XM FX-北朝鮮ミサイル発射は米ドルに影響せず、離脱清算金合意報道でポンド高

アジアセッション-北朝鮮ミサイル発射は米ドルに影響せず、離脱清算金合意報道でポンド高

本日は、英国側とEU側が離脱金に合意したとの報道を受けてポンドが上昇し、米税制改革法案見通しにより、米ドルとリスク選好の流れが回復しました。これにより、北朝鮮による新たな核ミサイル発射による影響は見られませんでした。

北朝鮮が発射したミサイルは今まで最高水準の高度まで到達しました。

北朝鮮側は、大陸間弾道ミサイルが米国内のどこにでも到達することができると表明したものの、ミサイルが通常の積載量を搭載していなかった為、北朝鮮側の主張は完全には証明できない模様です。今までに何度も北朝鮮のミサイル発射の影響で下落した市場が迅速に回復していることから、今回のミサイル発射による市場への影響は限定的でした。

 

したがって、昨夜の米株式市場急騰によるリスク選好の流れが継続し、ドル/円は安定推移しました。アジア株式市場も堅調推移しました。直近でのドル/円は111.45円で取引されていました。

ユーロ/ドルは昨日の安値から緩やかに回復し、1.1870ドルまで上昇しました。昨日、米上院の予算委員会で税制改革法案が承認され、同案は上院本会議で30日にも採決にかけられる見通しです。

その他のニュースでは、パウエル次期FRB議長が12月利上げを示唆し、12月利上げ観測を上昇させました。

米ドル買いのニュースにも関わらず、英国側とEU側が離脱清算金に合意間近との報道を受けて、ポンドが対米ドルで2か月ぶり高値まで上昇し、1.34ドル台越えを達成しました。離脱清算金は400億から500億ポンドになる見込みですが、政府による公式発表はされていません。

離脱清算金合意により、交渉が貿易交渉に進められる見込みです。離脱清算金のニュースを受けて、ユーロ/ポンドは0.8845ポンドまで下落しました。しかしながら、貿易交渉開始前には、北アイルランドとの国境問題が残っています。

本日の欧州セッションでは、独11月消費者物価指数が唯一注目されるでしょう。その後のUSセッションでは多数の重要な経済指標が発表されます。まず、米第3四半期GDP・改定値が発表され、速報値の前年比3%から上昇修正される前年比3.2%増になることが予想されています。

米10月中古住宅販売保留件数指数、及び米原油在庫も発表される予定です。

市場はパウエル次期FRB議長の発言により注目するようになっていますが、本日のイエレン議長の議会証言は注視されるでしょう。USセッション後半には、サンフランシスコ連銀のウィリアムス総裁の講演、及びベージュブック発表が控えています。

 

 

成功への最短ルート
海外FX最大手XM(XM.com)

最高レバレッジ888倍

少額資金からのFX取引
億トレーダーが使っている口座
億万長者続出中!
XM口座開設は簡単3分⬇︎

 

XM(エックスエム)
XM公式サイト
(https://clicks.pipaffiliates.com/c?c=252400&l=ja&p=0)は、Mont Fleuri, Mahe, Seychelleにあるオフィスです。
Trading Point (Seychelles) Limitedにより管理、運営されています。
Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。
Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、
キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、
登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。

尚、カード決済は、TPS Management Limited(住所:6 Ioanni Stylianou, 2nd floor, Office 202, 2003 Nicosia, Cyprus)により処理されます。
当サイトXMは日本国内居住者を対象とした内容ではありません。
リスク警告: FXおよびCFD商品の取引は、お客様の投資元金を失う非常に高いリスクを伴います。
海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮し、当初投資の一部、または元金を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討しましょう。