録というページがでますので、記入していきます。

登録する際のフォームは全てローマ字での記入になりますのでご注意くださいね。

 

電話番号のところは+81から始まるので自分の電話番号の先頭の0を抜いた数字を記入してください。例えば自分の電話番号が090xxxxxxxxなら90xxxxxxxxで記入してください。

取引プラットフォームのところはMT4を選んでください。

口座タイプのところは初めての方ならスタンダード口座で良いかと思います。少額で取り引きをしたいという方はマイクロ口座で開設しても良いかと思います。スタンダート口座だと少額の取引が出来ないのか?と問われるとそうでもないので、大は小を兼ねるという意味でも個人的にはスタンダード口座の開設を推奨しています。Zero口座は少しややこしいので説明を省きます。
全て記入し終えたらステップ2へ進んでください

⬇︎
xm-kouza

住所詳細のところは、
現在自分が住んでいる住所を記入してください。
免許証をお持ちでしたら免許証と同じ住所です。
口座を有効化するために最終的に身分証明書と住所確認書をアップする必要があり、その書類とこのフォームに記入する内容が一致している必要があります。

トレードの知識&経験の項目のアンケートだけが少しややこしいかと思います。今まで投資をしたことがない!という方は全ていいえと全くなしを選んでいただいても

問題なく開設することができるので気負いする必要はありません。これから経験を作っていけば良いのです。

全て記入し終えて口座開設ボタンをクリックしたら登録したメールアドレスに開設の確認メールが届くのでこちらを開きます。

⬇︎

xm-kouza

こちらのところをクリックします。そうすると口座開設完了のメールが届きます。

⬇︎

xm-kouza

これで口座の開設が完了となります。最後に会員ページにログインして口座を有効化しましょう。

xm-kouza

口座を有効化するのところをクリックします。
⬇︎

xm-kouza

基本、運転免許証、健康保険証(住所記載のもの)をスキャン、写メで撮りアップロードしたら大丈夫です。

公共料金の請求書がない!という方は住民票でも住所確認書に使えますので、市役所まで取りに行きましょう。住民票を取りに行ったらスキャンして画像を添付すればOKです。

身分証明書と住所確認書の画像のアップロードが完了しましたら1日程度で有効化が完了となり、取引が出来るようになります。お疲れさまでした。

日本人人気NO.1 XMの口座開設⬇︎

 

XM(エックスエム)

clicks.pipaffiliates.com

XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。